07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-22 (Sun) | 絵本(外国の作家) | COM(10) | TB(1)
ほんとうのことをいってもいいの? ほんとうのことをいってもいいの?
ジゼル ポター、パトリシア・C. マキサック 他 (2002/05)
BL出版
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


嘘をつくのはいけないことだけど、本当のことを言うってどういうこと?
そんな悩みを抱えている子供たちへ贈りたい絵本。
嘘をついてしまったリビー。嘘をつくのは苦しくて苦しくて、とうとうママに嘘をついたことを認めます。本当のことをいうと気分がすっきりして「これからは本当のことを言う」と誓うリビー。ところが、友達のルーシーの靴下に穴が開いていることやウィリーが宿題を忘れたことなど本当のことを言いながらも人々を次々に傷つけてしまいます。
嫌われている理由がわからないリビーにママが素敵なアドバイスをしてくれます。
言い方が悪かったり、意地悪で言ってしまったりすると人を傷つけてしまう。でも、思いやりをもって本当のことを言うのは正しいこと、と。
そして、リビー事自身も本当のことを言われ傷つくことで真の意味を理解します。
絵本では傷つけた友達への仲直りの方法も描いています。
嘘を言うこと、人を傷つけずに本当のことを言うこと、そんな難しい人と人との関係をとても明確にそして心和む物語として描かれた秀作です。
友達との関係が複雑になる小学生の子供たちにぜひ読んで欲しい一冊。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

くまくまちゃんの絵本箱で紹介されていた、この絵本。

すぐに読んでみたくなり、早速図書館で借りてきました。

何より娘に読んで欲しかったんです。

最近、ちょっとしたことを嘘でごまかしてしまう娘。

「宿題した?」

「うん」

「時間割は?」

「したよ」

で、チェックしてみるとな~んにもしていない!! ヽ(`д´;)/ガー

担任の先生は学級便りで「嘘をついても怒らないでください。成長の一過程です」と書いていらっしゃったけど、

やっぱり嘘はついてほしくないのが親心。

この絵本を読んで少しでも嘘をつかず、人を傷つけずに本当のことを言う方法を知ってほしくて借りてきました。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


娘のダジャレ「弁当食べんとあかんあかん」☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます…
2006/10/22 08:03  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。