03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-30 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
きたないよ!
きたないよ!
おすすめ度
ジャンル:面白い
読んであげるなら2歳~
自分で読むなら小学校低学年~



表紙はゴミ箱から顔をピョコンと出している女の子の絵。顔の部分だけがくり貫いてある仕掛けになっています。
そして、表紙をめくると、その女の子はゴミにすっぽり埋まって、ハエまでたかっています。。。。
もう、この段階でうわぁぁぁ!と悲鳴があがりそうです。
冒頭にも書かれていますが、生まれて歩き出した好奇心でいっぱいの子供たちにとっては、口に入れたり、触ってみたり、遊んでみたいものばかり。
この絵本では「きたないこと」「やってほしくないこと」がオンパレードです。ページをめくるたびに、どんどんエスカレートしていくその汚さ。「きたないよ!」という文字がだんだん大きくなっていくことからも、その汚さの度合いが分かります。
思わず、ウヘェと声も出るページもあります。
あり得ないほどの汚い行為に、さすがの子供も苦笑いです。
最後まで読んだ時、子供はきっと「きたない」ことはしないほうがいいと悟るでしょう。
ただ、「汚いからダメ」というより、何十倍も説得力があって、しかも楽しく「汚いこと」が理解できる絵本です。

小さな子供にぴったりの絵本です。
親子で大笑いしながら、そして時には「ウゲェ」と声を出しながら、楽しく読めて、しつけもできる絵本です。

ちょっとわき道

この絵本を読み始めると、とっても賑やかになります。

でも、きっと知らない人が私たちの会話を聞くと「何だこの親子は!!」と思うでしょうね。

だって

「ウゲェ」

「わぁ、ママ見て見て。ウワァァァ」

「ひっどーい!!」

「キャァァァア」

「ゲロゲロ~」

決して、品のいい会話ではありません。。。。。

なので電車などで読むときはお気をつけて…。

でも、下品な私たちはこの絵本が大好きなのだ!!



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


詳しくは↓


私のメインブログです↓
バナー


☆クリックしていただきありがとうございます☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。