05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-08 (Fri) | 絵本 | COM(6) | TB(2)
りゅうのめのなみだ
りゅうのめのなみだ / 浜田 広介、いわさき ちひろ 他
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


目はらんらんと光り、口は耳まで裂け、怖いもの恐ろしいものと、人々に嫌われていた竜。大人たちは子供たちが悪いことをすると「竜が来るぞ」と脅かし、子供たちも恐れていました。
ところが、ある不思議な少年は竜が怖くないと言います。逆に、人に嫌われている竜をかわいそうだと。そして、ある日、自分の誕生日に竜を招待するために竜に会いにいきました。人に嫌われ続け、いつしか心が頑なに閉ざされてしまった竜に少年は優しい言葉をかけます。少年の温かさに触れ、まるで氷が溶け出すように、竜の心が解きほぐされ、目から涙がこぼれおちました。流れた涙は川となり、そして竜は…。

「ないた赤おに」の作者・浜田広介さんと心の優しさがにじみ出るような画風で有名ないわさきちひろの合作。
世間で嫌われているものが、実は恐ろしいものではなく、その偏見ゆえに傷つき哀しんでいる。そして、純粋な優しさでそのものを幸せに導く…「ないた赤おに」にも通じるような、広介さんならではの心あたたまるお話です。
ちひろさんの絵が幻想的でふんわりとした世界を優しく表現しています。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

さっき、家の前で子供たちと遊んでいたら、

「火の用心、マッチ一本火事の元。カンカン」と子供の声が。

角を曲がって現れたのは、大勢の子供たちと消防署のお兄さんたち、そして消防自動車!

もうね、息子の目が釘付けだったのは言うまでもありません。

子供たちがカンカンと木を馴らしながらねり歩く姿には娘が釘付け!!


一行が去った後、

娘「なぁなぁ、私も一緒にやりたいねん」

息子「消防自動車乗りたい~」

うん、うん、あんたらもあと2週間後にはやらなあかんねんよ~。

子供にとっては楽しいイベント。

が、

親にとってみれば夕飯の支度の一番忙しい時に借り出される、ちょっぴりやっかいなイベントだ。

でも、火の元には気をつけないとね。

その前に、当日のダンドリはちゃんとしておかないと…パニックになっちゃうぞ。。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


火の用心、マッチ一本火事の元。ろうそく一本火事の元。子供の声が響く、微笑ましいイベントです。コレって全国でもあるのかな?☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

りゅうのめのなみだ
”ごきげんな こるくさん”のところで紹介されていた絵本です。記事を読んで、興味を引かれ、図書館から借りてきました。著者は『ないたあかおに』他で有名な浜田廣介さん。こるくさんがご紹介になってるのは、 …
2006/09/08 20:27  言いたい放題
-
管理人の承認後に表示されます…
2006/10/07 15:05  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。