08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-25 (Thu) | 絵本 | COM(3) | TB(0)
ともだちおまじない ともだちおまじない
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (2006/11)
偕成社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


内田麟太郎さんと降矢ななさんの名コンビが綴る「ともだちや」シリーズの8冊目。今回は物語のスタイルではなく、5・7・5の俳句調の“おまじない”とともに、その言葉にピッタリのイラストで展開します。
あのイノシシやヘビ、そして名脇役のフクロウもちゃんと登場してます。そして、今までのお話の裏側を彷彿とさせるようなシーンの数々は、「ともだちや」シリーズのファンならきっと嬉しくなってしまうはず。各ページに添えられたおまじないは、喧嘩した時、なかなおりした時、さびしい時、せつない時などのともだちとの交流の中で生まれたさまざまな気持ちを見事に表現したものばかり。それぞれ胸に響きます。春、夏、秋、冬と次第に季節がめぐっていく様子も素敵です。
最も印象的だったのは最後のおまじない。
「このほしで であえたことに ありがとう」
心許せる友と出会えた時、ほんとうに出会えたことそのものに感謝しますよね。人と人との出会い、あふれる感情。このふたりの名作家の楽しくてそして愛情あふれる物語に魅了されます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は娘の小学校で絵本の読み聞かせのボランティアをやってきました。

今日、読んだのは『もったいないばあさん』。

私はもったいないばあさん役でした。

何回、「もったいなーい」と言ったでしょうか…。

すべてを同じ口調にするのもつまらないので、ちょっと変化をつけて読んでみました。

最初はユニークに、お水のシーンではちょっぴり怒った口調で、怪獣スーツでは「あらあら」という感じで、みかんのシーンでは自慢げに、最後は「あきれちゃうよ」という感じで。

結構、受けてくれたので良かったです。ヽ(´▽`)/

今日はちゃんと娘も聞きに来てくれたのが嬉しかったよ。

ついでに忘れ物の書き方のペンも渡せたし。



来月は読書週間ということで『地獄のそうべい』を読むことに決定。

私は閻魔大王です。

また、練習しなくっちゃ!!

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


息子のダジャレ。「今日と明日は京都」(ダジャレなのか?)☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。