04≪ 2009/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-27 (Wed) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
こびとづかん (cub label)こびとづかん (cub label)
(2006/05/01)
なばた としたか

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ある日、偶然、コビトを見つけた少年。じいじに貸してもらった「図鑑」を頼りに、少年は早速、コビトを探しに出かけました。「みんなのこびと」と同じ著者なばたとしたかさんの描く、コビトの話です。もちろん、今回も可愛いではなく、摩訶不思議で奇妙な姿のコビトがいっぱい登場します。小人の捕まえ方や小人の習性もきちんと描かれていて、笑えます。大人しい小人だけでなく、凶暴な小人もいて、少年の飼っている犬が襲われるシーンは…かなり恐怖を感じます。絵本の世界とはわかっていても、あまりに詳細に書かれているので、読後は何だか小人探しに出かけてみたくなっちゃいます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日、小学校で今年の図書ボランティアの集まりがありました。

今年は読み聞かせメンバーが新たに1名加わりました。

6月から読み聞かせの練習や本番がスタートする予定です。

私は「給食番長」を選書したいな~と思っています。この絵本、1年生にぴったりだしね~*


さて、娘&息子の整理整頓がちっとも進みません。。。。

昨日の夕方、きれいに片付けたはずなのに、今朝みてみると…

きたない子供部屋

こちらは息子。いったいどうやって教科書を広げるつもりなんだ????

きたない子供部屋

こちらは娘…。鼻をかんだ後のティッシュがそのまま、積み上げられ、女の子とは思えません( ̄Д ̄;;

私は、床にモノをおくのがいやなので、「床にモノを置くな!!」と言っていたら

机の上に積み上げればいいと勘違いしている子供たち。。。 ちがうだろ!!

今日、帰宅したら、片付けるように注意しなきゃ。

それにしても、自分できっちり片付けられるようになるのはいつになるんだろう…。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


特に散らかしようがひどい娘。「勝手に片付けといていい?」と聞くと、「あかん!!」と怒る。じゃぁ、早く片付けろよ~。せめてゴミはゴミ箱に入れてよ~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



スポンサーサイト
2009-05-21 (Thu) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
みんなのこびと (cub label)みんなのこびと (cub label)
(2007/01/31)
なばた としたか

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


小人というとどんな姿を想像しますか? 私は人間を縮小した小さな可愛らしい姿を想像します。多くの人もそんな小さな人間か、妖精や、ドワーフみたいな姿を想像するのではないでしょうか? でも、この絵本で描かれている小人はそんな可愛らしいイメージとはかけ離れた姿。どちらかというと、奇妙な姿の小人です。最初に登場するのは、ゴキブリに乗った小人。ゴキブリホイホイに捕まっている姿がなんとも哀れです。シノビイエコイトというこの小人は、家の中に生息し、夜中にテレビがピシッと鳴ったりするのも彼らの仕業らしいです。次に登場したのは、川で生息するオオヒレカワコビト。河童の正体とも言われているらしい。そのほか、セミを食べるセミグルメ、枝豆に寄生するナツノツマミなど、奇怪な小人たちがいっぱい登場します。全国の子供たちから寄せられた、小人発見の手紙をもとに、小人の博士が図解と解説をしてくれる内容です。キモ可愛い世界を楽しんでみたい人にオススメする絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

新型インフルエンザが流行している。

今日は、とうとう京都でも感染者が出たみたい。

しかも、10歳の男児。

娘と同じ年!? 小学生ということで、ちょっとどきっとした。

先日、学校のクラスでマスクしている人っているの?と息子と娘に聞いてみると、

娘「みんなしているよ」

息子「みんなしてる」

と、いう。

我が家ではマスクを買うのが出遅れてしまい、買いに走った時にはもうすでに遅し。

完売状態だった。。。。。。。。

ので、とりあえず、給食当番用のマスクをつけさせて、登校させている。

給食当番用のマスクとは、昔からあるガーゼのマスクのこと。

使い捨てじゃなくて、洗えるし、ちょうど給食当番でもあるから、いいか~、なんて気楽に思っていた。

が、


娘曰く「あんな、ママ。みんな、紙のマスクしたはんねん。私ぐらいなもんやで、布のマスクしているの。私も紙のマスクが欲しいな~」

息子曰く「ぼくも、紙のがいい~」

…買えへんねん。

ふたり「なんで~」

売ってないから!! (-公- )

みんなが買っちゃって、お店のマスクが全部なくなってんて!!!! (-公- )

それにしても、みなさんがしている紙のマスク、使い捨てにしているのでしょうか????

