08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-17 (Sun) | クリスマスの絵本 | COM(3) | TB(0)
もういちどそのことを もういちどそのことを
五味 太郎、寺崎 誠三 他 (1993/10)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:クリスマス
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


五味太郎さんと言えば、ユニークで笑いえる絵本が有名ですが、
五味さんがクリスマスに贈るこんな素敵な作品もあるんです。
絵本というより写真と言葉で綴られた本。
はじめは、スニーカーの写真に「こんなところや」
次は、葉っぱにたまった水滴の写真に「こんなところに」
そして、釘や猫、空、時計…と美しい写真が続き、
「あるいはこんなところや」「こんなところに、きみはもうとっくに気づいているだろうけれど、」「いる」「いるんだよね。」とフレーズが添えられてます。
そして、各ページには妖精のような天使のような足跡のような記号のような、不思議なイラストがエッセンスのように描かれています。
いるって何が? と焦らず最後までページをめくってください。
最後までその正体は明らかにはされませんが、きっと読者の心にはその存在がわかるはずです。
そう、クリスマスは神様の日。目には見えない、普段は存在すら疑うこともある神様だけど、でもいないってわけじゃない。
頼みごとをしたり、奇跡を信じたり、時には神と話したりすることだってあるはず。
私たちの心の中に存在する確かなもの。
この日だけは、そのことを想って祈ってみませんか?
聖なる気持ちにさせてくれる「絵本」です。
贈り物にしても素敵!
クリスマス絵本は数多くありますが、私の中ではダントツに心に響いた作品でした。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日、子供たちとじいじたちは久しぶりの山登りを満喫してきました。

朝、突然、じいじが「今日は山に登る」と言い出し、

慌ててお弁当を作り、山へ行く用意をして、三人を送り出すと、

その後、どっと疲れちゃった。

掃除も片付けもする気が起こらなくて、ずーっとTV観てました。

ハッと気がつくとよだれを流してうたたねまでしていた私。

帰宅した子供たちは服にいっぱいひっつき虫をつけてました。

ひっつき虫とは、服に種がひっつく雑草です。

しかもズボンのお尻は真っ黒だった。。。。。

そして、家につくなり爆睡してしまいました。。。

おーい!! ご飯はどうするんだぁ???


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


来週は仲の良い友達とその子供たちと集まってクリスマス会をすることになったよ~ヽ(´▽`)/☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。