09≪ 2008/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-30 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
14ひきのかぼちゃ14ひきのかぼちゃ
(1997/05)
いわむら かずお

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


いわむらかずおさんの14ひきのねずみシリーズ。
「これはかぼちゃの種。命のつぶだよ」とおじいさん。一家はかぼちゃの種を育てることにしました。
畑を耕し、一粒の種を大切に育てるねずみの一家。芽が出て、つるが育ち、花が咲き、そして結実。
ページをめくるたび、少しずつ大きくなるかぼちゃ。大きく実ったシーンはねずみたちの嬉しそうな様子が読者にも伝わってきます。
最後はいろいろなかぼちゃの料理がズラリと並ぶ、楽しそうなパーティー。
命が育っていく喜び、愛情を込めたものを家族みんなで味わう幸せ。大家族ならではの心あたたまるシーンも印象的です。子供たちに伝えたいぬくもりあふれるお話。
実りの秋にぴったりの絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


今日は小学校で読み聞かせの本番がありました。

演目は『やまんばと三人きょうだい (ともだちだいすき)』と『どきどきうんどうかい (ともだちだいすき)』。

どちらも紙芝居です。

「やまんば」の方は、お父さんとお母さんがやまんばに襲われた三人兄弟が知恵と勇気を出して、やまんばを倒すお話。
ちょっぴり、三枚のおふだに似たところもあるかな???

「どきどきうんどうかい」は、先日小学校で運動会があったので、タイムリーかなと思ってセレクトしたお話。運動会のかけっこの前のドキドキした気持ちを描いています。
クライマックスではお父さんが思わぬ行動に出ちゃうのもユニーク。

私はどちらのお話でも「お母さん役」でした。

子供たちもたくさん集まってくれて良かったな ヽ(´ー`)ノ

いつもは恥ずかしいのか、読み聞かせに来てくれない息子や娘もニコニコしながら来てくれました。

それにしても…

私がセリフを言った後で「あ、いまのママの声や!!」とつぶやく息子。

お話中はシー!!!!!だよ!



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


明日はハロウィン。晴れたらいいな~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



スポンサーサイト
2008-10-28 (Tue) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
コンビニエンス・ドロンパ (絵本・こどものひろば)コンビニエンス・ドロンパ (絵本・こどものひろば)
(2008/06)
富安 陽子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


キツネの旦那が開いたお店は、「コンビニエンス・ドロンパ」。そう、おばけのためのコンビニエンスストアです。のっぺらぼうの店長と骸骨のアルバイト、ひとだまシャンデリアなど、おばけの世界ならではの店構え。日用品だけでなく、雑誌や食べものなど品揃えも豊富です。もちろん、商品はすべておばけのためのもの。天狗のうちわや、河童の大好きなきゅーりのアイスなどユニークな商品もズラリ。オープンと同時に、続々とおばけのお客さんが訪れて、お店は大賑わいです。そして、夜…。のっぺらぼうの店長がうつらうつらといねむりをしていると、こそどろイタチが現れて…。
さぁ、どろぼうはどうなったのでしょうか? 活躍してくれる(?)のは、雪女。コンビニのある場所に潜んでいたのです。どこにいたのかはお分かりですよね。
行ってみたくなるけど、足がすくんでしまいそうなおばけのコンビニ。絵本で見る限りはとても楽しそうなお店です。細部も丁寧に描かれたイラストもユニークです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

去年に続き、今年も近所の子供たちを集めて、ハロウィンをしようと計画しています。

今回はちょっと人数も増えそうなので、ご近所MAPを作りました。

最初はパソコンを使って作成しようと思っていたのですが、

PCを開いてから…5分程度で挫折。

MAPをPCで作るのは初めてなので、手書きよりも手間がかかりそうだったので…。

結局、超アナログ的な手書きのMAPにしてみました。

尋ねていくお宅やルートを小学生でも分かるように書いたつもりだったのですが、

作ってみてから、????

