07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-20 (Tue) | 絵本 | COM(8) | TB(1)
くいしんぼうのあおむしくん くいしんぼうのあおむしくん
前川 欣三、槇 ひろし 他 (2000/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:面白くて切ない
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


まさおの帽子についていた空と同じ色をした青虫くん。何でもバクバク食べては、食べたぶんだけどんどん大きくなります。
おもちゃやクレヨン、ゴミ、まさおのパパやママ、家や街、森や船…。貪欲に欲望のまま、すべてを飲みつくしてしまうさまは、人間の底知れぬ欲望を映し出しているようにも見えるこの青虫。
バクバクとあらゆるものを飲み込んでいく様子は爽快でもあり、ある種恐怖を感じてしまいます。
そして、最後にはまさおを残し、すべてを飲みつくしてしまった青虫に「もうともだちなんかじゃない」と告げるまさお。
そしてとうとう、まさおも青虫に食べられてしまいます。
ところが、青虫のおなかの中でまさおが見たものは…。
いつもと変わらぬ風景とそこで生活する人々。パパやママもちゃんといます。
そこで、空色の青虫の意味が読者にパッと分かります。
空は青虫のおなかの中。
私たちは青虫のおなかの中で生きている。たとえ、青虫のおなかの中だとしても、毎日を平和に過ごし、家族や友達と生活できる幸せ…。
青虫はたったひとりになって何を思い続けながら、食べ続けているのでしょうか?
読後、ふと気になったことがあります。
青虫が食べていないものは、まだこの世界では未知のもの。
だとしたら、次に青虫が食べ、この世界に登場するのは何?
いいものか、悪いものか?
できれば、おなかの中の我々が幸せになれるものをずっと食べ続けて欲しいものです。

読者はこの絵本を読んで、さまざまな想いを抱くでしょう。
青虫の貪欲な姿に怒りを覚えるかもしれないし、青虫を壮大な宇宙ととらえるかもしれない。
どう感じるかは読者次第。子供と一緒にいろいろな感想を楽しめる絵本です。
今、青虫が何を食べているか気になる人は裏表紙をみてね。
なーるほどと思っちゃいます。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

この絵本はこるくさんの記事を見て、ぜひ読んでみたいと思った絵本です。

子供たちは、『わー、すごーい。どんどん食べていく~』と、その貪欲な食欲にビックリしていました。

さて、100万人のキャンドルナイト。やってますか?

21日までなので、まだやってない人もぜひ参加してみてくださいね。

我が家も毎日、8時から10分程度ですが(10分かよっと突っ込まないで)

私なりに参加しています。この企画のいいところは自由なスタイルで参加できるところ☆

100万人のキャンドルナイト


子供たちもキャンドルを灯すことに喜んでいます。

ちなみに今日は私の誕生日&結婚記念日でもあります。

特別なキャンドルでも追加しようかな~☆

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


特別なキャンドル…そうです、結婚式の記念にもらったメインキャンドルです。メモリが3年前からとまったままです。。。。☆ポチッとお願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

くいしんぼうの あおむしくん
ひさしぶりの更新となってしまいました。さぁ。また色々と楽しいことを 書いていきますのでヨロシク。さて、今日は るーくんと寝る前に読んだ絵本↓くいしんぼうのあおむしくん槇 ひろし 福音館書店 2000-09by …
2006/06/22 14:24  ごきげんな こるく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。