05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-11-18 (Fri) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
おじぞうさん
おすすめ度
ジャンル:ユニーク
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら6歳~



『おうめばあさん、おじぞうさんにがんかけた。まごのじろっぺのねしょんべん、なおりますように。おそなえに、だいふくもち3つ。』という書き出しから始まるこの絵本。最初のページは、じろっぺとおうめばあさんが、おじぞうさんに手を合わせている普通の絵。ところが、次のページには、大福もちを見て、よだれをたらすおじぞうさんの側を、一匹の犬が歩いている。さらに、次のページでは、おじぞうさんのよだれを踏んだ犬が、滑って転び、をれを見て大笑いしているバイクに乗った和尚さんのイラストが!
 この絵本は、ページをめくるたびに、原因と結果がおもしろおかしく描かれていて、ハプニングが次々と連鎖していき、最後にはじろっぺのねしょんべんが治ってしまう…そんなばかな!という結果になっています。
 読んでいてとにかく楽しい。味のある方言とテンポのいい文章は、リズミカルに物語を運んでくれます。また、その展開が、突拍子もないハプニングばかりで、笑いのツボを抑えてくれるし、何より、田島征三氏の描くダイナミックでユーモラスなイラストが物語の愉快さをより、強調してくれている絵本です。
 幼い子供にも、分りやすい内容で、読み聞かせていると親子で一緒に声を出して笑ってしまいます。難しく考えることも、説教じみたところもなく、安心して親子で楽しめる作品。子供が何か落ち込んでいる時、元気を出して欲しい時、一緒に笑いたい時、そんな時に「おもしろい絵本読もうか」と言って、読み聞かせてあげたい絵本のひとつ。そして、知らず知らずのうちに、原因と結果というシステムまで幼い子供に自然に教えてあげられるなんて、素敵なことですね。

ちょっとわき道
知らず知らずのうちにこんな原因と結果の話をしていることってありませんか?

私はよく、子供がおもちゃなどを散らかしていると原因と結果的な話になります。

私「おもちゃ散らかしているとどうなると思う?」

子供「?」

私「つまずいて転ぶやろ? そしたらどうなる?」

子供「けがする。。。」

私「それでどうなる?」

子供「お医者さんにいく」

私「それで?」

子供「注射するぅぅぅ

私「なぁ、怖いことになるからちゃんと片付けておかなあかんなぁ」

こういう感じです。

それにしても、私が話すと結果はいつも「注射!!」
楽しいことにもつなげたいものです。。。


書評も書いてます↓


詳しくは↓Amazon


bk-1
おじぞうさん
田島 征三〔作〕


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー






















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。