07≪ 2010/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-26 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
わにわにのおおけが (幼児絵本シリーズ)わにわにのおおけが (幼児絵本シリーズ)
(2010/03/03)
小風さち

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


「わにわに」シリーズの一冊。今回はわにわににとんでもないハプニングが!
ちらかった部屋で紙とのりとハサミを見つけたわにわに。紙を切ったり、貼ったりして遊んでいたら…わにわには指を切ってしまいます。慌てて、薬を塗って、包帯を巻いて…。
最後にわにわにが作り上げたものは!?
リアルでちょっぴり怖いワニが主人公のこのシリーズ。その外見とは予想もつかないほど、おちゃめなわにわにの表情やしぐさがとても笑えます。特に、今回は指をきってしまった時の瞬間の表情がなんとも言えない面白さ。一見、子供受けしなさそうなのですが、このおちゃめなわにわにの面白さを子供はちゃんとつかんでいて、いつも喜んでくれる絵本です。言葉運びもリズム良く、スルッと読めるので小さい子にもオススメ。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

夏休み最後の週、8月18日にウェスティン都ホテル京都で開催されていたエコバッグ作りのイベントに参加しました。

自由研究が進んでいなくても、最後はこれでいいか…という甘い考えもあり、

子供たちを連れて行ってきました。

エコバッグ作りは主に、バッグのキャンバスに絵を描くというもの。。。

小学校5年生の娘には簡単すぎたかな?と思ったのですが、

できあがりはこちら↓

エコバッグ

バレエの「青い鳥」をモチーフにして、フェルトやキラキラペンを作ってデザインしたそう。

「わが子ながらも、すごくいい感じ~♪」

ホテルの方にも褒めてもらって御機嫌な娘でした。

今日、自由研究として学校に持っていったらと言ったのですが、

「学校に持っていったら汚されるし、やめとく」と娘。。。

えぇぇぇぇ??? 自由研究のためじゃないの? もったいなくなったの??


よっぽど大事なんだね~(*^_^*)


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子の作品はまた次回に!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




スポンサーサイト
2010-08-22 (Sun) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
3ぷんもまてないよ! (クローバーえほんシリーズ)3ぷんもまてないよ! (クローバーえほんシリーズ)
(2010/04)
土屋 富士夫

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


TVの画面でおじさんが宣伝しているのは、新発売のカップおはなし“やさしいワニくん”。
お湯を注いで3分待つと、お話が始まるみたいです。
ひでくんは、3分を待ち切れず、カップのふたを開けてしまいました。すると、出てきたのは、不機嫌そうなワニ。なんと、早く起こされるのが嫌なワニは、“やさしいワニくん”にはならず、“こわいワニくん”になって怖いお話をすることに決めてしまいます。一度始まると3分間お話は止められないカップおはなし。ひでくんは慌てて逃げます。お母さんに助けを求めても、振り向いたお母さんの顔はワニ!廊下はジャングルに変わり、川を泳いでワニがぐんぐんやってきます。トイレに逃げ込んでも便器がワニ!ベッドにもぐりこんだら、なんとそこはワニのお腹の中。ワニのお腹からなんとか飛び出したひでくんは、お話が終わっていることに気が付きます。するとそこへ現れたのが、TVに出ていたおじさん。「ご迷惑をかけたおわびに」と言ってひでくんにくれたのが、“スーパーやさしいワニくんとなかまたち”のカップおはなし。ひでくんは早速お湯を注ぎに行こうとしますが、ひでくんの後ろには…。
楽しくて、面白いお話なのですが、最後のページは「え!?」と背筋が凍るような展開に。
何が本当で何がお話の世界?と読者もカップおはなしの世界に引き込まれます。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


夏休み中、子供と一緒に「トイストーリー」を観に行ってきました。

子供が大きくなって、おもちゃとの別れが訪れる。

いつも一緒に寝ていたぬいぐるみ、どこへいくにも一緒だった人形、そばに置いてあるだけで安心していたおもちゃ。

でも大人になり、不要となった時…。

人はいらないと簡単に捨てているのですが、おもちゃの気持ちはとても悲しいもの。

自分はあの子にとって特別なものだったはずなのに、

いつも一緒だったのに、

捨てられてしまうの? もういらないの?

