08≪ 2010/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-30 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
ザザのちいさいおとうとザザのちいさいおとうと
(1996/04)
ルーシー カズンズ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:ほんわか
読んであげるなら4歳から
自分で読むなら小学校低学年~


メイシーでお馴染みのルーシーカズンズのお話。訳は五味太郎さんです。ママのおなかに赤ちゃんがいる。おばあちゃんがぼくのお世話をしにやってきて、パパがママを病院に連れて行った。赤ちゃんが生まれてからは、ぼくはママのお世話をするパパのお手伝いをしなくちゃならない。おじさんやおばさんたちが赤ちゃんを見に来た時は、ぼくは一人で遊ぶ。パパもママも忙しくて、あまりかまってくれないし、がまんしなくちゃならないことも多い。そこで、ザザは赤ちゃんと遊ぶことにします。抱っこしたり、積み木をつんだり。弟と遊ぶことで弟への愛情がわき、弟と遊ぶのが楽しいと気づくザザ。最後はザザがママとパパを独占して、ゆったり過ごすことができます。
赤ちゃんが生まれた時って、お兄ちゃんやお姉ちゃんたちはきっとこんな感じなのでしょうね。赤ちゃんがやってくると今までの暮らしとは違うものになる。大人なら変化に対応できるものの、子供だとなかなかその変化に対応するのが難しい。ザザがどうやってうまく馴染むことができたのか、それが上手に表現されています。この絵本でいいな~と思うのは、赤ちゃんの世話をママだけでなく、パパも協力しているところ。最後にザザも協力することで、より一体感に包まれた家族に見えます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

9月に行った読み聞かせは

お月さまってどんなあじ?お月さまってどんなあじ?
(1995/09)
ミヒャエル グレイニェク

商品詳細を見る


私の配役は亀。最初に出てくるキャラクターです。

もう一冊は紙芝居で

月のうさぎ(12場面) (寂聴おはなし紙芝居)月のうさぎ(12場面) (寂聴おはなし紙芝居)
(2007/11/22)
瀬戸内 寂聴岡村 好文

商品詳細を見る


私の配役はうさぎでした。

このお話は仏教ではとても有名なエピソード。生き倒れの老人のために、クマ、さる、うさぎが食べ物を探します。クマは魚を、さるは木の実を、うさぎは何も得られず…。思いつめたうさぎは自分を焼いて食べて欲しいと焚火の中に飛び込みます。自分を犠牲にしてでも、老人を救おうとしたうさぎは天へ召され、月にその姿を現わしているという話です。

読み聞かせの日、普段は姿を見せない息子も図書室に来てくれました。

この月のうさぎの話を聞いて、帰宅後

「幼稚園でも何回も聞いたお話やな~」と言ってました。

息子が通っていた幼稚園も仏教系なので、何度も聞かされたのでしょう。

この紙芝居は瀬戸内寂聴さんのお話絵本。

読みやすく、子供にも分かりやすい文章表現になってます。

10月の読み聞かせの絵本は何かな~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子が、3年生になって、恥ずかしいから行くのは嫌と言っていた読み聞かせ。でも先日、来てくれて、すごくうれしかったな~。また、来て欲しいな~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





スポンサーサイト
2010-09-28 (Tue) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
ぼくはおにいちゃんぼくはおにいちゃん
(2009/08)
かどの えいこいとう ひろし

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら4歳から
自分で読むなら小学校低学年~



ぼくは4さい。ぼくのおとうとは0さい。少しずつおおきくなる弟のことを楽しみにするおにいちゃん。どんどん大きくなったら、キャッチボールや文字を教えてあげることができたらいいなと夢を膨らませています。今日教えてあげたのは、じゃんけん。赤ちゃんだから今できるのはグーだけ。だから、必ず勝っちゃう。すると、その日の夜、大きなおばけが出てきてふたりをさらってしまいます。つかまえられたおにいちゃんは、おばけにある提案をします。「ぼくと弟がじゃんけんをして、弟が勝ったら、ふたりを出してね」と。赤ちゃんが勝てるわけないと思っているおばけですが、おにいちゃんは機転を利かせて、チョキを出します。普通、お兄ちゃんと生まれたばかりの弟の話は、お母さんを取られちゃった悲しい思いを綴ったり、悔しい思いを綴ったりしたものが多いのですが、この絵本の素晴らしいところは、そんなネガティブな思いは一切描かれていないこと。お兄ちゃんが赤ちゃんの弟を思う素直な喜びの気持ちだけです。最後のおばけの前でわざと弟に負けてあげるシーンも、お兄ちゃんならではの知恵を使い、ヒーローのようにかっこいい描かれ方です。全文がお兄ちゃんの話し言葉で綴られているのも、小さい子には共感しやすいはずです。弟の生まれたばかりのお兄ちゃんに読んであげたい一冊です。赤ちゃんが大きくなっても、兄弟で一緒に楽しく読める絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

合宿に行っていた娘は月曜も火曜も代休でした。

普段、習い事や部活動でなかなかゆっくり過ごせない娘。

弟がいて、いつも我慢ばかりさせている娘のために、今日は1日娘とじっくり付き合うことに決めました。

まずは、女同士でショッピングを楽しむことに。

出かけたのは、イオンモールハナ。

平日なので、人出も多くなく、娘とゆっくり雑貨屋めぐり。

「可愛いね~」「いい匂いだね~」「こんなのキッチンに合いそうだね~」

こんな会話がふたりで交わせるのが、とても楽しい。

娘がまだ、小さかった時は、娘の好きなものを中心にまわっていた。

ようやく、今、娘が私の視点にまで手が届くようになった感じ。

もう少ししたら、娘と服の交換ができるようになるかな?

