03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-28 (Thu) | 絵本 | COM(4) | TB(0)
オンライン書店ビーケーワン:こだぬき6ぴき
こだぬき6ぴき / なかがわ りえこ、なかがわ そうや 他
おすすめ度
ジャンル:かわいい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



つきみ山のてっぺんにはたぬきの家族が住んでいます。おとうさんたぬきは音楽家。それで家のまわりの杉の木は」ドレミファソラシドとそれぞれ名前がついています。このたぬきの家にはこだぬきが6匹います。まめいち、まめじ、まめぞう、まめよ、まめこ、まめろく。こだぬきたちはいたずら好きで、いつもおかあさんたぬきやおとうさんたぬきを困らせます。食事の時、寝るとき、遊ぶ時…いつも大騒ぎです。そんなこだぬきたちがおめかしをして、おとうさんの音楽会に行くことになりました。さて…。
 この絵本を読むと、たぬきの世界の話ながら、どこか懐かしい昔の日本の家族を思い出します。曲を考えて思案中のおとうさんのそばでちょこちょこいたずらする子供達。いつの間にかお父さんもこだぬきと一緒になって遊んだり。6匹のこだぬきの世話でいつも忙しいおかあさんたぬき。時にはおしりをぶつこともあったり…。
たぬきの兄弟だちが繰り広げるいたずらやケンカもかわいくてほほえましいものばかり。そして、時には父親の仕事ぶりを見て、おとうさんを尊敬する子供達の姿…。ゆったりと流れる時間の中で、父親は父親なりに、母親は母親なりに愛情を持って6匹のこだぬきたちを育てるあたたかな家族の様子がじんわり伝わってくるようです。なかがわそうや氏のふんわりとやわらかな印象の絵も、この物語にぴったりです。子供達に是非読んであげたい絵本として、オススメです。
私のBK-1書評より

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今朝は旗持ち当番でした。

旗持ちというのは、信号を渡る小学生のためにおばちゃんが黄色い旗もって誘導するアレです。

娘の身支度を整えて、息子に朝食を食べさせ、バタバタしていると、もう7時50分。

「うゎ~!! 旗持ちの時間!!」

娘には「早く、早く。給食袋持った?」

息子には「早く、早く。あんたも一緒に行くんやで!!」

で、私はボサボサ頭に帽子をかぶせ、Tシャツ&ジーンズ姿で信号のある近くの交差点へ。

自転車に乗っている息子が「ママ。今日はおもち当番なん?どんなおもちが出るんかな~」


Σ(゚д゚;) え? おもち????

( ´∀`)σ)Д`) やだぁ、旗もちだよ~。は・た!!

息子「( ̄Д ̄;;え~。お餅がでるんじゃないの???? つまんない~」


で、いざ旗持ちをはじめたのだけど、息子が気になって集中できない。。。。

つれてくるべきじゃなかった…よと反省。

でもね、息子を一人で家に残しておくのはもっと危険だからな~。

ちなみに最初ウロウロして危なかしかった息子は、

私に「危ないからウロウロしたらあかん!!」と怒鳴られたせいで、いじいじお店の花をいじっていました。

そして…帰る際に花壇を見ると…1/3の花が下に落ちている…。

( ̄Д ̄;;

当然、掃除もして帰りましたとさ。ごめんね。H店さん。こんどいっぱい買うから。。。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


それにしてもお餅当番って何だか楽しそうですよね。どうりで息子がホイホイとついてきたわけだ…☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。