おもちゃたちの叫びに

不覚にも泣いてしまった私。

娘や息子にいつも部屋の片づけをしなさいと言って、「これはいる?」「これは捨ててもいい?」とゴミ袋を片手におもちゃをどんどん捨てていました。

「あ~、それまだ遊べるのに」という子供の言葉を聞いても

「でも、最近遊んでないよね」と言って、納得させて捨ててました。

自分が小さい頃に遊んでいた大切なぬいぐるみもつい最近、捨ててしまったばかり。

うさぎとたぬきのぬいぐるみは、共働きの両親に代わって、私の寂しさを紛らわせてくれた大切なものだったのに。。。。

きっと、彼(彼女)たちも映画のおもちゃのように、さびしくて悲しかったのかしら。。。。

そう思うと胸が苦しくなってしまいました。

映画の最後はとても心あたたまる結末に。

私もそうすれば良かったととても後悔しました。

せめて、子供たちのおもちゃは映画のラストシーンのようにおもちゃたちも満足できるようにしたいです。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子もトイストーリー3を見てウルウルしてました。感激屋だな~。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


2010-08-21 (Sat) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
こぶとりたろうこぶとりたろう
(2009/11/10)
たかどの ほうこ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら6歳~
自分で読むなら小学校低学年~


テストで悪い点数を取ってお母さんに叱られたたろう。「頭が固いから覚えられないんだよ。柔らかくしなくちゃ」と言われ、たろうは机に向かって勉強を始めました。算数、国語、理科、社会、何をやっても頭に入っていくたろう。そばで見ていた妹のちょん子はたろうの不思議な変化に気が付きます。たろうの頭にこぶが現れ、ぴくぴくと動くのです。しかも、こぶは4つあり、算数のこぶ、国語のこぶ、理科のこぶ、社会のこぶに分かれて、知識を詰め込むたびにふくれていくようです。困ったたろうは覚えたことを忘れようとしますが、そう簡単には忘れられません。思いだすことが復習となって、こぶは膨れ上がります。ちょん子がこぶとりじいさんの話を思い出し、鬼にこぶを取ってもらうことを提案します。そこで、ふたりは真夜中に森へ出かけ、鬼を探しに行くことにしました。すると、昔話の生き物だと思っていた鬼がいて、ふたりはびっくり。たろうは鬼たちのいるところへ転がって行ってしまい、鬼に交じって九九を歌い始めます。たろうを気に入った鬼たちは、昔話と同様、たろうのこぶを取ってしまいます。ところが、それ以来、たろうはまた勉強が苦手に。逆に鬼の子供たちはちょっと頭のいい子になってしまいます。
子供たちにとって、勉強がすいすい頭に入ってくるというのは夢のよう。でも、そこにはちゃんと落とし穴があって、勉強ができる方よりもこぶを取るほうを選んだ、たろう。勉強が苦手な子供にとって夢があり、昔話を絡ませた展開がユニークな絵本。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