住宅街なので、目印になるものが何もなく、知らない人が見たらまったく理解できない地図になってました。。。。

子供が見たら、余計わからなくなりそう。。。

すべてひらがなで書いたため、子供むきなわりには、子供には理解しずらい地図。

あぁ、大反省です。。。



頭では簡単だと思っていても、いざ実行してみると難しいことって多いですね。。。トホホ。

なんとか、31日のハロウィンが成功しますように…。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘の得意技…しっかり片付けてから、約30分でゴミ部屋にしてしまうこと。。。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ たまにはちゃんと片付けてくれ~。引き出しからプリント類があふれて出ていても平気ってどうよ!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング

2008-10-26 (Sun) | 絵本(外国の作家) | COM(1) | TB(0)
うごいちゃだめ!うごいちゃだめ!
(1996/03)
エリカ シルヴァマンS.D. シンドラー

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


あひるとがちょうがどちらがチャンピオンかを競います。泳ぎでも、高く飛ぶのもがちょうの方が上手。そこで、あひるが「うごいたら負け」競争をしようと提案しました。どんなことが起こっても、先にうごいた方が負けです。蜂が飛んできても、うさぎが来ても、カラスにつつかれても2匹はびくともせず、動きません。風に吹き飛ばされても、吹き飛ばされたまま微動だにしないあひるとがちょう。ところが、そんな時、キツネが現れて、2匹を捕まえてしまいました。2匹を料理しようと大なべに火をかけます。それでも、2匹は動きません。湯気があがる鍋へがちょうが入れられそうになっても、がちょうはそのまま。でも、あひるは…。
まぁ、なんて2匹とも意地っ張りというか、勇気があるというか、チャンピオンにかける情熱が熱いというか…。「動かない」競争は、読者をハラハラさせ、最後まで気が抜けない展開です。動きのない展開が続く中、負けを覚悟して、あひるががちょうを助けるシーンは、より鮮明に読者の心に印象深く残ります。静から動へ一気に物語が展開し、競争していた2匹の心に友情が芽生える瞬間は感動的。がちょうが言うように、本当のチャンピオンは負けを気にせず、勇気を出して友達を助けたあひるでしょう。最後のシチューを食べる2匹の様子が読者の心を和ませてくれます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

最近、暇さえあればDVDばかり借りて映画三昧の日々を送っています。

子供たちも映画を見るのが大好きなので、今日は3人でウエンツ君の『ゲゲゲの鬼太郎』を見ました。

ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディションゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション
(2007/10/26)
ウエンツ瑛士.井上真央

商品詳細を見る


ビデオ屋さんでは、ホラーコーナーに置いてあったので、心配だったのですが子供が見ても楽しめる内容でした ヽ(´ー`)ノ

私は話に夢中で気がつかなかったのですが、途中で娘が

男の子が妖狐から逃げる、機関車の置いてある場所を指して、

「ママ、これ、梅小路や!!」と。

「これ、京都やで!! この前、行ったもん」と。

へぇぇぇ!? そうか? ほんまか?

後で字幕をチェックしていたら、ほんまに撮影協力の部分で梅小路公園と載っていました。

この映画の撮影、京都で行われたんだ~と何だか嬉しくなりました。

さらに、娘が敏感に気づいてくれたことも嬉しかったな。

今まで、子供にはアニメや洋画を中心に見せていたのですが、

邦画だと身近な場所が撮影シーンとして登場することもあって、そんなことも子供たちにとっては新たな発見になるんだな~と実感。

さぁ、次はなに見ようかな~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


それにしても最近の邦画ってホラー系が多いな~。息子が何気なく手に取っていたのは「こっくりさん」。「そんなん見たらあかん。眠れへんで!!」と言ったのですが、息子はきょとんとして「こっくりさんって何?」。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2008-10-24 (Fri) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
おちばがおどる (いとうひろしの本)おちばがおどる (いとうひろしの本)
(2003/11)
いとう ひろし

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


落ち葉拾いも秋の楽しみのひとつ。この絵本では、落ち葉の妖精たちの楽しい様子をかわいらしく楽しく描かれています。最初はイラストだと思っていたのですが、よくよく見ると、妖精たちはすべて落ち葉のコラージュ。茶色だけの世界なのに、微妙な色の濃さで豊かな表情が創られています。文字数も少なく、小さな子供でも楽しめる内容になっています。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


我が家では、私が仕事で遅くなることもあるので、子供たちに鍵を渡しています。

実際、使うときはあまりないのですが、持ってくれていると私も子供たちも安心ということで、

常に持参してもらっています。

大切な鍵なので、なくさないように注意していたのですが、

とうとう息子がやっちゃいました。。。。

先日から鍵を持参していなかったので、おかしいな~と思っていたのですが、

尋ねてみると「机の中にある」「学校に忘れている」というので信じていたものの、

昨日、問いただすと「なくした…」と。。。

な・く・し・た!?

