08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-04 (Sun) | 絵本 | COM(4) | TB(0)
わたしのすきなやりかた わたしのすきなやりかた
五味 太郎 (1998/09)
偕成社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


「この絵本はごく普通の母親の何かする時の自然な気持ち、好みの方法、仕方を見せてくれます。好きな食事のさせ方にはじまって、子供と演奏したり、遊んだりから子供のことを忘れて、ひとり勝手に自分の世界にひたり切る時まで飾らない本当の姿を見せてくれます」と冒頭に説明されているように、母親の子育てやプライベートの「好きなやり方」を描いた内容です。
私のすきなやり方としては……なんだけどね、と繰り返されるフレーズ。ん? 「なんだけどね…」の後に何か続きそうです。
そうです。実はこの絵本とセットで読むべき一冊があるんです。
それは『ぼくのすきなやりかた』。そう、母親が私はこういうやり方が好きなの、というと、ぼくの好きなやり方としてはこういうことという対比になるんです。いかにも子供らしい(母親からすると「やめて~」と言いそうな)やり方がどんどん登場します。後ろのお母さんの様子も『わたしのすきなやりかた』と対比すると面白いです。
2冊並べて読むと面白さが倍増するという仕掛け。

ぼくのすきなやりかた ぼくのすきなやりかた
五味 太郎 (1998/09)
偕成社
この商品の詳細を見る


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

鬼の面

昨日園から持ち帰った息子の鬼の面。

昨日はこのお面をフル活用して、節分を満喫していた子供たち。

さて、

昨日の午前中は幼稚園にて、お母さんたちが集まる「母親の会」がありました。

そう、この時期に集まる理由と言えば…

発表会の話。

教室で発表会の内容が先生から伝えられるまで内心ドキドキしていた私。

たぶん、私だけでなく、他のお母さんたちもそうだったと思う。

もちろん、ドキドキの理由は…

衣裳のこと!!

新作の演目なら必ず母親が衣裳を作成しなくちゃいけない。

何度も集まって、みんなで生地を買出して、どこかのお宅に集まって衣裳の作成に時間を費やす…。

裁縫が得意な人ならいいのですが、裁縫が苦手な私としてはとても恐怖の発表なんです。

で、息子の演目は…

男の子6人で演じる「風の太鼓」。

祭りのハッピを来て、鉢巻巻いて、バチを持って、太鼓を叩くような踊りをするの。

衣裳はフルに揃っていて一安心。

しかも、男の子らしい踊り&衣裳なのですごく嬉しかったよ~。

息子のグループのお母さんたち、みんなが言っていたこと。

「衣裳が揃っていて良かったね~」。

うんうん。(≧∇≦)

あとは息子たちが上手に踊ってくれることに期待。

頑張れ~☆

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


超恥しがり屋な息子。先生に様子を聞いてみたら「誰もいないところでは上手く踊ってくれてますよ…」と。では、皆がいる前では???? ☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。