10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-14 (Sat) | 絵本(外国の作家) | COM(8) | TB(2)
ラチとらいおん ラチとらいおん
マレーク・ベロニカ、とくなが やすもと 他 (1965/07)
福音館書店
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


世界中で一番弱虫な男の子ラチ。
犬を見ると逃げ出し、暗い部屋は怖くて入れない。友達すら怖くていつも一人ぽっち。
そんなラチのもとに一匹の小さくて赤いライオンがやってきます。ライオンに助けられ、どんどん強くなっていくラチ。
そして、ライオンがいなくても強くなれた時、別れが訪れます。
悲しみを乗り越え、さらに精神的にも強くなれたラチは自信と希望を得ることができます。
心の支えになる人(物)がいるって、とても素敵なこと。
絵本では小さな赤いライオンとして描かれていますが、この存在って現実は親だったり、恋人だったり、と人それぞれ。
側にいるから自信が湧き、だからこそ安心できる。依存するだけだった自分がいつの間にか「自信」を得ることで強くなり、独立することができる…まるで親離れする子供のようです。
最後のライオンの手紙がグッと心に響きます。
ちなみに、この絵本を読んだとき、私は「ドラえもん」を思っちゃいました。ドラえもんに頼りながら成長するのびた君がラチに重なってみえちゃいました。きっと、のびたもラチのようにドラえもんとの別れを経験して強くなるのかな~と。。。。
ちょっぴり泣き虫の子供にとってはとても心温まる物語です。
ぼくにもライオンがいたらな~なんて言ったら、ママがライオンになってあげる…とでも言ってあげてくださいね。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は、子供たちとハロウィーンのジャックランタンを作りました。

かぼちゃをくりぬいて作ったのがコレ!!

ハロウィーン


玄関先に飾ってます。

中にキャンドルを灯すとこんな感じ…。

ハロウィーン


怖いって???

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


今年は小ぶりのかぼちゃで作ったので、とても作りやすかったデス。キャンドルをつけるとちょっぴり香ばしい匂いがしました。。。。☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます…
2006/10/15 11:51  
ラチとらいおん
子供の頃、もうちょっとの勇気が欲しいときがあったな。大人にしてみればちっぽけなことでも、子供にしてみれば一大事ってこと、ありました。本当はやってみたいことでも、怖さが先にたってしまい、できないと決 …
2006/10/16 14:41  ごきげんな こるく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。