い・つ・か・ら!! ヽ(`д´;)/


息子は覚えてないと。。。

「公園かも」「学校かも」「あ、部屋の中かな~?」「スイミング教室かもしれない・・・」

そう言う度、公園や学校に探しに行き、部屋の中もひっくり返して探してみた。

習い事の教室には電話をかけ、聞いてみたり。。。



なかった。。。。

いったいどこになくしたんだよ~。

なくなったその日に教えろよ~。

どろぼうが入ってきたらどうするよ~。

っていうか、あんたこれからどうやって家に入るんだ????

まったく。。。。また、家の鍵を作らなきゃ…。

お風呂に入っている時、息子と約束をした。

「これから、失敗したり、何かをなくしたり、壊したりした時は必ずすぐに言ってね。なるべく早く言ってくれたほうが、早く解決するし、なくしたものでも見つかることも多いから」と。

( ̄Д ̄;;ハァァァ 鍵、どうするべ。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


それにしても、鍵をなくしたことをな~んとも思っていない息子。必死の形相で探している私の横でけん玉をしはじめた時は、さすがに雷を落としたぞ!! ☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2008-10-22 (Wed) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
かきやまぶし (狂言えほん 2)かきやまぶし (狂言えほん 2)
(2008/01)
内田 麟太郎

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


狂言の演目「柿山伏」をもとに作られた絵本。
「山伏ほど威張るものはいません。どうです。この顔つき」と書かれた最初のページには、いかつい山伏の顔が大きく描かれ、そのインパクトに圧倒されます。
常日頃はえらそうなことを言っている山伏が、おなかをすかせて、柿を盗み食いしていると…。柿泥棒退治にやってきた地主に見つかってしまいます。知ってて知らぬふりをしながら、山伏をからかう地主と、必死で自分をごまかそうとする掛け合いが面白い。カラスかな? さるかな? とからかう地主に、次々と動物の物まねで応える山伏。とうとう最後はトビだと言われ、飛んで腰を打ってしまいます。それでも威張る山伏をコテンパンにやっつけてしまう地主は天晴れ!
「飛びそうな」「ヒイ」「飛びそうな」「ヒイ」という掛け合いは、お馴染みの名台詞。読み聞かせをする際は、リズムをつけて読むと、躍動感あふれるお話になるはずです。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

夕食の準備をしていたら、息子がそばに寄ってきて、

「ぼく、すごいねん。すごいのできるねん」とニヤニヤ。

私「何がすごいの?」と聞くと、

「見ときや~」と言って、椅子に座り、足を広げて、足の指にびゅんびゅんごまをかけて、足でびゅんびゅんごまをまわし始めた。。。

その模様がこちら。

びゅんびゅんごま

わかります?

足を広げたり、縮めたりしてこまをまわしてます。

私「すごーい!! すごいやん!!」とちょっと関心してしまいました。

息子のこま回しのヒントになったのはこちらの絵本。

びゅんびゅんごまがまわったら


宮川ひろ作・林明子絵『びゅんびゅんごまがまわったら

私の大好きな絵本のひとつです。

そして、もうひとつ、今、息子を夢中にさせているもの。。。。

それはけん玉。四六時中けん玉ばかりやってます。

昨日は、なんと!!