だとすれば、みなさんはどれぐらいのマスクを購入したのでしょうか????

う~ん。。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今日の息子の忘れ物。給食のお箸を持っていくのを忘れ、学校に水筒を置いてきた…。彼はいつになったら、忘れ物をなくせるのだろう。。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


2009-05-19 (Tue) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
三コ (日本傑作絵本シリーズ)三コ (日本傑作絵本シリーズ)
(1969/08)
斎藤 隆介

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:感動
読んであげるなら小学校低学年
自分で読むなら小学校中学年~


「花さき山」「もちもちのき」の斉藤隆介と滝平二郎さんのコンビで贈る、心に感動を与える絵本。三コは秋田の平野にずっと昔から生きている子。その山のように大きな体を見たものは誰もいなかったが、三コのやった仕事だけは目にすることはできた。例えば、きこりたちのために谷川にかけられた橋や百姓たちのためにつくられたため池など。そんなある日、三コの姿を見ることができたものがいる。オイダラ村のオンチャと呼ばれる次男坊や三男坊たちだ。彼らは跡取りでないために仕事がない。そんな彼らのために、三コは山に木を植え、きこりの仕事を作ってあげた。ところが、ある日、その山が山火事になる。どんどん燃え広がる山火事。このまま、火が広がれば、秋田の国は火の海になるかもしれない…というその瞬間、三コは山を抱きかかえて火を消そうとしがみついた。村人たちに最後の笑顔と「焼け跡にはまた木を植えろ」という言葉を残して…。
斉藤隆介の民話風の創作絵本。あとがきには次のような言葉が記されています。「八郎は水に入って死に、三コは火にかぶさって死ぬ。しかし、太く貫いて共通点はある。それは、八郎も三コも働く貧しい人々のために命を捧げて死ぬ巨人だということである。しかも、はにかみを知る心優しき巨人だということである。それが、私の、人間の理想像だ」と。「花さき山」で老婆が言った、「いいことをすれば花になる。命を捧げれば山になる」という言葉がよみがえり、山のように大きな命の尊さを深く思う。命を無駄にすることなく、誰かのために生きること。私たちが忘れがちなものがこの絵本には描かれています。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日のニュースで滝平二郎さんが16日になくなったことを知りました。コチラ

「モチモチの木」「花さき山」「ふき」「八郎」など数多くの名作を世に送り出してきた斉藤&滝平コンビ。

斉藤さんのけなげで力強い純粋なものたちの生き方を描いた作品に、滝平さんのどこかあたたかく、迫力に満ちた切り絵の挿絵が見事に調和し、見るものに深い感動を与えてくれます。

上の「三コ」の斉藤さんのあとがきの続きには、次のような滝平さんの仕事への情熱を感じさせる言葉が描かれています。

「この十年(1975年当時)、常に私の挿絵を書いてきてくれた滝平さんが、それを(三コ)をすばらしい絵本にしてくれた。前作「八郎」よりさらに一段の進境である。かいてはかき直し、かき直してはかき、私と編集者を二年待たせた。できばえは待ったかいがあった。インスタントばやりの当今、作者も画家も編集者も、こんなもどかしいような手間をかけたことに、私はひそやかな誇りを感じている」

