09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-15 (Wed) | 絵本 | COM(7) | TB(2)
じごくのそうべえ
じごくのそうべえ
おすすめ度
ジャンル:落語絵本&面白い
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~



地獄へ落ちた者たちが、恐ろしい閻魔大王や鬼たちに屈せず、自分の得意技を使って、苦を楽に変えていってしまうという奇想天外なストーリーが面白い落語を題材にした絵本。 落語ならではの軽快な話運びと、田島征彦さんの描くダイナミックなイラスト、そして自然と笑いを誘う関西弁が面白さに拍車をかけます。
軽業師のそうべえが綱渡りを失敗し、気がついたらそこはもう地獄の入り口。歯ぬき師のしかいと、医者のちくあん、やまぶしのふっかいたちと出会い三途の川を渡って、地獄へ行くと…。
糞尿地獄、じんどん鬼の腹の中、熱湯釜、針山…地獄ならではの恐ろしい世界を描いているのに、ちーっとも怖くありません。
いい加減な閻魔大王の判決や体をおもちゃのようにいじくられるじんどん鬼のシーンなどは、楽しくって楽しくって子供たちも声を上げて大笑いしてしまいます。
昔話風なのに、水洗トイレやピンクと言った現代風の言葉も飛び交ういい加減さが子供にも受け入れやすくなっているのでしょう。
このお話はぜひコテコテの関西弁でお話してあげてください。
ボケとつっこみ、そんな間合いも取りながら。
あまりの面白さに子供たちは「もう一回!」というのは間違いありません。

ちょっとわき道

地獄のそうべえという話は昔から知っていましたが、田島征彦さんの作品は読んだ事がありませんでした。

先日、訪れた幼稚園にこの絵本が置いてあって、パラパラと流し読みしただけで、

「これは買いだ!!」と。

娘に聞くと、絵本の中でも一番人気の絵本で、先生に読んでもらうのが楽しみだとか。

年少の息子はまだ読んでもらっていなかったのですが、

寝る前に読んでみると、ふたりとも大興奮!!

娘は知っているので「そんでな次におならこかはんねん。ゲヘヘ」

と、ページをめくる前から受けてました。。。ヽ(^。^)丿

一冊の絵本で楽しいひとときを迎えられるのっていいですね。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


詳しくは↓


私のメインブログです↓
バナー


ポチッとお願い☆
ブログランキング


こちらも宜しく☆

















管理者にだけ表示を許可する

じごくのそうべえ
『じごくのそうべえ』おすすめ度ジャンル:落語絵本&面白い読んであげるなら3歳~自分で読むなら小学校低学年~地獄へ落ちた者たちが、恐ろしい閻魔大王や鬼たちに屈せず …
2006/02/23 15:45  ごきげんな こるく
きょうは読み聞かせ
2月2日 5年1組の読み聞かせ「じごくのそうべえ」 たじまゆきひこ作    桂 米朝・上方落語・地獄八景よりじごくのそうべえ …
2006/02/23 15:50  ごきげんな こるく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。