03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-16 (Tue) | 絵本 | COM(12) | TB(6)
はっぴぃさん
はっぴぃさん
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~



最初、荒井 良二さんの作品だと分かりませんでした。荒井さんの絵本は『すっぽんぽんのすけ』シリーズを先に読んでいたので、あのハチャメチャなタッチの絵ばかり書く人なのかなぁ~と思っていたんです。
が、この『はっぴぃさん』を読んで、私の中での彼への印象がガラリと180度も変わったのは言うまでもありません。。。

朝早く、少年と少女がはっぴぃさんに会いに行きます。
山の上の大きな石の上に時々来るはっぴぃさんは、困ったことや願い事を聞いてくれるのだとか。
のんびり屋の少年はのろのろじゃなくなるように…。
あわてんぼうの少女はあわてなくなるように…。
結局、はっぴぃさんには会えなかったけど、大きな石のところでふたりは仲良くなり、お互いの悩みを打ち明けます。
すると、少女が少年に「きっとのろのろは丁寧だからだと思うわ」と、
少年は少女に「あわてるのは一生懸命だからだと思うよ」と言います。
ふたりははっぴぃさんに会えなかったけど、輝く太陽に祈り、そして再び、はっぴぃさんに会えることを願っています。

一見、コンプレックスも見方を変えれば長所になる…そう教えてくれるような内容です。子供にはそんな風に教えてあげてもいいかもしれないです。
でも、私はこの絵本を読んだ時、ザワザワと胸が詰まるような想いがあふれました。
絵本の挿絵のところどころに描かれた戦車、そして見えない「はっぴぃさん」、ふたりの性格の違う男女…。
このふたりの住んでいる国は戦争をしているのでしょうか?
はっぴぃさんへの願いは表面的には、自分の欠点かもしれないけど、本当は何より「幸せ」=戦争のない平和を願いに行っているのではないか…と。。。
お互いの欠点が長所になるということがわかっても、なおも願い続ける想いとは? 争いのない国で、たまにはのんびりしていたら命の危険が迫るような生活、あわてて逃げなくてもいい生活、そんな平和で穏やかな暮らしを願っているの?
太陽の輝きを見て、ふたりの心が満たされたように、争う国同士も自然の懐の大きさを見直して、「はっぴぃさん」にお互いの国のあるべき姿を問いただしてみたら…、そんなメッセージが伝わってくるような作品でした。
荒井良二さんは恐るべし作家です。
この本で一気にファンになりました。

ちょっとわき道

gooのランキングで『子どもに読ませたいおすすめ絵本ランキング』があります。

『はっぴぃさん』が入っていないのはちょっぴり残念だけど、

ランキングされているのは、どの絵本も素敵な作品ばかり。

林さんの絵本が2つも入っているのは嬉しいな~。

そして堂々の1位はやっぱり『ぐりとぐら』でしたね。

このネーミング、そして夢のある物語、愛らしいキャラクター…どれをとっても子供に愛されるのは当然な気もしますね。

さぁ、この中で登場人物が10人以上はいるものは?????

エルマーのぼうけんしかないじゃん!!

これは1日で読み聞かせできないじゃーん!!( ̄Д ̄;;

一体、次回の学校での読み聞かせは何を読むのでしょうか???

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

詳しくは↓


書評も書いてます↓


私のメインブログです↓
バナー


☆あなたはすっぽんぽんのすけ派?それともはっぴぃさん派? ポチッとお願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






















管理者にだけ表示を許可する

荒井良二さんの絵本。
荒井 良二 はっぴぃさん 先日、メルヘンハウスで原画展を見てきました。温かい画風で優しい感じの絵本です。私は、どちらかというと、あわてんぼうさんで娘はのんびりやかな。この絵本を読むとそんな自分でもいいかなと思える温かな気持ちになります。 …
2006/05/17 22:52  絵本の部屋
はっぴぃさん
ちょっと気分を変えたくてテンプレ変えてみた。まだ花見もしてない私だけど,そろそろ違う雰囲気を味わいたくて。また変えるかもしれないけど,ひとまず前のテンプレに戻す。 …
2006/05/20 23:07  絵本とiTunesな毎日
祈るきもち
 好きな絵本のどれもが、娘の成長過程で、一緒に読んできた本ですが、久しぶりに新しい本に出会いました。 はっぴぃさん 荒井良二作 偕成社 荒井良二さんがリンドグレーン記念文学賞を受賞したことで、書店フェアが開催されていて、それで最近知ったのです。 明るい黄 …
2006/05/23 14:00  my favorite things
はっぴぃさん
『はっぴいさん』荒井良二 著のろのろの”ぼく”と、どんどんの”わたし”がはっぴいさんを探す旅に出ます。はっぴいさん、はっぴいさん、わたしのねがいを聞いてください、はっぴいさん。はっぴいさん、はっぴ …
2007/03/09 23:44   そらいろ絵本日記
-
管理人の承認後に表示されます…
2007/03/13 18:04  
-
管理人の承認後に表示されます…
2007/03/21 19:10  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。