07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-11-08 (Tue) | 絵本(外国の作家) | COM(3) | TB(1)
ずーっと ずっと だいすきだよ    児童図書館・絵本の部屋

おすすめ度
ジャンル:悲しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~



少年が産まれた時から、一緒に育った犬のエルフィー。遊ぶ時も寝る時も一緒で家族の誰よりも仲良し。
でも、少年が成長するとエルフィーも年をとり、そして…。

こんな風に自分と一緒に育った犬を飼ったことのある人なら、きっと涙してしまう絵本です。
でもそれ以上に、印象深かったのは、少年が最後に言った言葉。
「だいすきだよっていっていたからぼくはそんなに悲しくない」

大好きって言葉を口にするのは、とても難しいですね。特に、好きで当たり前と思っている家族に対してはなおさらです。
でも、ある日突然逝ってしまうと、「大好き」って言ってあげられなかったことがとても悔やまれます。
どうして、もっと大好きって言ってあげなかったんだろう。
もしかしたら、大好きって言って欲しかったのかな…と。

大好きって言われて不愉快な思いをする人はあまりいません。
幸せな気持ちに包まれるほうが多いはず。
そして、死に行くものに対しても、それは同じ。
できれば、安心して、そして幸せな気持ちで旅立って欲しい。
そして、できれば、自分も悔いの無いように気持ちを伝えたい。

「死」という子供には難しいテーマを、読みやすく、感動的に描いた作品です。子供でも理解できる「大好き」を伝えよう、という単純ではありますが、とても大切なことを教えてくれる絵本でもあります。

ちょっとわき道
この絵本を読んで「ハッ」と思いました。
最近、大好きって子供たちに言ったっけ。。。。
旦那に言ったっけ。。。。と。

読み終わるとすぐ「大好きだよぉぉぉ」と抱きしめてあげると、
とっても幸せそうな笑顔の子供たち。

しばらく、言ってなかったことにとても反省しました。

これからは毎日言うね。

大好き!って。

…でも、私も言って欲しいんだなぁ。

誰でもいいから。。。。


書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー
















管理者にだけ表示を許可する

【75】「ずーっと ずっと だいすきだよ」ハンス・ウィルヘルムさん作・久山太一さん訳
飼い犬のエルフィーとぼくの物語りです。この絵本は、飼い犬のエルフィーが小さかったときから、亡くなってしまうまでを、少年の目を通して描いています。・・・・・☆動物と暮らすということは、・・・いつかは、愛するものとの悲しい別れの時がやってくる、とい.... …
2005/11/09 09:00  【号外】やまねこ新聞社  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。