04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-05 (Mon) | 絵本 | COM(5) | TB(1)
あしたのぼくは… あしたのぼくは…
みやにし たつや (2006/08)
ポプラ社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


苦手なこと。チャレンジしているのにうまくいかないこと。頑張っている。頑張っているけど今日はちょっと無理だった。でもね、でも、明日はきっとうまくいくかもしんない。もしかしたらすっごく上手にできるかもしれない。そんな希望を子供たちに与えてくれる宮西達也さんの絵本です。
ぼくはピーマンとニンジンがきらい。でも、あしたのぼくは…。
ページをめくるとそこにはニコニコしてピーマンやニンジンをむしゃむしゃ食べている「ぼく」。
ちっちゃな犬でも怖いけど。あしたのぼくは…。
次のページでは大きな犬をてなづけている「ぼく」が。
こんな風にページをめくると、苦手を克服している「あしたのぼく」が次々と登場します。シャンプーや目薬をするのが苦手だったり、夜一人で寝るのが怖かったり、おねしょをしたり…。5才ぐらいの男の子の等身大の姿が描かれていて、とても共感できる内容です。
読み進むうちに、「ぼくも、もしかしたら、明日は上手になっているかも…」と子供たちに思わせてくれます。特に、最後がとっても素敵なんです。最後のページは子供たちもお気に入り。どんなに素敵かは絵本を読んでのお楽しみです。親子でニッコリできますよ。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

↑この絵本。本当に内容が息子とそっくりだったので笑っちゃいました。

読み終えた後、息子に「あんたもきっと明日はできるようになっているよ」と言うと、ちょっぴり嬉しそうな顔。

勇気を与えてくれる絵本って本当にありがたい存在ですね。

さて、先日、幼稚園での発表会のお話をしましたが、

早速、どんな歌なのか息子に聞いてみました。

私「ねぇねぇ。発表会の「風の太鼓」ってどんな歌なの? ちょっと歌ってみて~(≧∇≦)」

息子「…いやや。恥しいもん」

私「(゚Д゚)へ???? ママしかいないのに恥しいの? 発表会のときはどうすんの??? もっと人来るよ!!」

息子「…(-公- ) わかった。じゃぁ、

目つぶって、耳を閉じといてな。開いたらあかんで。見たらあかんで!!」

ど、どうやって歌を聴けと…。

私「うん。わかったよ。」

一応、薄目を開けて、耳を指でふさぐ真似をすると…

蚊のなくような小さな小さな声で

息子「太鼓がどんどこどんどこどんどこどん… 」

そ、それだけかい!!

とは言えず、

私「すっごく上手だったよ~。楽しみだね~」と褒めておいた。

彼はニコニコ笑っていたけど、すっかり聞かれていたことには気づいてなかった様子。

それにしてもこんな恥しがり屋さんで本番は大丈夫かぁ????


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


娘のダジャレ「ヒラメが閃いた☆」☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

予習~~~
昨日は、怒りとか、悲しみとか、テレビの画面から受け取ったままそれを引きずりまくって記事UPしたので、そう言う色合いが濃い文章になってしまいました。だって、理不尽で。あ、このまんまだと、今日も …
2007/02/06 16:19  言いたい放題
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。