07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-28 (Fri) | 絵本(外国の作家) | COM(8) | TB(0)
ママったら わたしのなまえを しらないの ママったら わたしのなまえを しらないの
アンドリュー シャケット、スーザン ウィリアムズ 他 (1996/10)
ブックローン出版
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:ユニーク
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ママったら わたしのなまえを しらないの。
朝、目覚めると「おはよう、ママのちっちゃなひよこちゃん」
ジュースをこぼして泣いてしまったら「大丈夫よ。かぼちゃちゃん」
お腹が空いてご飯が待てないときは「まぁ、ちいさなあくまね」
グルグルグルグル踊っていたら「なんておかしなおさるちゃんかしら」
そのたびに女の子は「わたしはハンナよ!」と怒ります。
そして最後は…とってもニッコリしてしまう内容に。
いろいろな表情を見せる小さな女の子。母親は怒るのではなく、今のあなたってこんな風に見えるわと言っているのでしょう。
ひよこのように可愛いわ、おさるのようにおかしいわ、あくまみたいで困っちゃう…。
ハンナはちょっぴり不満な様子ですが、物語からはあふれんばかりの母親の愛情が伝わってきます。
あぁ、とても可愛がっているのね、と。
そして、とてもチャーミングなママだなぁと。
そんなコトしちゃダメ!と言わずに、●●みたいねと伝えることで、
今の自分ってこうなのかしらと子供に自覚をさせているようにも思えます。
ビックリおめめのハンナが例えられた名前に変身してしまうようすがユニーク。
子供と一緒に楽しめて、最後にくすぐったくなるような喜びを得られる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

昨日に引き続き、浦沢直樹の『MONSTER』の絵本を紹介します。

「めのおおきなひと、くちのおおきなひと」


悪魔と取引して目の前の快楽を得るのか、自らのプライドを守るのか…。

快楽を得たものは「取引したこと」を後悔し、プライドを守ったものは「取引しなかったこと」を後悔する。

怖い話です。あなたはどちらを選びますか???




他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


梅雨が明けたと思ったら、いきなり猛暑!! もうバテバテでーす☆ポチッと応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。