布団の中にまで持ち込んで、けん玉を抱きかかえて寝ていました。

びゅんびゅんごまといい、けん玉といい、昭和の香りが漂う遊びが好きな息子です。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


けん玉は「もしもしかめよ~、かめさんよ~」の歌に合わせて、玉を皿に乗せれるほど上達!! 唯一、尖った部分に玉を入れることができないのが悔しいらしい。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2008-10-19 (Sun) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
おりのないどうぶつえんおりのないどうぶつえん
(2008/05)
アンドレ・ダーハン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ある日、ポールとさるのモンティが動物園にやってきました。自分と違って動物たちがおりの中に入っていることを不思議に思うモンティ。ポールがベンチで昼寝をしている隙に、モンティはいいことを思いつきます。動物たちにお面をつけさせ、おりから出してしまったのです。その次の日。自由になった動物たちはどうなったのでしょうか? 動物たちは自分たちの特徴を活かして、なんと大活躍。とうとう街の人々から感謝され、お面もおりもない自由な生活を楽しめるようになります。
優しいタッチのイラストで動物たちと共存するほのぼのとした世界を素敵に描いた絵本。
キリンの長い首を使った滑り台やゾウの鼻からシャボン玉が飛び出すなんて、子供にとっては夢のような世界。読むだけで心がほんわかとするお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は良く晴れたいいお天気でした。

こんないい天気の日は外で遊ぼう~ということで、梅小路公園に行ってきました。

梅小路公園は電車の公園。広々とした原っぱもあるし、ちょっとしたアスレチックもある無料で遊べるスポットです。

今日は、何かイベントもやっていたみたいで、お店やイベント体験コーナーもいろいろあって、

普段よりいっぱい楽しめました ヽ(´ー`)ノ

梅小路

こちらは公開されていた庭園。庭園を眺めながら、お抹茶とみたらしだんごが200円で食べれるサービスもやってました。

娘と息子は初めての抹茶の味に、「うへぇ~にが~」とギブ。

私はとっても美味しくいただきました。

次は広場のほうで、いろいろな体験コーナーにチャレンジ。

白バイ

京都府警の体験コーナーでは、パトカーや白バイに乗れるチャンスも!!

大型2種を持っていて、しかもいろいろな試験をパスしなければ乗れない白バイに乗れるなんて~♪

早速、娘と息子を乗せて、カメラでパシャパシャ!!

ほんとは私も乗りたかったんだけど…すっごく乗りたかったんだけど…子供たちがいっぱい並んでいたので断念しました。。

うぅ~(>_<。)

次に子供たちがチャレンジしたのは、和紙の紙すき体験。

木の繊維で作った和紙で絵葉書を作りました。

絵も自分たちで付けてみました。

紙すき体験


いろいろな体験コーナーに参加した後、広場で子供たちとバドミントン。

以前はまったく打ち返せなかった子供たちとちょっとでもラリーができるようになって、

久しぶりに楽しかったな~♪

と、ワイワイ楽しんでいたら…急に腹痛が…。

なぜか私、謎の下痢に襲われて、その後すっごく苦しむはめに。。。。

ごめんよ~娘、息子。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


それにしても、下痢って突然、襲ってくるから怖い!! 車で行っていたので、帰り道は何度も何度もトイレを探して駆け込むはめに…。ハァァァァ(>_<。)☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2008-10-16 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
これはジャックのたてたいえ (ほんやくえほん)これはジャックのたてたいえ (ほんやくえほん)
(2003/06)
シムズ タバック

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


「これはジャックのたてたいえ」から始まる積み上げ話。「ジャックのたてたいえに、しまってあったチーズ、を食べたネズミ…」というように、ページをめくるたび、どんどん話が広がって行きます。ユニークなイラストとお馴染みの動物たちが出てくる小さな家を舞台にしたおかしな話。見ているだけでも楽しくて、声に出して読むともっと楽しめる絵本です。16世紀のヘブライ語の遊び歌がもとになった、外国の子供たちに語り継がれている有名なお話。日本の積み上げ話では、谷川さんの「これはのみのぴこ」が人気。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は、娘と息子を連れて、コンテンポラリーダンスの体験教室に行ってきました。

バレエを習う話もあったのですが、ダンスにも興味があるので、知人に紹介してもらった教室で体験をして、

バレエかダンスかどちらを習いたいか、子供たちにも選んでもらおうと思ったのです。

先生は若い男の先生。とてもエネルギッシュなダンサーです。

最初はみんなと打ち解けられる雰囲気つくりのためか、鬼ごっこ。

娘も息子も初めてのお友達と一緒に、キャーキャー言いながら教室内を走る、走る、笑う、走る…。

ほんとうに楽しそうでした。

しばらく、鬼ごっこで遊んだ後は、ストレッチ。

バレエを習っている子はやはり体が柔軟。娘や息子はギシギシした動きです。

次は、振り付けを覚えて、簡単な動き。

左足、右足、左足、右足、左足を上げて、後ろにひっぱられるようにジャンプ!!

