04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-11-22 (Tue) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
ぎょうざのひ

おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら6歳~



「きょうだけははやくかえるの。だってきょうはぎょうざのひ」そういうと女の子は元気よくおうちへ帰って、妹や弟に「はじめるよっ!」と号令をかけます。
そして、材料が入ったボールがテーブルに置かれたのを合図に、餃子作り合戦スタート!!
喧嘩したり、仲直りしたり、ハチャメチャな餃子を作って楽しんだり、皮が足りなくなって穴だらけのボロボロ餃子になったり…。
賑やかでワクワクする餃子作りの様子です。
そして、焼きあがったら、これも楽しくて気の休まらない餃子の争奪戦が!!
とにかく、読んでいて、子供と一緒に大笑いできる絵本です。
誰でも一度は口にしたことがある餃子だからこそ、あるあるというような親近感や共感もわく作品。
何より、絵本に描かれている子供たちの表情が豊かで生き生きしているのが印象的。
読んでいるうちに、よだれが出てきて、読み終えたらすぐにでも子供たちと一緒に手作りして、餃子を食べたくなる絵本です。
我が家でもこの絵本を読んだあとは、決まって「明日は餃子にしよう!!」と子供と約束してしまいます。

ちょっとわき道
我が家でも一度、子供と一緒に餃子を作ったことがあります。

ひき肉と野菜をみじん切りにしてボールでこねて、さぁ皮に包もう!!となると、子供たちは大喜び!

それぞれ、思い思いの餃子を作っていきます。

そのどれもがまともな形をしていません。

皮はビリビリに破けているし、中には具が入っていないものまでありますil||li _| ̄|● il||li

あぁぁぁぁ。という気分で、途中で終りにして、こっそり直して焼いていました。

「私が作ったのどれぇぇぇ」なんて娘が探すと

「コレコレ!!」と適当に答えたりして…。

でも、へんちくりんな餃子を食べるのも子供にとっては楽しいんだナと

この絵本を読んで思いました。

ごめんね、直したりして。(´Д`;)

明日は必ず餃子にしよっ。

手間がかかるし、後始末も大変だけど、包むのは子供に任せてみようかな。

書評も書いてます↓


詳しくは↓Amazon


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。