04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-27 (Thu) | 絵本(外国の民話) | COM(2) | TB(1)
三匹のこぶた

おすすめ度
ジャンル:童話&面白い
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~




昔話は、原作のまま忠実に訳したものだと、小さな子供には残酷なお話も多い。
でも、私は、どうしてもアニメチックな童話の本には親しみを持てない。下手をすると原作とまるで違ったお話になっている本もあるからです。
有名なイギリス童話の『三匹のこぶた』も、三匹のこぶたが建てる家の素材がそれぞれ別々で、最後のぶただけがレンガの頑丈な家を作ることと、狼が登場することはどのお話でも共通ですが、それ以外のストーリーは訳者や編集者によってバラバラ。
お母さんぶたが登場する話もあれば、三匹のこぶた全員が生き残る話もあります。

今回、紹介する瀬田貞二さんが訳する『三匹のこぶた』は、とてもバランスのとれた絵本だと思います。子供にこびることのない忠実なストーリーと知恵比べの面白さが魅力です。
物語は、最初のぶたはわらで家を作り、二番目のぶたは木で作りますが、二匹とも狼に吹き飛ばされて食べられてしまいます。
さて、ここから、三匹目のこぶたと狼の知恵比べが始まります。
レンガ作りの家を壊せないことを知った狼は、何とかしてこぶたを誘い出そうとします。こぶたは狼の裏をかき、巧みにしかも利益を得て狼をかわします。
そして、最後には…。
ラストも納得のいく結末です。大人が読んでも面白い作品です。

ちょっとわき道
私は幼稚園に通う子供たちのお弁当を作っていますが、最近のマイブームはお話シリーズです。
先日は『あかずきんちゃん』を作ったので、今回は『三匹のこぶた』にしました。このブログとも合ってますね。。。

三匹のこぶた弁当

↑三匹のこぶた弁当 詳しくはメインブログ『京女のハマリゴト』を見てね。


書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー

















管理者にだけ表示を許可する

三びきのこぶた
三びきのこぶた イギリス昔話 瀬田貞二 訳 山田三郎 画 福音館書店三びきのこぶた―イギリス昔話瀬田 貞二, 山田 三郎 …
2006/02/10 08:57  こどもの本箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。