09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-20 (Wed) | 絵本 | COM(5) | TB(0)
こわくないこわくない こわくないこわくない
内田 麟太郎、大島 妙子 他 (2002/07)
童心社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:面白い
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


反抗期に突入した「まーくん」。お父さんが鳩がいるよ!と言っても、「いない」。お母さんがねんねしよう、と言っても「ねんねしない!」 子育て中、誰でも通る子供の反抗期。あまのじゃくになった子供は、親からすると困った存在。いったい、何を考えているの? どうして欲しいの? と振り回されてしまうことも。
物語では、そんな「まーくん」が夢の中でおばけに出会います。おばけが「こわいか こわいか」というと、まーくんは「こわくない こわくない」。最初は一つ目小僧のかわいいおばけが、ページをめくるたびだんだん形相を変えて強面になっていきます。「これならどうだ こわいか」とすごんでも、まーくんは「こわくない こわくない」。なんと! ついにおばけは「こわがらないよー」と泣き出してしまいます。まーくんもそれを見て、「こわいよーこわいよー」と泣き出しました。
 小さなまーくんが、恐いおばけを見ても「こわくない」と必死にあまのじゃくぶりを発揮している姿が面白い。親だけでなく、やっぱりおばけでも子供のあまのじゃくには負けてしまうのね、と妙に納得してしまう。んー、子供の反抗期って奥が深いですね。でも、最後のまーくんの表情がとっても可愛いので、許してしまう親の気持ちにも共感! 小さな子供に読んであげるときは、「○○ちゃんと、一緒だね」なんて言ってあげると、子供も絵本の世界に入って行きやすいです。おばけが出てきても、まーくんみたいに泣かしちゃおう、なんてね。

BK1こわくないこわくないの書評に以前書いたものをUPしました。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

娘には今、大好きな男の子がいる。

仮にK君としておく。

今日はK君が娘のヘアスタイルをほめてくれたらしい。

ヘアスタイル


こんな髪型ヽ(´▽`)/

学校で、K君は「オウ、○○(娘の名前)、かわいいやんけ」

※やんけ…京都で語尾につける男言葉、と理解してね。 

やっぱり好きな男の子に褒められるのは格別だったらしい。

帰宅してから、終始ニコニコご機嫌。

娘「ママ、明日もこの髪型にしてな~」

うーん。二人が朝早く起きることができたらできるんだけど…。

ちなみに、息子の髪型はいじりようがない。

どうやってみても、モンチッチヘアになってしまう。。。。

私がカットを失敗しちゃったからなんだけどね。。。。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


娘のなぞなぞ「子供が六人でしか食べられないものなーんだ?」☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






なぞなぞの答え:コロッケ(子六ッケ)















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。