04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-28 (Fri) | 絵本 | COM(0) | TB(1)
こぐまちゃんおはよう

おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら0歳~
自分で読むなら3歳~



子供に初めて読んであげる絵本におすすめなのが、わかやまけんのこぐまちゃんシリーズ。
特に、この『こぐまちゃんおはよう』はこぐまちゃんが朝起きて、顔を洗って、朝ごはんを食べて、遊んだり、うんちをしたり、お風呂に入って寝るまでの一日を描いた絵本です。
1歳~2歳の小さな子供でも理解できる単純な内容なのが親しみやすく、「一緒だね。」と子供が共感できる部分もたくさん描かれています。さらに、自分でやってみてできた喜びや、やってみてわかる小さな発見など、子供の成長の上で子供自身に気づかせてあげたい要素もさりげなく盛り込まれているのも特徴です。
何より、ビビッドカラーで色彩豊かに描かれたイラストと、可愛らしいキャラクターは子供だけでなく、大人も大好きになってしまう絵本です。まだ、字が読めない子でも絵を見る楽しさ、ページをめくる面白さが学べる絵本だと思います。
また、『こぐまちゃん』シリーズでは、ありがとうの言葉の意味を教えてくれる『こぐまちゃんありがとう』や、怪我をした時の痛さやその回避の工夫などを描いた『こぐまちゃんいたいいたい』などもあります。

女の子には『しろくまちゃんのほっとけーき』もおすすめです。しろくまちゃんが作るほっとけーきのできあがる工程が美味しそうに、楽しく描かれていて、読んだ後には親子で必ずホットケーキを作りたくなってしまう作品です。
しろくまちゃんのほっとけーき


ちょっとわき道
そんなわけで、今日の幼稚園のお弁当はこぐまちゃんをモチーフに作ってみました。

こぐまちゃん弁当

息子の黄色のお弁当箱にこぐまちゃんとしろくまちゃん、娘のお弁当にはミッフィーにしました。

娘も息子も初めて出会った絵本がこぐまちゃんシリーズ。

最初はただ、絵を見ながらゆっくりと文字を読んであげるだけ。

時々、「一緒だね。うさちゃんのぬいぐるみはおうちにもあるね」なんて声をかけながら。

興味をもってきたら、指差しが始まったり…。

絵本を読む時にうさちゃんのぬいぐるみを持ってきたり…。

そして、こぐまちゃんのまねをして、歯をみがいたり、金魚にえさをあげたり…。

我が家では子供の成長を見守ってくれた絵本です。

今ではボロボロになってしまったけど、大切な一冊です。



書評も書いてます↓


詳しくは↓
 


ポチッとお願い☆
ブログランキング

私のメインブログです↓
バナー

















管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます…
2007/09/19 01:42  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。