夏休みの読書感想文に息子が選んだ本。

私は上のような感想だったのですが、息子は

「こぶがうごくところがおもしろかった」とだけ200字詰め原稿用紙に書いてました。

あとは空欄。

( ̄Д ̄;; あかんやろ。これでは。。。

夏休みの宿題の中で子供たちが一番苦労するのが、たぶん自由研究と読書感想文だと思う。

こういう私も小学生のころは読書感想文が一番嫌いだった。

理由は1、うまく書かなきゃいけないと思うと、何もかけなくなってしまう。

2、あらすじだけ書いてしまって怒られる

3、読んだ直後に書くのは面倒なので、1日経った後で書くと感想があたまに浮かばない。

4、第一、課題図書がちっとも楽しくない。つまらない感想しか持てなかった。こんな気持ちで書くのは憂鬱。

こんな感じ。

我が家の子供たちも同じようです。

で、今、ものを書く仕事をしている私。書くのが嫌いだった私がいつの間にか書くことで食べている。

運命とはおかしなものです。

で、こんな仕事をしていると、書く上でのテクニックがいろいろと身に付きます。

書くのはセンスもありますが、感想文は一番は慣れです。日ごろから文を書いていると感想文もすらすらと書けます。

次は自分の気持ちを素直に書くこと。上手に書こうと思うのは正解を求めているのですが、感想文に正解はありません。面白くなかったら、面白くなかったところを書けばOK。

そして、誰か(第三者)を少しだけ意識して書くこと。ひとりよがりな文章では、意味が伝わりません。

娘はその点、とても作文が得意なのですが、第三者を意識しすぎて

「とっても面白いから、読んでみて」というスタイルになってます。

読んでみてって。。。。。

注意するとすぐにむくれるので、なかなか注意できないのですが、

作文にはスタイルがあるので、それを守らなければなりません。

息子は文への壁を取り払うこと、娘にはスタイルを守らせること。読書感想文ではこの2つで苦労します。

夏休みもあと少し。ちゃんと宿題が完成しますように。。。。。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘が読書感想文に選んだ本は、獣の奏者。エリンの母が死ぬところが泣けたらしい。私も泣けた。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2010-08-20 (Fri) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
すみ鬼にげた (福音館創作童話シリーズ)すみ鬼にげた (福音館創作童話シリーズ)
(2009/11/04)
岩城範枝

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:歴史
読んであげるなら小学校低学年~
自分で読むなら小学校中学年~


物語の舞台は、江戸時代の唐招提寺。宮大工の見習いヤスが、修復の仕事をしている時、お堂のどこかで泣き声を聞く。探してみると、泣き声の主はお堂の四隅に据えつけられたすみ鬼の一体でした。日本の鬼とひと勝負したくて、遣唐使船に乗り込んだすみ鬼は、鑑真和上に見つかり、小さな鬼にされてしまったという。900年もの長きに渡り、屋根を支え、疫病や魔物からお堂を守ってきたというすみ鬼を哀れに思ったヤスは、解放してしまいます。小さな鬼はみるみる大きな姿へと変え、ヤスを連れて大木の森へ向かいました。森の奥の広場にいたのは、古来から日本にいるさまざまな鬼たち。すみ鬼が念願の勝負を挑み、見事に打ち負かします。ほかの鬼に見つかったヤスも亡き父が作ってくれたコマを見事に回し、鬼たちに一目置かれる存在に。やがて夜が明け、鬼たちが消え、すみ鬼とヤスも唐招提寺に戻ってくると、増長天率いる兵士たちに取り囲まれ、すみ鬼は捕まってしまいます。つぎの朝、ヤスがお堂の隅を見上げると、そこにはうれしげで笑いだしそうな顔をしたすみ鬼の姿が残っていました。
唐招提寺の金堂の四隅にいる木彫りの邪気をモデルに作成した絵本。作者・岩城範枝さんが平成大修理のため、東京の国立博物館で「唐招提寺展」が開かれた際、目にした4体の「すみ鬼」。特に、創建当初の檜で創られた3体は必死の形相だったのに比べ、江戸時代に松で作られた鬼はどこか力が抜けた表情で惹きつけられたそうです。今でも唐招提寺の金堂にはすみ鬼が軒裏にいて、この絵本のような表情のまま屋根を支えているそうです

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

はっと気がついたら、こちらは2か月も更新をさぼっていました。。。

アワアワ( ̄Д ̄;;

人間、サボりぐぜがつくとどんどんサボることが平気になってしまうのが怖い。。。

さて、この数か月いろいろなことがありました。(夏休みに入っているから当然か…)

小学校5年になる娘は

夏休み入ってすぐに金管バンドの発表会が。
金管発表会

サマースクールの後、わずかな時間でも練習に参加していた娘。よく頑張ったよ。

そして、今回、連絡係の役に当たってしまった私も何かと大変だった。。。。

翌日は、バレエの発表会に出演。
発表会

連日の練習に娘もよく耐え、発表会では幕物にも出演でき、よく頑張りました。

えぇ、それと同様に、バレエ教室の役についてしまった私もかなりハードでした。

今回は衣装がかりでしたので、次々と終わる演目ごとに衣装を集め、付属品をはずし、袋ごとに仕分け。

娘の晴れ姿をあまりゆっくり見ることができませんでした。。。。

娘は8月には塾の夏期講習やら、金管バンドの合宿に出かけ、バタバタとした前半を過ごし、

一方息子は毎日プールに通って、肌を小麦色ならぬこげ茶色に焼いてました。

私は毎日取材と原稿書きでバタバタ…。

そして、今日は住宅の子供会のボーリング大会。

役員をしている私はそれまでに景品やら、賞状やら集金やらに追われ、やっと今日大きな仕事をひとつ終えたという感じ。

はぁぁぁぁ、子供たちもしんどかったかもしれないが、私はそれ以上にしんどかった気がする。。。

それにしてもどうしてこんなに役が重なるのだろう…。

早く御役目を終えたいものです。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子は夜店で買ったカブトムシを育てて御満悦。ちゃんと卵産むかな~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。