04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-24 (Mon) | 絵本(外国の作家) | COM(9) | TB(2)
うんちっち うんちっち
ステファニー・ブレイク (2004/12/23)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:面白い
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


幼稚園の息子の担任の先生が「イチオシの絵本です」と推薦してくれた絵本。
読んでみると、その面白さに納得でした!

うさぎの子はたったひとつの言葉しか言えませんでした。
その言葉は「うんちっち」。
お母さんが「おきなさい」と言っても「うんちっち」
お父さんが「ほうれん草を食べなさい」と言っても「うんちっち」
ある日、オオカミがやってきてペロリと食べられてしまったうさぎの子。
えぇ~!? どうなるの~?と読者は一瞬ドキドキしちゃいます。
でも、幸か不幸か「うんちっち」のおかげで助かってしまううさぎの子。なんと、オオカミも「うんちっち」としか言えなくなっちゃって、うさぎのお父さんはその言葉を聞いて我が子が食べられたことを悟り、助けることができたのです。
そして、おうちに帰るとうさぎの子は普通の言葉を話せるように…。
と・こ・ろ・が…次の日にうさぎの口から出た言葉は!!
最後は大笑いしてしまうオチになっています。
オチを知りたい人はぜひ絵本を読んでください。

子供ってちょっと下品な言葉が大好き。そして繰り返し、繰り返し言うことも。「うんちっち」という言葉を連発しているのに、下品さを感じさせず、面白くて、子供たちと大笑いしながら読める絵本です。
そして、我が子の特徴や個性をしっかり見ていて、いざっていう時にちゃんと助けてくれるお父さん。いつも見守ってくれるお母さんのぬくもり…そんな家族の愛情をたっぷりと受けているうさぎの子の天真爛漫な茶目っ気ぶりが微笑ましい。

子供の笑顔が見たいとき、親子で一緒に笑いたい時、読後も楽しい気分になりたい時、この絵本はとてもオススメ。幼稚園の先生をとりこにした魅力の作品です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

夏休み前の幼稚園での懇談会で、夏休みの過ごし方や夏祭りの話をされた後、担任の先生は絵本の話をしてくれました。

毎日、1冊を目標に絵本を読み聞かせてくれているそうです。

そんな中、子供も大好きで先生も大好きな絵本です、と紹介してくれたのがこの絵本。

先生がページをめくって、クスクス笑いながら説明されているのを聞いて、私もどうしても読みたくなりました。

ふと、教室内を見渡せば、先生がオススメする絵本がずらりとディスプレイもされています。

絵本の好きな先生ということでますます先生が好きになってしまいました★

それにしてもこのうさぎの子と同じなのは、我が子ではありません。

何を書くそうこの私です。。。。。。ァ '`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、

息子が「ママ、今日のおかず何?」

私「うんちっち」

娘「ママ、今日はどこへ行くの?」

私「うんちっち」

ついつい言ってしまいます。そのたび、下品ね~と子供にたしなめられています。。。。。




あさがお


娘の夏休みの宿題のひとつ。朝顔の観察日記。

今日はひとつ咲きました。この花をあとで摘んで冷凍保存しなくちゃならないの~(´Д`;)

私の当時は観察日記はけっこう細かく記入しなくちゃいけなかったのに、今ではいくつの花が咲いたかを記入するだけでいいみたい。。。。

そんなんでいいのか…とちょっと不安になるこのごろ。。。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


最後のオチはこの絵がヒント!! もうわかっちゃったかな~??ポチッとお願いします☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

うんちっち~あまのじゃくとのつき合い方
 ワールド・カップが終わってもう巷の気分は夏の高校野球になびいてますが、ワールド …
2006/08/09 18:46  ぴぐもん's らいぶらり
お父さんと絵本。
こどもの学校で「絵本のよみきかせ」をやっている30男でございやす。 教室での本読 …
2006/08/31 21:43  [絵本と写真とにがおえ]の日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。