06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-06 (Mon) | 絵本 | COM(9) | TB(0)
おにがきた
おにがきた
おすすめ度
ジャンル:驚き
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



うそをついたらね、うそをついたそのお口から、おにがヒューッとみんなのおなかに飛び込むのよ…」
幼稚園の先生にそんなことを言われてドキッとした「ぼく」。
だって、ぼくはさっき嘘をついたばかりだったから。
先生の暗示にすっかりかかってしまった「ぼく」。
帰り道には、お腹が痛くなってきて、本当にお腹の中で鬼が膨らみ始めたみたい。
おうちにつくとお母さんは出掛けていて、ぼくが縁側から家に上がった瞬間!!
グニュッと何かを踏んづけた!!
それは、どんどん、どんどん大きくなって、大きくなって…。

嘘をついてしまった後ろめたさから、暗示にかかってしまった不安感、そして結果的に誰にでもあるような恥ずかしい経験を、ドキドキするような緊迫感あふれる展開とイラストで描いた作品。
心の中で思っていたり、話すことは一人前の、ちょっと生意気な「ぼく」でも、まだまだお子ちゃまなのね…とクスッと笑ってしまうようなお話です。
男の子ってこんなにも小さい時から純粋で、小生意気で、憎めなくって、シャイなんだなぁって思っちゃいますよ。
子供たちも途中はドキドキと聞いていますが、クライマックスから爆笑しはじめるユニークさ。
ただし、人前で読むのは避けましょう。
読み聞かせるのは、おうちだけで。。。。
?と思われた人はジャンルの記号をチェック!!


ちょっとわき道

節分のために鬼の絵本をピックアップしてきましたが、これは節分っぽくないので、

ちょっと外しています。

鬼らしき鬼も出てこないし。

でも、鬼を信じる子供の純粋な気持ちや心の中で膨らむ妄想などが面白くて

紹介したくなりました。

「嘘をつくのは良くないこと」と子供に教えたい時にも、一役かってくれる絵本かもしれないです。

そう思って読んでみましたが、娘&息子は特大のイラストに過剰反応!!

大声で●●●やぁ!!

と叫び始めます。

その楽しそうな顔!

子供って排泄系の言葉が異常に好きかも。。。。。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト


書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー


こちらも宜しく☆

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。