06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-16 (Thu) | 絵本 | COM(3) | TB(0)
さよならまたね
さよならまたね―ぼくとクッキー
おすすめ度
ジャンル:心温まる
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



ちょっぴり切なくなる引越しの絵本です。
子供が初めて体験する引越しってどんな印象を与えるのでしょう?
引越ししていく子、友達が引越してしまう子…。寂しくて悲しくて、思い出がいっぱいあふれてきて…小さな子供でも大切な友との別れはきっと辛いはず。
そんな気持ちの子供に読んであげてほしい絵本です。

仲良しのクッキー。たくさん遊んで、「さよならまたね」。
いつも言っているその言葉「さよならまたね」。でも、次の日は必ず会えた。
ところがある日、クッキーは元気がありません。
しょんぼりして「さよなら…」だけ。
クッキーが明日引越しすると聞いて、ショックを受けるぼく。
こんどの「さよなら」はいつもとは違う。。。
自分の気持ちを落ち着かせて、ぼくはクッキーにしてあげられることを考えます。
思いついたのは…。

小さな子供が引越しの意味を理解し、友達を思いやる気持ちがあふれた絵本です。
一生懸命、大切な友達のことを気遣い「ぼく」がしてあげたことがとても素敵。小さな子供ができることは数少ないけど、今出来得る全てのことを出し尽くして贈るものは、贈られた方の心に響きます。
最後のページのクッキーの表情にそれがとてもよく現れています。

この絵本には続きがあります。続編はクッキーが主人公。
どちらも友達をテーマに描いた心あたたまる作品です。
続編もUPします。


ちょっとわき道

もうすぐ、娘の卒園式。

きっと、娘は「さよならまたね」をたくさん聞くでしょう。

その中には「またね」がない子もいるかもしれません。

たくさんの楽しかった思い出を封印せず、再び共有できるように彼女も「ぼく」のように素敵な贈り物を作成中。

そんな彼女を見ていると、私もふと音信不通の友人たちへ筆を取りたくなりました。




他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


詳しくは↓


私のメインブログです↓
バナー


☆クリックしていただきありがとうございます☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。