10≪ 2017/03 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-30 (Sat) | 絵本 | COM(5) | TB(1)
ぞうのボタン
ぞうのボタン / 上野 紀子
おすすめ度
ジャンル:面白い
読んであげるなら2歳~
自分で読むなら小学校低学年~



ねずみくんのチョッキでおなじみの上野さんの絵だけの絵本。文字がないので赤ちゃんから楽しめます。
最初に登場するのはぞう。ぞうのおなかに注目すると何と4つのボタンがあります。え? 中に何か入っているの?と読者は思うでしょう。そして、次のページをめくるとぞうの着ぐるみを脱いで登場したのは馬。ところが、その馬にも4つのボタンが! このようにしてマトリョーシカのようにボタンつきの動物たちが登場します。ページをめくる時に次は何が登場するのかわくわくしながら絵本を楽しむことができます。
そして、最後の最後で大どんでん返しが起こります。
まるでメビウスの輪のようにエンドレスに続くような不思議な感覚に陥るはずです。
この絵本は上野紀子さんのデビュー作。冒頭には「よしを に」と、その後ヒット作をともに作り出すことになった「ねずみくんのチョッキ」のなかえよしをへ献辞しています。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日から単身赴任の旦那が帰ってきているので子供たちは大興奮。

特に、娘の喜びようはすごい。

いつもはダラダラと学校から帰るのに、昨日は汗だくで走って帰ってきた。

ご飯を食べる時はパパの隣を陣取り、お風呂も一緒に入る。

寝るときも一緒だ。

それより、何より、ひっきりなしにずーっとおしゃべりしている。

「ねぇ、パパ、聞いて…」

「あんな、パパ…」

時々、こそこそと耳元でささやいているのは恐らく…普段私が怖いことだろうな~。

息子は息子で一生懸命パパと闘っているし。

唯一、闘いごっこを本気でできる相手だからね。

つくづく旦那が羨ましく思える瞬間。

こんなにも慕われるのって幸せだよね~。

あと、10年もしたらきっと娘は寄り付かなくなるよ。

と、話したら「オレは違う」だって…。


あまい、あまい。今のうちにたっぷり接しておくべし。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


ボロボロの私に愛の手を~(詳しくはメインブログを見てね)☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

ぞうのボタン
ぞうのボタン 原案なかえよしを うえののりこ作 冨山房この絵本は「文字のない絵本」です。なのに息子と笑い転げました。文章がないのに、こんなにお話が面白いなんて不思議な絵本です。内容はぞうのおなか …
2006/10/01 01:20  絵本日和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。