いとも簡単に、しなやかに踊る先生ですが、子供たちはついていくのに必死。

振りを覚えて、動かないからだを動かし、ジャンプ!!

ダンスと呼べるほどまではいかなかったものの、ダンス教室は子供たちにはとても楽しかったみたい。

ここは月謝制ではないので、私の仕事の都合で行けなくなってもブルーにならずに済むのが◎。

ただ、場所がめっちゃ遠いんだよな~。。。それがネックだ。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子はほんとにダンスが苦手なのかも。。。。動きがずれているというより、まったく違う動きをしていた。。。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ ちゃんと先生の動きをチェックしているのか~???☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2008-10-14 (Tue) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)
(1984/01)
林 明子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


小さな女の子・なほちゃんが大きい子たちと一緒に初めてキャンプに行くことになりました。最初、大きい子たちに反対されたなほちゃんですが、「重い荷物を自分で持つ」「絶対泣かない」「ごはんを炊くまきも集める」「くらくなっても怖がらない」「夜、ひとりでおしっこに行く」と約束し、連れて行ってもらうことに。キャンプ場までなほちゃんは重い荷物をちゃんと自分で運び、川でころんでも泣かず、大きな子もびっくりするぐらい立派なまきも集めます。小さいけれど、小さいなりに頑張るなほちゃんに、最初は煙たがっていた大きな子もだんだんなほちゃんを認めるように。そして、夜。おしっこに行きたくなったなほちゃんは、やっぱり心細くておばさんを起こそうとしますが…。
大きな子供たちに交じって、初めてキャンプで一夜を過ごすワクワクした気持ちや不安、勇気が爽やかに心あたたまる物語に仕上がっている作品。おばさんの甘えを許さず、でも温かく見守る姿勢は“大人らしさ”を感じさせてくれます。林明子さんの可愛らしい絵とほのぼのとしたストーリーは子供の心にキュンときます。本は厚めなのですが、文字がとても少ないのでスラッと読めるはず。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

昨日、娘と息子はじいじと一緒に山登りに行ってきました。

私は仕事がまだ片付かなかったので、家で原稿書きとお留守番。

一昨日、区民運動会に参加して、ちょっと体力的に大丈夫かな~と心配だったので、

じいじには、「下山したら携帯で連絡をちょうだいね。もし、4時30分過ぎても連絡なかったら、遭難したと思うから…」と告げて、登山口で見送った私。

みんないないから仕事はかどるや~…なんて思っていたら、大間違いだった。。。

お昼ごろには「ちゃんとご飯食べたかな?」

「蜂に刺されたりしていないだろうか?」

「じいじが怪我とかしていないかな?」

何だ、かんだと気になって、なかなか集中できない。。。

すると、2時過ぎにメールが。。。

「あと、30分ほどで下山。迎えに来て」と。。。

ホッとする反面、仕事が何にもはかどっていないことに愕然。。。

山登りをした子供たちは元気いっぱいだったそう。

息子はサルのように飛び跳ね、

一方の娘はのぼりはスイスイ、くだりは怖くて泣いていたのだとか。。。

連休中、いっぱいいっぱい遊んだ子供たちなのでありました。。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今日から新学期。娘の担任の先生も新しい先生に。思っていた以上に優しくて、ニコニコした先生だったので、娘も私も一安心。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング







2008-10-09 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
どうする どうする あなのなか(日本傑作絵本シリーズ) (日本傑作絵本シリーズ)どうする どうする あなのなか(日本傑作絵本シリーズ) (日本傑作絵本シリーズ)
(2008/06/19)
きむら ゆういち高畠 純

