03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-11-01 (Tue) | 児童書 | COM(2) | TB(0)
エルマーのぼうけん

おすすめ度
ジャンル:冒険(ワクワク&ドキドキ)
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~




動物島に捕らえられているりゅうの子を助けるためにエルマーは冒険の旅に出掛けます。リュックに詰めたのはチューインガムやキャンデー、歯ブラシ、虫めがね…。あまり役に立たないようなアイテムばかりのようですが、冒険では見事に活躍する重要なものに。
動物島のジャングルの中で虎やサイ、ライオンなどの猛獣たちと知恵比べをするシーンは、とってもユニークなアイデアを次々と発揮!
エルマーと一緒にドキドキしたり、知恵を絞ったり…子供の冒険心を思い存分くすぐってくれる名作中の名作です。
絵本に慣れた子供には、文字ばかりの児童書は親しめないと思いがちですが、この本にはちゃんとエルマーが動物島で辿った足跡が記された地図も載っています。お話を進めながら、子供と一緒に地図と見比べて「今、エルマーはここだね。これから、どっちへすすむのかな?」なんて会話も広がります。
何より、子供の心の中で、その子なりのエルマーの世界や情景が想像されるのが素晴らしい。
ファンタジーなお話だからこそ、想像力も膨らみます。

さらに、今の子供たちが夢中になっているアドベンチャーゲームでは、敵をやっつける、という観念しかありませんが、この物語では動物たちの悩みを解決するという方法で先へ進みます。
単に、敵を倒すのではなく、相手のことを良く知り、自分の知恵を絞り、相手も自分も満足する解決策を見出す。現実の世界では、ゲームでの解決策より、エルマー的なこんなアイデアが必要になります。
今の子供たちにぜひ読んであげて欲しい作品です。
子供の夢を膨らませるためにも、そして、知恵を身につけるということを教えるためにも。。。

ちょっとわき道
私も幼い頃、この絵本が大好きでした。
何と言っても、詳細な地図を見ながら、エルマーの冒険を読み進めていくのが楽しくて仕方ありませんでした。
先日、夜、寝る前に、「今日はこの本だよ」と見せると、最初は絵がないことに娘も息子もガッカリ。。。

冒険が始まるまでは、ちょっとつまらなそうでした。

でも、ぴょんぴょん岩の話から動物島へエルマーが渡った頃から、子供たちはワクワク。

「エルマーとらとあう」のシーンでは、地図を見ながら、「今、ここやで!!こうやってジャングル抜けてきたんやで!!」と独自の解釈を披露してます。

ただ、一日で読むには少し長すぎるので、シーンごとに読み進めています。ひとつのシーンが終わると
「今日はこれでおしまい。続きはまた明日~」と。

子供たちは一斉に「えぇー!!」と言いますが、布団の中でエルマーどうなるんかな? 大丈夫かな??とブツブツ…

そんな風に楽しく考えながら、安らかな眠りにつくのもいいですね。

次の日にはちゃんと今までの話の内容も覚えていますよ。

児童書だからできる「続きはまた明日」。

いかがですか?

書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー




















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。