このあとがきが書かれた時から30年以上の時が過ぎ、さらにモノつくりは時間短縮へと突き進んできています。

気の遠くなる作業を繰り返し、何度もやり直し、納得のいくまで手間をかけられた傑作。

絵を見ただけで心を打つものがあり、心に深く刻まれる印象。

そんな作品を創りあげることのできる人を失ったことが、とても悲しいです。



ご冥福をお祈りします。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


朝、ブルーベリージャムをいっぱいつけたパンを食べた息子の顔は、口のまわりが紫星人だった。。。そして、彼はそのまま、顔を洗わず登校した。ともだちからなんと言われたんだろう…☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2009-05-14 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
飼育係長―わんぱく小学校シリーズ〈2〉 (cub label)飼育係長―わんぱく小学校シリーズ〈2〉 (cub label)
(2008/02)
よしなが こうたく

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


むこう山動物園へ遠足で訪れた、わんぱく小学校の1年2組のみんな。山田園長が動物たちのふれあい方を優しく教えてくれるのですが、リーダーである番長をはじめ、クラスのみんなはなかなかエサをあげることができません。飼育係のまさおだけは上手に出来たので、みんなはまさおを見直します。ちょっぴり鼻高々のまさおですが、帰り道、リュックの中でモゾモゾ動くものが…! なんと、リュックから飛び出したのは、イノシシの子・うりぼう。そうとは知らず、まさおはシマ子ブタという珍しいブタだと言って、しまぷーと名づけ、学校で飼育することに。みんなにエサをたくさんもらって、飼育小屋でしまぷーを育てるまさお。夏休み中もずっと面倒を見て、大切に育てます。ところが、学校が始まって、番長たちはビックリ。なんと、しまぷーは可愛らしい姿から、恐ろしい姿のイノシシに成長していたのです。その日の放課後、しまぷーは小屋から逃げ出し、迷子になってしまいます。困ったまさおたちは、園長さんのところへ駆け込んで…。動物を飼うのは、エサをあげることだけが大切じゃなく、いろんな世話や気遣いが必要。動物のことを考えて飼わないと動物たちが辛いということを園長さんに教えてもらいます。最後はちょっぴり感動的なシーンで幕を閉じる展開に。よしながこうたくさんの描く、わんぱく小学校の物語シリーズ。今回は飼育係のまさおが主人公です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

最近、息子にほとほと手を焼いている私。

今日、息子の「れんらくのーと」には、「月曜日の漢字の宿題を提出していません。昨日、2回するように伝えたのですが、今日も忘れました」と書かれていた。。

ヽ(`д´;)/ナヌー

月曜日も火曜日も「漢字は? 宿題は?」と聞いても「今日はない」と答えていた息子。

学校から帰るなり、遊びに行って、帰ってきて算数のプリントだけやって、

「今日はおしまい」と言った息子に、

「終わりじゃない。ちゃんと先生がのーとに書いてはる! 漢字をしなさいっ」と言う。

何気なく、娘と息子の机などを掃除していると、隅っこの方から…

公文のまだやっていない宿題がわらわらと出てきた。。( ̄Д ̄;;

時間割りをさせると、教科書をなくしている息子。

今日は、自転車と寝室の電気を壊した息子。

結局、今まで、宿題をさせたり、教科書探しで、私も子供もヘトヘトに…。

何だか、今日(今日といわず最近)怒ってばかりいる。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


怒ってばかりいると、疲れるし、眉間にしわも寄るし、いいことないのに。。それでも、息子の困った出来事はなかなか解決しない☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2009-05-07 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
あいさつ団長 (cub label わんぱく小学校シリーズ 3)あいさつ団長 (cub label わんぱく小学校シリーズ 3)
(2008/07)
よしなが こうたく

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


1年2組に転校生がやってきました。サムソン君という外国人の男の子です。ちゃんと日本語で挨拶できたサムソン君はクラスの人気も急上昇。人気を奪われると思った番長たちは焦ります。特に、せいじは大好きなまどかちゃんまでサムソン君の方を向いてしまってがっかり。人気の理由は挨拶にあると思ったせいじたちは、あいさつ団を結成。声の大きさや派手さで勝負したせいじたちでしたが、結果はみんなに迷惑がられて…。
挨拶というのは人と人が仲良くなるための第一歩。大切なことは心がこもっていること。慣れない日本語で勇気を出して挨拶したサムソンの想いを番長たちが理解し、サムソン君とともだちになります。よしながこうたくさんが描く、1年2組の番長たちが繰り広げる楽しいお話シリーズ。今回はまどかちゃんを好きなせいじが挨拶団長として大活躍してくれます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日の5月5日、子供の日は宇治市にある、太陽が丘公園(京都府立山城総合運動公園)に行ってきました。

太陽が丘公園 (1)

生憎の曇り空でしたが、たくさんの家族連れで賑わってました(*≧m≦*)

我が家の子供たちも連休中にあまり出かけられなかったパワーを一気に炸裂!!

