07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-18 (Thu) | 絵本 | COM(5) | TB(0)
いちねんせい いちねんせい
谷川 俊太郎、和田 誠 他 (1987/12)
小学館
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


一年生になったら…どんなことがあるの?
初めての先生、初めての授業、初めての友達、初めての発見…。
期待や不安や感動を谷川俊太郎さんの独特のユニークな詩と和田誠さんのシンプルなイラストで子供の心を歌う言葉の世界。
子供たちがきっと声をあげて笑ってくれるのは「わるくち」。
ぼくとあいつで言い合うシーンは、誰でも体験するようで傍から見ればおかしな光景。それを谷川さんが見事にとらえて表現しています。
また、初めての恋を綴った「たかしくん」は女の子なら共感できる内容になってます。
ちょっぴり気になるのが「カロンセのうた」。神話のようでいて
どこか謎解きも含んでいるような不思議な詩です。
一年生だけでなく幼児でも楽しめる絵本です。大きな声で読み聞かせてあげるのがオススメです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


今日は絵本の読み聞かせの会の打ち合わせ会があった。

何だか「会」がいっぱい続いて分かりにくいな。。。。( ̄Д ̄;;

次の読み聞かせの絵本は…

もったいないばあさん」!!

なんと、ばあさん役が私に決定されてしまった。

こりゃ~、はりきってよまんといかんな~。

ちなみに、この絵本のもったいないを地で行く人が家族にいる。

じいじだ。

じいじは我が父ながら、すごい「もったいないじいさん」だ。

電気はすぐ消す、米粒ひとつ残さない、灯油ももったいないとストーブもつけない。冬は室内でダウンジャケットで過ごしている。
生ゴミももったいないと、家庭菜園の肥料にするし、コピー用紙も裏表使うのは当たり前だ。
タクシーを使うのはもったいないと家から駅まで徒歩で行くし、
ちょっと遠いところなら、自転車で行く。

まぁ、ドケチなんだけどね。

でも、そのおかげですこぶる健康なんだな。

エコってヘルシーにもつながるんだね~ヽ(´▽`)/

そんなじいじを日頃見ている子供たちも、

「もったいない」を連発。

先日、植木屋さんが庭の松を剪定していたら、まつぼっくりを必死で拾って

「捨てたらあかん。もったいない」と言っていた。( ̄Д ̄;;

でも、それ、どうするんすか????


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


娘のダジャレも宜しく~!!『中国のハエはちゅーごくはえ~(すーごく早~)』☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。