04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-24 (Wed) | 絵本(外国の作家) | COM(5) | TB(0)
パパのカノジョは
パパのカノジョは
クリス モンロー、ジャニス レヴィ 他 (2002/01)
岩崎書店
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:面白い
読んであげるなら小学校低学年~
自分で読むなら小学校中学年~


「パパの新しいカノジョはかわってる。すっごくカッコわるいんだ。」で始まるこの絵本。描かれているのはすごく不満そうな顔をした女の子。そして、次々と女の子がカノジョのカッコ悪いと思っている点について語ります。
チューバをふいて、へんな詩を読んで、座ったままねたりする。
クッキーを焼かない、ベジタリアン、スカートなのにスニーカーを履いたり、ホラー映画にうなされていたり…。ここまでは女の子の主観的な見た目の感想。でも、きっと大人の読者はこんなカノジョを魅力的に思うでしょう。そして、あるページを境に内容がコロッと変わります。
カノジョが女の子の話を聞くときはテレビを消して聞いてくれる。
秘密は秘密にしといてくれる。
かけっこのゴールでいつまでも待っていてくれる。
ナイーブな少女の心をふんわりと包んでくれるような優しいカノジョのことがたくさん出てきます。
女の子に対して媚びることなく、大人の考えを押し付けない、同じ目線でものを考え、時には友達のように、時には大人の愛情をもって支えてくれる…そんなカノジョの姿勢に惚れ惚れします。
パパの恋人って認めたくないけど、でもね、とっても素敵な人なの。
そんな女の子の心の声が聞こえてきそうなストーリー。
本当の母親でもこんな「カッコ良くって大人らしい」対応はなかなか難しいのに、サラリとやってのけるカノジョに読者はグングン惹き込まれるでしょう。
女の子を産んだ母親ならこういう親でありたいなと思うし、読者が少女ならこんなママが欲しいと思うかもしれません。
離婚した父親とふたり暮らしをする女の子が新しい恋人を認めたくないけど、好きなの…そんな気持ちが伝わってくるような絵本。
母親はもちろん、恋人に女の子がいる人、女の子をもつ父親たちに呼んで欲しい作品です。
そして、この絵本と同じ気持ちを抱いている少女たちにも。

ちょっとわき道

女の子ってとっても難しい。

最近、すっごくそう思います。自分も女なのにね。

小学校に入った娘が最近、何だか生意気。可愛くないことも平気で言ってきます。

ついつい頭ごなしに叱ってしまうのですが、後ですごく反省して…。

あぁ、もっと良い関係にしたいのに…と悩んでいたときに出会った絵本でした。(くまくまちゃんの絵本箱で紹介されていた絵本です。)

読んでみたくて、みたくて…すぐに図書館で借りてきました。

読めば読むほど、今までの自分の大人気なかった態度や「カッコわるい」態度に反省。

このまま娘が成長したら、「ママってカッコ悪い」と思わせてしまっていたかもしれません。。。

いつまでも赤ちゃんのように、私がいないと何もできない…そう娘を見ていたのに、いつの間にか少しずつ体も心も成長して大人に近づいていた娘。

小さなお手本ができたようで、この絵本に出会えて良かったデス。

ずっと読み返していたいから、この絵本は殿堂入りにするかも。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


☆カッコいいママを一緒に目指しません?ポチッとお願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。