太陽が丘公園

壁があれば飛びつき、

野原を見れば走り回り、

アスレチックがあればよじ登り、

ロープがあれば…ターザンのようにぶら下がる…。

アッという間に姿を消す子供たちには

「待って、待って」というおとなしい声かけでは、通用せず

まてぇ~ヽ(`д´;)/

と言って、見失わないように追いかけ続ける私。

追いかける途中で息子が投げ捨てたリュックを拾い、

娘が落とした帽子を拾い、

ランニング&屈伸運動もどきをやり続けるはめに。。。

えぇ、私、今、とても筋肉痛に苦しんでます。。。(-公- )


あ、3日も経って、筋肉痛って…と思った人!! するどい!!

年とって、数日経ってから訪れる筋肉痛に、寂しさを感じている今日この頃です。。。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


帰りの車の中で子供たちは爆睡。私も睡魔に襲われそうになるのを、グッとこらえつつ、運転し続けました。ヘトヘトです。。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






2009-05-04 (Mon) | 絵本 | COM(4) | TB(0)
ルウとリンデン 旅とおるすばん (講談社の創作絵本)ルウとリンデン 旅とおるすばん (講談社の創作絵本)
(2008/09/30)
小手鞠 るい

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


世界一周の旅に出かけた女の子ルウ。黒猫のリンデンは、ルウから「いい子でお留守番していてね」と言われ、約束します。ページをめくると、上半分はルウが訪れた街の様子。下半分はリンデンのお留守番風景が描かれ、二人(一人と一匹)の時間が同時に流れていきます。お話はルウの気持ちを表現したものだけ。「いまごろ、ルウは何をしているのかな」と気になったり、蝶を見て「ぼくもルウのところまで飛んでいきたい」と思ったり。
だんだん寂しさが募ってきたリンデンは「ルウ! ぼくを見つけて。ぼく、ここにいるよ」と心の中で叫びます。その時の場面は、雨の中で傘をさすルウの姿。その傘の柄の部分、リンデンのしっぽに似ています。ルウの心にもリンデンに会いたいという想いが募ったのでしょうか?
女の子と猫のお話なのですが、何だかそれだけではないように思えてしまいます。男女の想い、親子の思い。愛がある関係に訪れる、ちょっと離れてみる期間と再び会いたくなる期間。そんなことを感じさせてくれる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

もうすっかり世の中はGW。

でも、我が家ではなんの予定もたててなくて、子供たちも一日中ブラブラしています。

ハァァァ、こんなことでいいのだろうか???

さて、明日は端午の節句なので、今日のおやつはかしわもちにしました。

かしわもち

おやつをのんびり子供たちと食べていたら、息子がポツリ…。

「ママ、なんで今年はこいのぼり飾らないの?」

ハッ(°▽°;)  わ・す・れ・て・た!!!

ひな祭りはワクワクして飾っていたくせに、こいのぼりを飾るのをすっかり忘れていた私。

明日は雨が降るかもしれないと天気予報で言っていたし、

もしかしたら、今年は飾らないままに終わっちゃう?

「飾りたい?」と息子に聞くと、

「うん」と答える息子。

( ̄Д ̄;;ごめんよ~。忘れてて。5月中はずっと飾ってあげるから許してね~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘は4年生になってからというもの、ず~っと遊んでばかり。。。これでもか、これでもかと毎日遊びまくっています。GW中もしっかりともだちと約束して、遊びまくってます。幸せなやっちゃ…。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。