10≪ 2017/03 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-30 (Mon) | 絵本 | COM(4) | TB(1)
おにはうち!
おにはうち!
おすすめ度
ジャンル:ほのぼの
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら6歳~



幼稚園によくやってくる男の子・におくん。野球をすれば、プロ顔負けの腕前に皆ビックリ!! 女の子が打ち間違えたバッドが園長先生に危うく当たりそうになった時でも、見事に防ぎます。
「におくんは、いのちの恩人です」と園長先生がにおくんを抱きしめた時、いつも深くかぶっていた帽子がホロリ。
におくんの角が見えてしまいました。そう、におくんは赤鬼の子供なんです。
園長先生は気づいたものの、秘密にしておいてくれます。

さて、その日は節分。幼稚園ではまめまきをします。におくんはいつの間にか隠れてしまいました。
園長先生がまめまきの仕方を教えてくれます。
「おにはーそとー!」
「いいおにはーうちー!」
子供たちは当然??????
でも園長先生が自信たっぷりに言います。
「いいおにはいます。ほんとはおにもわたしたちとなかよくしたいのかもしれません」
隠れていたにおくんがそっと顔を出しました。

園長先生の懐の広さがとってもいいです。
鬼の子だって優しいところはあるし、可愛いところもいっぱいあるんですね。ちょっと恥ずかしがり屋の鬼の子と園児、そして優しい園長先生の心温まる節分のお話です。
村上康成さんのイラストがとても可愛い絵本です。
節分の日におススメ。


ちょっとわき道

ちょっぴり無口で恥しがり屋で、そのくせスポーツ万能のにお君って…モテモテ君の代名詞みたいなものじゃん!!

と、子供に読み聞かせながら思いました。

それはさておき…

この絵本の中で大好きなシーンは園長先生がにお君をギューッと抱きしめるところ。

抱きしめられている理由が分からず、キョトンとしているにおくんの表情もすっごくいいです。

こんな風に自分の感情に素直で、子供を愛し、抱きしめてくれる園長先生っていいなぁとも思いました。

ウチの子の通う幼稚園の園長先生は、現在96歳。

シャンシャン歩けて、大きな声で話し、とても元気な御爺さん先生です。

園児には怒りませんが、おしゃべりしてうるさいお母さん方にはよく雷を落します。

園長先生曰く「あんたらも孫みたいなもの!!」

確かに、先生のお年を考えればそうですね。。。。

登園と帰りの際には、ちゃんと生徒一人ひとりに声かけもしてくれる園長先生は、もちろん子供たちの人気者です。


書評も書いてます↓


詳しくは↓


私のメインブログです↓
バナー


ポチッとお願い☆
ブログランキング


こちらも宜しく☆

















管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます…
2007/03/25 02:04  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。