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


「あらしのよるに」では狼と羊、「ゆらゆらばしのうえで」ではきつねとうさぎ、そして今回の「どうするどうするあなのなか」。きむらゆういちさんの作品は、いずれも強者と弱者がともに命の危険がせまる究極の状態に陥った時に芽生える情を描いています。
物語は、3匹ののねずみが、2匹のはらぺこのやまねこに追いかけられているシーンから始まります。そして、はずみで深い穴の中へ落ちてしまったやまねことのねずみ。脱出不可能な空間で、やまねこはのねずみを食べようとしますが、「ぼくらを食べてもあんたたちもここから出られなければ飢え死にするよ」の一言で思いとどまります。そこで、やまねことのねずみは、脱出への方法をいろいろ考えます。やまねこが下になるとの先に外へ出たねずみが逃げるからダメ。のねずみが下で支え、やまねこを先に穴の外へ出すとのねずみが出た瞬間に食べられちゃうからダメ。あーだ、こーだと知恵を絞るのですが、なかなかいい方法が思い浮かびません。そして…。彼らは意外な方法で脱出できるのですが、結末がとてもユニーク。どんな方法で脱出できたのかは、絵本を読んでのお楽しみです。高畠さんの絵本を縦にして見るイラストは、穴の深さをよりリアルに表現し、物語をより面白く魅せてくれています。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


昨晩、子供たちが通う小学校で天体観測がありました。

夜、18時から20時まで。

前日まで、息子が「明日、天体観測あるし、行こうな。行こうな。」と言っていたにもかかわらず、

仕事が長引いて、すっかり忘れていた私。

帰宅時間も7時近かった。。。(;゚皿゚)

家に向かう途中で、近所のママ友とばったり会って、

「あれ、天体観測いかへんの?」と言われて思い出した私。

やばーい!! ヤバい、ヤバい。

急いで家に帰ると、息子はプンプン怒っていた。

じいじにも協力してもらって、夕食を作り、急いで食べる。

いつもダラダラ食事して、遅い息子がこの日は一番最初に「ご馳走様」が言えた!!

食後、娘と息子と私で急いで学校に向かう。

それが、午後7時40分。ギリギリセーフ。

真っ暗な運動場に置かれた天体望遠鏡。

何だかいつもの校庭とは違って、不思議な雰囲気。

日ごろ、明るいところで生活する時間が多いためか、1m先の人の顔もはっきりしないほどの暗闇は何だか不気味。

望遠鏡をのぞいてみたら…

日ごろは明るい丸のお月様が、凸凹クレーター顔の巨大な星に見えました。

すご~い!!

娘は覗いた瞬間、「ウワッ、気持ちわるっ」と。。。。( ̄Д ̄;;


息子は「な、なんやこれ!!」と。。。。Σ( ̄□ ̄)!

普段、見ることのできない月や星の姿を見て、興奮していました。


こんな素敵な演出を計画してくれた小学校の先生方に感謝、感謝。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


今日な~、国語の授業で“司会”してんで~、と自慢そうに報告してくれた息子。「へぇ~、司会って何したん?」と恥ずかしがりやの息子がどんな司会をしたのか興味津々で聞いてみたら、「ん?? あんましゃべらんと、人を当てただけ」。ん。それでも、シャイなあなたにしては大進歩やね。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2008-10-06 (Mon) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
ビロードのうさぎビロードのうさぎ
(2007/04)
マージェリィ W.ビアンコ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心あたたまる
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