もう少ししたら、娘にトレンドを教えてもらえるようになるかな?

娘を育てていると、そんな待つ楽しみもある。

旦那と息子も加わり、4人でショッピングとなると、

男性陣は私や娘がのんびり見ているのを待つのが嫌らしい。

どうしてもせかされて、ゆっくり見ることができなくなって、いつも消化不良気味でした。

今日は、たっぷり、のんびり、ショッピングを楽しめた感じ。

娘は文房具を熱心に見て、気に入るショップをいくつも見て回り、ようやく気にいったシャーペンを見つけたよう。

私は秋物のパーカーや化粧品を見て回り、また衝動買いしてしまいました。。。。

最後はミスドでお茶をしながら、ゆっくりおしゃべり。。。

いつもは眉間にしわを寄せて話す娘が、今日は笑顔で話してくれたのが何よりうれしかった。

きっと、私の顔も笑顔だったはず。

帰宅中の車の中で、

「今日は楽しかった。こんな日を楽しみにしてた。また、来ようね」と娘がポツリ。

ママを独占できて、ゆっくりショッピングするのが夢だったらしい。

うん。

また、来ようね。心がイガイガしてきたら、ふたりで来よう!!



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


いろいろな雑貨屋さんで、可愛いものに目をキラキラ。キラキラ輝かせている女の子ってほんとうに可愛い☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2010-09-27 (Mon) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
ヘンリーのごじまんは… (児童図書館・絵本の部屋)ヘンリーのごじまんは… (児童図書館・絵本の部屋)
(1996/10)
メアリー ホフマン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら5歳から
自分で読むなら小学校低学年~


ヘンリーは新しい学校に入ってから、とても気になるグループがあります。すごくオシャレなスキッフ、コンピューター博士のプロフ、スポーツ万能なダニエル、喧嘩が強いジェイク、みんなクールでタフでかっこいい4人です。ヘンリーはそのグループの仲間に入りたくてたまりません。ところが、ヘンリーは普通の男の子。ヘンリーの自慢と言えば、弟のジョージだけです。ジョージと遊ぶのが大好きなのですが、ヘンリーの憧れているイメージとはまったく違います。そんなある日、彼らとちょっぴり仲良くなることができたヘンリー。彼らが水曜日に家に遊びに来ることに。ママももちろん、ちゃんと理解してくれて、ジョージを連れて出かけてくれることになっていたのですが…。当日、彼らが遊びにきてすぐに、トラブルが発生し、ヘンリーたちはジョージの世話をするはめに。赤ちゃんの世話なんて嫌だと思われると思っていたヘンリーですが、みんなとても楽しく赤ちゃんと遊んでくれます。今まで、自分だけの心の中で自慢だったジョージのことが、ほんとうの自慢になったヘンリー。ともだちの目を意識しはじめた年頃の子供たちに読んであげたい一冊です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


昨日、やっと娘が合宿から帰ってきました。

学校で行われた解散式では、先生が涙するシーンもあり、ちょっぴり感動。

大きなリュックを持ち、疲れ果てた顔をした子供たち。

それでも、目の中にキラキラと光るものをたたえ、いろいろな経験と体験をしたことがうかがえました。

「解散」の号令とともに、一斉に母親たちのもとへ走ってくる子供たち。

はて? 娘は????

およ?およ?娘がいない…。

あれ? あれ? ほんとにいない???

どこ~?????

いろいろ探していたら、娘は私のもとへやって来ず、なんと鶏小屋へ直行していた。

今年、娘は飼育係で金管バンドの活動よりも、習い事のことよりも、大好きな読書よりも、

飼育係に夢中!!

特に、鶏のジャックが死んだ時は1日中暗い顔をしていたほど。。。。

それでも、4泊5日も合宿に行って、恋しかったのは私ではなく、鶏とは…。

トホホだわ…。

いや、親離れをしはじめた成長ととった方がいいのかな?

