06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-02 (Sat) | 絵本 | COM(6) | TB(2)
よるくま よるくま
酒井 駒子 (1999/11)
偕成社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:おやすみの前に
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


子供と母親の心の触れ合いを見事に表現してくれる酒井駒子さん。
『よるくま』は幼児に大人気の絵本です。
「ママ あのね」と始まるこのお話は、寝る前の子供とお母さんの会話文で展開していきます。
昨日の夜訪ねて来たのは、よるくまというクマの子。
目が覚めたらお母さんがいなかったの…と泣くよるくまのために、
男の子はお母さん探しに付き合います。
お店にも公園にもおうちにもいなかったお母さん。よるくまが真っ黒い涙をポロポロ流すと世の中が真っ暗に。すると一筋の流れ星がよるくまとお母さんを出会わせてくれます。
星の中で魚釣りの仕事をしていたよるくまのお母さん。
よるくまを抱えて語りかける言葉がとてもいい。
明日のことを楽しく話しながら「おやすみ」というなんて、なんて穏やかで安心できる眠りなんでしょう。
そして、働く母親を象徴するようなよるくまのお母さんのおおらかで包み込むような優しさも感じられます。よるくまとお母さんの出会うシーンは、仕事から帰った時に子供に抱きつかれる時にそっくりです。
母を恋しいと思う気持ち、愛する子供のためにと働く母親、お休み前のお母さんとのとっておきのひととき…そんな素敵な触れ合いを描いた絵本です。
子供が寝る前の読み聞かせにぴったりの作品。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

Drコトー診療所2006』をいつも見ています。

先日は、坂野ゆかり(桜井幸子)さんの癌闘病のお話だったのですが、

ゆかりが娘と一緒に絵本を読むシーンにはいつもウルウルしちゃいます。

また、その絵本が私の大好きな『しゅくだい

ギューッと抱っこされるのが宿題というお話なのですが、抱っこしたくてもできなくてもどかしいゆかりと、抱っこして欲しい気持ちでいっぱいの娘の関係が絵本で表現されていて、胸に迫るものがありました。

先日のお話で、ゆかりが奇跡的に回復し、どうやら、娘が絵本を読んでくれるのを聞くことができそうな感じ。

良かったな~と思いました。

きっと、TVを見ている方の中には「癌ってこんなにうまく回復できるものじゃない」と思っていらっしゃる方も多いでしょう。

実際、奇跡を願うものの、癌はなかなかこんなに上手く消えてくれるものではありません。

でも、ゆかりが家に帰り、娘や旦那様と暮らし、幸せな気持ちでいるということは抗がん剤よりも何よりも免疫力を高めてくれたのではないかな…と思いました。

実際、私の母も肺がんを患った時は余命1年と宣告を受けましたが、

その後、抗がん剤が奇跡的に効き、癌は見事に消えたのです。

あいにく、癌治療のためにした脳への放射線治療が原因で脳神経の病にかかり、

それが元で亡くなってしまいましたが…。

ドラマを見ている癌患者の方が少しでも希望を持ってくれたらなぁ、と思います。

奇跡は奇跡を信じ、願う人のところへ訪れると思うから。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


もう早12月なんですね。本格的にクリスマスの準備をせねば~☆☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

よるくま
よるくま酒井 駒子 (1999/11)偕成社 この商品の詳細を見る男の子がよる寝る前でのお話。なかなか寝付けない男の子がママに語ります「ママ、あのね・・・」きのうのよるにかわいいくまのこがやってきたと・・・。 …
2006/12/05 10:02  絵本日和
よるくま
夜やってくる くまの子。だから 男の子は「よるくま」となまえをつけました。。。 よるくま酒井 駒子 (1999/11)偕成社 この商品の詳細を見る男の子が、ベットでお母さんに話します。「きのう、よるくまがきたん …
2006/12/11 15:48  ごきげんな こるく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。