03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-29 (Tue) | 絵本(外国の作家) | COM(5) | TB(1)
しずくのぼうけん しずくのぼうけん
マリア・テルリコフスカ、うちだ りさこ 他 (1969/08)
福音館書店
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:面白い
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


一番身近で、私達が生きていくのに欠かせない水。
その形態はさまざまです。氷の固体や水の液体、そして水蒸気となる気体…。大人はその変化やなりたちを理解してはいるけれど、いざ子供に説明しようとしても難しいですよね。
「水ってなあに?」そんな疑問を受けた時、読んであげたい絵本がこの「しずくのぼうけん」。
一粒のしずくがバケツから飛び出して旅に出るところからお話が始まります。太陽に照り付けられると、姿が消えて雨雲の中へ。そして、再び雨となって地面へ舞い落ち、霜になり、氷へと姿が変わります。やがて、しずくは川を流れ、家庭の水道へたどり着き、洗濯機のなかをグルグル回ったり、再び蒸気となって窓の外へ行き、最後には大きなつららに…。
絵本に描かれた小さなしずくが可愛らしく、また、どこにでもあるありふれた情景を舞台に展開される冒険の旅にワクワクし、次は何に変身するの?と期待が高まります。
そう、これはしずくの変身冒険物語。変身&冒険は子供の大好きなもの。絵本のページをめくるたび、この水の世界にどんどん子供も惹きつけられます。そして、ちょっぴり水の成り立ちも学べるためになる絵本でもあるのです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

病院の帰り


最近、娘は何だかお姉ちゃんらしい。

先日も病院の帰りに「疲れた~」を連発する息子。

私も疲れていたので、無視して(-公- ) 歩いていたら…

いつもは「ママ~」と泣きながら走ってくるはずの声がしない。

ん?と振り返ると、娘が「疲れたの? 大丈夫。ねぇねぇがおんぶしてあげる」と負ぶっていた。。。。。

( ̄Д ̄;; すげー、大人じゃん( ̄Д ̄;;

息子も「ねぇねぇ」と猫撫で声で甘えてる…。

ありゃりゃ、いつの間にか親離れしてるよ。。。。

何だかすっごく嬉しくて、微笑ましくて、ちょっぴり寂しくてキュンとした瞬間でした。

子供っていつの間にか親離れし、親はいつの間にか取り残されてしまうのね。。。。。

でも、まだまだ子離れはしないわよっ。たっぷり堪能させてね~☆


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


娘のダジャレ「鼻くそ取って、歯、なくそ~」オイオイ!!☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

ふたりの絵本 結婚。
結婚ってなんだろう。結婚した時は本当に好きで好きで離れたくなくてそれで結婚したのだけれど。子供ができて、母親として不安を抱えながらも一生懸命格闘している自分に対して、相変わらず自分の好きなことを自由 …
2006/08/30 06:05  絵本とiTunesな毎日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。