帰り道、学校の企画でサプライズで書いた「私から娘への手紙」の話になって、

「みんなお母さんからの手紙を読んで、ワンワン泣いていたよ。

私も泣いた」と言っていた娘。

小さい頃は「泣いたよ~」と大きな声で言っていた娘が、うつむいてちょっぴり恥ずかしそうに口元だけ緩めて

「泣いた」といった表情がとても可愛くみえた。

あぁ、こうして、いろいろな経験を積んで、子供って大人になっていくんだな~と思う。

ほんの少しの成長がうれしく、ちょっぴり切なくなった1日でした。。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


夕ご飯の時になってようやく、緊張がほぐれたのか、いろいろと話し始めてくれた娘。楽しい思い出をいっぱい作れてよかったね。泣いた話もまた聞かせて欲しいな☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


2010-09-24 (Fri) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
わんわんバスにのって (PHPにこにこえほん)わんわんバスにのって (PHPにこにこえほん)
(2008/09/10)
宇治 勲

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら5歳から
自分で読むなら小学校低学年~


ファンタスティックなお話かと思ったら、実はとても深いものを抱えている絵本でした。
犬が欲しかったゆうくんは、お昼寝で不思議な夢を見ました。
犬しか乗っていないわんわんバスに乗って、いろいろなところへ出かけた夢です。
犬たちとかけっこしたり、お肉を食べたり、大声で叫んだり…。バスではシロという犬ともともだちになったゆうくん。ところが、あるところで、ゆうくんとシロは「連れて行けない」とわんわんバスから降ろされてしまいます。目覚めたゆうくんが、夢の話をママにしていると、パパが帰ってきました。なんと、パパが抱えているのは、夢の中で出会ったシロ! 実は、パパは、捨てられた犬がいる施設の中でシロをもらってきたのです。そして、わんわんバスは雲の上へ…。
ゆうくんが見た夢は、死を目の前にした犬たちの、この世でしたかった願い。誰にも救われず、死へ向かう犬たちの天国を夢見る表情がたまりません。犬を飼いたい子供にオススメの一冊。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

只今、娘は山の家に合宿中。

今日は、登山のはずだったのに、雨…。

学校配信のメールによると、どうやら山の家でラリーをしたり、体育館でゲームをして過ごすそう。

せっかくの合宿なのに、とても残念です。

ところで、合宿の前に5年生になる娘たち女子は生理についての説明を受けたそうです。

4泊5日の合宿。いつもとは違う生活で始まってしまう子もいるのか…。

ということで、合宿直前にいちおう母親からのレクチャーもしました。

レクチャーと言っても、ナプキンの付け方とかなんだけどね。。。

生理用パンツも買ったり。なんだか、女の子を育てるのってちょっぴり嬉しいなぁと感じた瞬間でした。

女の子が大人になる準備の手助けをしてあげられるのは、母親ならではかな。

娘曰く、もうすでに生理が始まっている子もいるんだそう。

プールの時はどうするの?と聞いたら

我慢して入っているとのこと!!

え!?

我慢して、入ってる????

休んでいるのではなくて??

聞けば、担任が男性の場合、「生理なので…」と恥ずかしくて言えないそうなのだ。

休んだら、なんで休むねんと聞かれるのも嫌なんだそうだ。。

かわいそうに…。

いちいち聞くなよっと思っちゃいました。

娘はいつ始まるのかな?

私の時は、母はお赤飯も用意してくれずとてもさびしかった思い出があります。

娘の時にはちゃんと、お赤飯用意してあげようっと。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


いままでは生理ってすごく嫌なものだったのですが、最近、先が見えてきたせいか、ちょっぴり愛おしく思えるように。。。ずっと続くのは嫌だけど、なくなってしまうのはまたさびしいな。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2010-09-22 (Wed) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
おじいちゃんは106さい (えほんとなかよし)おじいちゃんは106さい (えほんとなかよし)
(1999/02)
松田 もとこ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら5歳から
自分で読むなら小学校低学年~


6歳の僕が106のひいひいおじいちゃんを通して命のつながりを見つめるお話。5世代9人で暮らす僕。ひいひいおじいちゃんとは100も違う。今は寝てばっかりのおじいちゃんだけど、昔はえらい人だったらしい。100まで生きるって大変なこと。いっぱい生きるってすごいんだ!と素直に僕が尊敬するシーンが印象的です。ある朝、息を引き取ったひいひいおじいちゃん。たくさんの子供や孫に囲まれて見送られるおじいちゃんを見て、僕は命のつながりを感じます。最後に描かれたおじいちゃんからの家系図は圧巻。ひとりの命からたくさんの命がつながっていることを実感できる。頂点にいるひいひいおじいちゃんを尊敬したくなる想いが自然と生まれます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

20日は敬老の日。

娘は金管バンドで地域のお年寄りの集まる会で演奏しました。

以前はユーフォニュームだった娘は、今は打楽器に挑戦中。

めざせ、「のだめ」のますみちゃんです。

敬老会では大太鼓の担当で、なかなか練習には参加できてなかったのに、

ちゃんと先生の指揮を見て、ダンダンとリズムをとれていたので安心しました。

娘が演奏するというので、日ごろ「わしは老人ではない!!」と豪語している78歳の父も敬老会に参加。

娘の演奏が終わり次第、最後まで残らずにとっとと帰宅したじいじでした。。。

今年の10月の誕生日でじいじは79歳。

今は中国に旅行に行ってます。

すごくアクティブで口も達者なじいじ。息子と気が合い、とっても仲良し。

いつまでも長生きして欲しいです。

母の分まで。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘は合宿、じいじは中国。仲良しメンバーが不在で息子は元気がありません。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。