09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-17 (Mon) | 絵本 | COM(11) | TB(0)
祇園祭 祇園祭
田島 征彦 (2005/03)
童心社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:祇園祭について
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


田島征彦さんの描く迫力ある絵が印象的な祇園祭の絵本。
祭りの由来から、現代の町衆の祭りへの想い、そして祭りの工程まで分かりやすく、詳しく説明されている絵本です。

今から1100年も昔、京の都で流行った疫病を鎮めるために始まった神事・祇園祭。
観光客で賑わう宵山や山鉾巡行は有名ですが、実は祇園祭は7月1日から29日まで行われているのです。
梅雨が明けたころから京の街に響くお囃子、祭りへの期待感が膨らむ「神輿洗」、鉾を組み立てる様子やお札売りの歌声、雅で力強い山鉾巡行、そして祭りを支える人々の心粋…。
京都に住んでいてもあまり目にすることのない本当の祭りの姿から、地元の人々の関わり方まで綴られた内容は、京都に住んでいる人でもとても参考になります。
絵本を見て、祇園祭を見たいと思ってもいいし、祇園祭の知識として読んでみるのもいい。
この絵本を読むたび、祇園祭が身近に感じ、そしてさらに興味を抱かせてくれます。
この季節ならではの絵本。京都好きならぜひ。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は、山鉾巡行が久しぶりに祝日と重なったので、絶対に見に行こうと計画していました。

が…生憎のすごいどしゃぶり。

泣く泣くテレビで見ることにしました。。。゜゜(≧Д≦)゜゜

クジ改めを見事に行った男の子がすごく雨に濡れて寒そう…。

鉾の上に乗っている人は雨で滑らないかな????

歩く美術館といわれている鉾に飾られたタペストリーとか汚れないかしら…。

祭よりも雨のことが気になってしかたなかったです。。。。。( ̄Д ̄;;

この絵本を読み聞かせている時、

「あ、これTVでやってたやん。」

「一昨日、上った鉾やんな~」

と子供たちから感想が次々と飛び出ました。

目で見たり、体験したりしたことが絵本で再現されているのがとても嬉しそう。

そういうことが少しずつ積み重なって、絵本とともに素敵な思い出になってくれるのが楽しみです。


祇園祭

これはお札売りの子供たち。娘ものぞいています。

「ろうそくいっちょう けんじられましょう♪」

↑一度聞いたら、忘れられない歌です。。。
他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト


書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


女の子今日の娘のだじゃれ『ボートに乗ってボーっとする』( ̄Д ̄;; ダジャレなのか?そうなのか?☆ポチッとお願いしまーす☆



こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。