04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-21 (Sun) | 絵本 | COM(5) | TB(0)
ライオンのよいいちにち ライオンのよいいちにち
あべ 弘士 (2001/01)
佼成出版社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ライオンの父さんが子供たちと散歩に出かけた。しばらく行くと、いろんな動物たちから「あら、子守?えらいわね」と褒められる。だけど、ライオンの気持ちは「余計なお世話。わしは子供と散歩をするのが好きなだけ」。堂々とした貫禄でサバンナを散歩するライオン。ゆったりとした風格は、みかけだけでなく心の余裕から現れているようです。お気に入りの岩山でのんびりとしていると、月がのぼり、モンキーの叩く石太鼓の音色が草原に響く…。口からは名句が次々と浮かび、我ながら…と感心するライオン。遠くの方では母さんライオンが獲物を捕らえている。子供が気がつき近寄っていく…。
そして、ライオンは思う「今日もよい一日であった」と。
よい一日とはどんなことを指すのでしょう。ライオンの一日を見ると、特に素敵なこと、感動することは起こっていません。いつもと同じように散歩をし、いつもと同じ時間が流れるだけ。でも、好きな散歩をし、好きな場所で過ごせる…危険がいっぱいのサバンナではそれはきっととても幸せな時間なのでしょうね。当たり前のことを幸せと思えること、私たちは日々慌しい生活の中で忘れてしまいがちなことです。
作者、あべ弘士さんはもと動物園の飼育係。その経験をもとに描いた動物たちのイラストは躍動感があふれています。
絵本を通じて、雄大な自然の中でののんびりとした一日を体験してみてください。
心が癒されるようです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

朝から掃除や洗濯、今までサボっていた家事をこなし、

ちょっと一息つきながら、仕事の電話をしていた私。

電話先の相手と話しながらも、子供がやけに静かだな~とちょっぴり気になっていた。

ようやく電話も終え、ホッと一息ついていると、

こっそりドアの隙間からコチラの様子をうかがっている子供たち。

私「何? どうしたの? もう、電話終わったから大丈夫だよ。」

ふたりはニコニコしながらキッチンへ入って来て、

声を合わせて

「あんな~、コレ、ママへプレゼント。いつも、ありがとう!!」

kodomoからの贈り物

左が娘作、右が息子作。「いつもありがとう」は娘が代筆。

やだ~。何だかすっごくうれしいよ。

日頃、怒ってばかりの私へこんな素敵なプレゼントくれるなんて~。

ちゃんと腕につけられるよう輪もついていた。

私「ありがとう!! ママ、すっごくうれしいよ☆」

娘の学校でのトラブル、人間ドッグ、溜まった仕事や家事。

最近、ちゃんと布団で寝てない日々が続いて、イライラも急上昇していたけど、

こんな子供のかわいらしいプレゼントで一変に吹き飛んだ。

子供はいいね。

何だかトゲトゲしていた心をふんわりさせてくれるよ。

私の大切な宝物。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


息子のダジャレ「大学生は大(便)がくせえ(臭え)」とっても下品なダジャレを言って一人受けしている息子でした。。。☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。