08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-25 (Mon) | 童話 | COM(4) | TB(0)
オンライン書店ビーケーワン:あかいくつ
あかいくつ / アンデルセン、神沢 利子 他
おすすめ度
ジャンル:アンデルセン
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~



母親をなくしたカーレンは偶然、親切なお金持ちの婦人に引き取られ、それまでの生活とは一変し、裕福な家庭で成長します。
キリスト教の儀式である堅信礼の日に、不似合いな真っ赤なダンス靴を履いていったカーレン。赤い靴に魅了されたカーレンは、踊りに夢中になります。そして、養ってくれた婦人が病で倒れても、看病をせずにダンスパーティーへ。そして、神の罰を受けることに。不思議な赤い靴はカーレンに踊ることをやめさせません。ついに、足を切り落とすことで神の赦しを得、天に召されるという物語。
赤い靴がもたらす死へのダンス、足を切り離してもなお、靴だけが踊る様は、ちょっとしたホラー的要素すら感じさせます。
おどろおどろしい感じに見せないのはいわさきちひろの画力。
詩的な情緒をたっぷり含み、キリスト教の教えとともに神秘性も漂わせた素敵な絵本となってます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

この絵本もいわさきちひろが描いたものですが、

いわさきちひろが好きな人におススメの本があります。

ちひろの絵のひみつ ちひろの絵のひみつ
ちひろ美術館 (2006/07/22)
講談社
この商品の詳細を見る


子供を生涯のテーマとして描き、55歳で没するまで9300点余りもの作品を残したいわさきちひろ。

この本ではちひろのような水彩画の描き方から、ちひろ独特の幼い子供の描写の特徴、そして月齢までも描き分けるちひろの繊細な技巧を綴っています。

この本にも「あかいくつ」の絵について説明している部分があります。

二冊を読み比べてみると、より深く絵本の魅力を知ることができるはずです。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


プール教室でなかなか級があがらない息子。只今、布団の上で特訓中…☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。