03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-01-29 (Sun) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
あたしもびょうきになりたいな!
あたしもびょうきになりたいな!

おすすめ度
ジャンル:可愛い
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら6歳~



エリザベスとエドワードという可愛い猫の兄弟のお話。
隣の芝生は青い…ではないけど、エドワードが風邪を引いて、家族からいろいろと世話をされているのを見るたび、エリザベスの不満がどんどん貯まっていきます。
「私はひとりでなんでもしなくっちゃいけないのに、エドワードは…」
という具合に。。。
そして、「わたしもびょうきになりたいな!」と思うエリザベス。
ところが、今度はエリザベスが風邪を引いてしまいます。
すると、いろいろと家族が世話をしてくれるのはいいのですが、
生き生きと自分の好きなように動けるエドワードが羨ましくなってしまいます。

誰でも他人のしていること、されていることがとっても羨ましく思えることってありますよね。でも、いざ、自分がその立場に立ってみると、見えていなかった苦労や辛いことがクローズアップされて、逆にその立場から開放された人を羨ましく思う…。

こんな幼い兄弟同士の出来事だけではありません、会社でも友人関係でも近所付き合いでも、少なからずこんな感情って誰しもがもってますよね。
だからこそ、この絵本を読むと、クスッと笑いがこみ上げてくるし、エリザベスのイライラした時の形相を見て、自らを反省する材料にもなるんです。

小さな兄弟のどちらかが風邪をひいて、どちらかが不満を貯めている時に読んであげてください。

きっと、病気になりたいとは言わないはず!!

ちょっとわき道

先日、息子が風邪をひきました。

39度近い高熱を出し、しんどそうなので、私も旦那も付きっ切りで看病していたら…

娘「●●(息子の名)ちゃんばっかりや!! 私にはいいことな~んにもない!!」

しまったぁ。。。(´Д`;)

フォローすんの忘れたぁ( ̄Д ̄;;

娘は日ごろから、何かと弟のことで我慢をさせられることが多いので、

こんな風に弟(息子)を両親でかまうと、自分ひとり置き去りにされたと思ってしまうみたい。

いっつも我慢しているのに、さらに我慢せなあかんの!! と。

そんな時は、ちょっと特別感を味わわせてあげるのが一番。

こっそり娘に「ふたりだけで買い物行こう!! んで、あんたの好きなお菓子を一つ(ココがポイント!)買ってあげるよ!!」

娘「いっぱい!?(´∀`) 」

私「うんん。ひとつ!! 明日、また一つね。」

娘がスーパーで選ぶのは、大好きな桃のゼリー。

これでゴキゲンになってくれるのだから、まだまだ可愛いもんである。。。

と、思っていたら、娘も風邪に…ではなく、私自身がインフルエンザになってしまいました。

今は直りましたが、しばしの間地獄をさまよいました。。。。


書評も書いてます↓


詳しくは↓



私のメインブログです↓
バナー


ポチッとお願い☆
ブログランキング


こちらも宜しく☆


















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。