クリスマスプレゼントとして男の子に贈られたビロードのうさぎ。値段の高いおもちゃや機械仕掛けのおもちゃたちが自分たちのことを自慢するなか、ビロードのうさぎは肩身の狭い思いをします。「ほんもののおもちゃになりたい」と願ううさぎに、一番古くてボロボロのウマが「ほんものというのは、作りや見た目ではなく、子供にとってほんとうに大切な存在になること」と教えてくれました。「子供部屋には時々、魔法が起こるんだ」そうウマがいうように、ある日、ビロードのうさぎに素敵なことが起こります。
男の子が寝る時に必要だったイヌのぬいぐるみが見当たらず、ビロードのうさぎにその役が回ってきたのです。この日から、男の子にとってうさぎは欠かせないおもちゃに。薄汚れても、ボロボロになっても、慈しんでくれる男の子。「ぼくはほんものになったんだ」とうさぎは幸せでした。ところが、男の子が病気になり、静養するため引越しをすることになりました。男の子が触ったおもちゃやシーツなどはすべて焼却される運命に。夜、庭の片隅で悲しさのあまりポロポロ涙を流すうさぎ。すると…子供部屋の魔法が起こります。
1922年に初版されて以来、世界中の子供たちを魅了してきたロングセラー本。今回は、優しいイラストを描く酒井駒子さんが訳と絵を手がけています。本当に愛されたぬいぐるみにだけ起こる『本物』への奇跡。ぬいぐるみを愛する子供たちに贈りたい一冊です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

小学校3年生になると勉強の難易度もUP。

次々と新しいことを学ばねばならない娘はかなりアップ、アップしている。。。

先日、「あまりのある割り算」でつまづき、私、担任の先生、公文の先生による集中特訓で、

ようやく「あまり」を理解した娘。

やっと、宿題もスムーズにこなせるな~と思っていたら…。

今度は国語でひっかかってしまった。

読書が大好きな娘は、比較的国語は得意だったのに、ひっかかってしまったのは辞書

※()に入る漢字を書きましょう
①「イン」()食
②「シュン」青()
③「カン」()想

などなど…。

大人なら、①は「インショク」だから、辞書で「インショク」を調べ、下に「食」があるものを探せばすぐに分かるのですが、

辞書に慣れていない娘は「ショク」から探し始めたり、「インショク」がどこにあるのかすら分からず、辞書と格闘…。

ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ そ、そんなところじゃないでしょ。

( ̄Д ̄;; 違う、違う。もっと後ろ!!

ヽ(`д´;)/ あ~行きすぎ、行きすぎ!!

(;゚皿゚) あ・い・う・え・おの順だよ。あ・い・う・え・お!!

すべての問題をやり終えるのに、1時間近くかかっちゃった。。。

これからは辞書を引く特訓を始めねば~(-公- )


娘の特訓、まだまだ続く…



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子の勉強はまだ「足し算」「引き算」。これから、繰り上がり、繰り下がりに入ったら、しんどくなりそうだ~。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2008-10-02 (Thu) | 絵本 | COM(5) | TB(0)
おこちゃんおこちゃん
(1996/02)
山本 容子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


版画家の山本容子さんの幼い頃のエピソードを綴った絵本。「ようこ」という名前を「よおこ」と聞いた著者が自分のことを「おこちゃん」と言ったのをきっかけに、「おこちゃん」と呼ばれるようになったのだとか。子犬が好きでいっぱい子犬を拾ってきたり、キューピー人形やおまんじゅうが大好きなおこちゃん。時には、お風呂でうんちをしちゃったり、家の中にありの行列を呼び込んだり…とんでもないこともしちゃうけど、お父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが驚かされつつも、温かく彼女を見守ってくれています。どこか懐かしくて、ユニークなおこちゃん一家。ほのぼのとした笑いを誘ってくれる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


宿題をホッポリ出して遊びに行った娘に

ちゃんと宿題やってから、遊びに行くって約束したじゃないっヽ(`д´;)/」と怒っていると、

RRRRRRと電話が…。仕事の電話だッ!!

「あ、もしもし、お世話になります。えぇ、えぇ、アハハ。大丈夫ですよ~」と仕事モードの声で電話に応え、

「じゃぁ、よろしくおねがいします」と電話を切った途端、娘が一言。


「ママ、今、私、とってもうまい俳句つくった」という。

「ん?? 何?」とちょっと不機嫌モードで答えると


おかあさん、電話の時には声変わる」だって。


お・み・ご・と~!!

何だか怒るのも忘れちゃったよ。。。

それを聞いた息子が

「ぼくもつくったで~。『おかあさん、トイレの時には叫んでる』。どうや!?」

Σ(゜□゜;) さ、叫んでないわ~!! 快便やわぁ~!! ばかたれッ!!


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


俳句っていうより、川柳か? たのむから、学校で発表するのだけはやめてくれ~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。