01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-29 (Sun) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
ロボットのくにSOS ロボットのくにSOS
たむら しげる (1996/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


私がもっと幼い頃、そして男の子だったらきっと夢中になっただろうな…と思えた絵本です。
ルネくんは壊れたおもちゃのロボットを修理してもらいにフープ博士を訪ねます。すると、そこへ本物のゼンマイロボットが助けを求めにやってきました。地下600mのロボットの国に大地震が起こり、発電所が壊れてしまったらしいのです。電気がなくても動けるのは、ゼンマイロボット君だけ。さぁ、ルネくんとフープ博士のロボットの国への冒険が始まります。秘密の地下への入り口、地下湖の幻想的な生き物、巨大きのこの森で出会った恐竜の生き残り、そしてロボットの国…。時代遅れとバカにされているゼンマイロボットが最後はとても大活躍。そして、彼の勇気ある行動にちょっぴり涙してしまいそうになるラストシーン…。まるで、幼児向けのRPGゲームのように物語は感情豊かにワクワクするような展開で進みます。漫画のようなコマ割とふきだしで話が進むのが特徴です。読み聞かせの際にはただ読むのではなく、一コマ一コマを指差しながら、セリフを読むと小さな子でも分かりやすくなると思います。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

GWに帰ってきた旦那。

今日の京都はよく晴れて心地よかったので、旦那&子供たちは沢蟹取りに行ってきた。

今、玄関のドアを開けながら

「ママ~かにかに♪」と飛び込んできた息子。手にもったバケツの中には可愛い沢蟹が3匹。

私「え~!? かにって何に入れて飼うの??? と、とりあえず金魚蜂!!」

と用意したのがコチラ
さわがに


嬉しくてツンツン蟹をつっつく息子。

旦那「あ、あかん、あかん。あんまりつついたら死んでしまうやん」

娘「あ~、もう、つついたらあかんやろ!!」
と言いながら息子を突き飛ばす娘。

泣き出す息子。

蟹3匹で我が家は大騒ぎだ。。。。


フゥゥゥ。明日はどこへ行こうかな????

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


子どもたち以上に何だかワクワクしてしまうGW。過ぎれば、家計が怖いことになっているんだろうな~。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。