07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-16 (Thu) | 絵本 | COM(3) | TB(0)
ふたりはふたご
ふたりはふたご
おすすめ度
ジャンル:兄弟&面白い
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~



大好きな絵本作家、田島征彦と田島征三さんの幼い頃を描いた作品です。
先日、紹介した『じごくのそうべえ』を描いた田島征彦さんと、『やぎのしずか』や『ちからたろう』でも有名な田島征三さんは、実はふたごってご存知でしたか?
ふたりが描く躍動感溢れる力強い絵を見ていると、やっぱりふたごってどこか相通じるものがあるのかなぁと感じます。
思想や生き方は異なっていても、幼い頃に一緒に過ごした思い出はふたりにとって宝物なのでしょうね。

この絵本は、そんなふたりの幼い頃の微笑ましい光景を描いた、はじめての合作絵本です。

物語は川で釣りをするゆきちゃんとせいちゃん。
仲が良いのに、ちょっとしたことでケンカが始まり、そしてすぐ仲直り。小さな子でもすんなり受け入れられる優しいお話になっています。
双子の兄弟にぜひ読んであげたいお話。田島さんのファンは必見です。


ちょっとわき道

兄弟喧嘩ってほんとうにささいなことから始まりますよね。

ウチでも毎日、よく飽きもせず喧嘩できるなぁというぐらい、つまらないことで勃発してます。

長女が愛用しているペンを息子が使ってた…。

息子が長女のノートに落書きをした…。

おやつが多いだの、少ないだの…。

お風呂に入る順番…。

あまりにもつまらない原因なので、放っておくといつしか取っ組み合いの喧嘩になっていることも…(´Д`;)

絵本でも釣った魚の大きさや、釣り糸が絡んだなどちょっとしたことでふたごのゆきちゃんとせいちゃんの喧嘩が始まります。

でも、兄弟喧嘩ってスーッと仲直りができるのが魅力ですよね。

娘や息子もさっきまでエンエン泣いていたのに、ふと見ると笑い転げています。

そんな様子を見るたび、兄弟っていいなぁと実感します。





他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


詳しくは↓



私のメインブログです↓
バナー


ポチッとお願い☆
ブログランキング


こちらも宜しく☆

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。