11≪ 2007/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-30 (Sun) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
まよなかのサーカス PHPにこにこえほんまよなかのサーカス PHPにこにこえほん
(2001/03)
おおはら ひでき、たなか ゆうこ 他

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


タイトルのある最初のページには、読みかけた絵本を胸元においたまま、ベッドでスヤスヤと眠る少年が描かれています。そして、次のページでは、その絵本がフクロウへと姿を変え、森へ飛び立つ様子が。
少年と同じように読者はフクロウに導かれるように、真夜中の不思議な世界へと誘われます。恐ろしい森を進み、少年がたどり着いたのは、キラキラと光る水晶のテント。テントの中では、不思議な魔法のサーカスが行われています。サーカスの最後に手品使いが呪文を唱えると、観客の姿がフクロウに変身。ところが、少年だけはニワトリの姿になってしまいました。ニワトリの少年の姿を見た観客たちは、ビックリ! 朝の到来とともに、フクロウたちは一斉に家へと飛び立ちます。そして、ベッドの中で目を覚ました少年。ところが、窓辺にはフクロウの羽が一枚落ちています。
夢か現実か…。不思議な世界の物語をファンタジックなイラストで魅せる絵本です。
幻想的で美しいイラストを見ているだけでも楽しめます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


最近読んだ本。

黒祠の島 (ノン・ノベル)黒祠の島 (ノン・ノベル)
(2001/02)
小野 不由美
商品詳細を見る


小野不由美のホラーはとっても面白い。何だか、ホラーのブラックホールにグングン引っ張られていくような、凄さがあるんです。
1度読み始めたら、止まらない。カッパえびせん並に魅力のある作品&作家です。


今、夢中で読んでいるのは

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)
(2001/11)
山崎 豊子

商品詳細を見る


つい先日、日航のスチュワーデスたちが抗議しているニュースがあって、それをきっかけに何となく手にとって読み始めたのですが…。さすが、山崎豊子! グイグイ読ませてくれます。
「白い巨塔」にしても、「華麗なる一族」にしても、企業や医療などの隠された暗い部分を、緻密な取材を重ねてドラマティックに書き上げていくのがとてもうまい。
こちらもJALの暗い裏側をガッツリ見せてくれています。
今はまだ2巻の途中なのですが、次が気になってしょうがないです。。

で、こちらは娘と取り合いながら読んでいるもの

名探偵コナン (Volume55)名探偵コナン (Volume55)
(2006/09/15)
青山 剛昌

商品詳細を見る


名探偵コナンシリーズ。お正月用に図書館で何冊か借りてきました。
娘が読んでいるのを、ちょっと拝借しているうちに、自分も夢中になってしまった。。。
まぁ、いいか。。。。



今日は、子供たちの掃除は…洗濯物をたたむこと。

とてもきれいにたたんでくれたのですが。。。。。

箪笥へのしまい方が不味かった…。

すべてが団子状態になっていた。。。。

まぁ、頑張ったから◎としよう★

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘と一緒に同じ漫画を読むのも、何だか楽しいな。ポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング








スポンサーサイト
2007-12-29 (Sat) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
かさぶたってどんなぶた―あそぶことば (絵本かがやけ詩)かさぶたってどんなぶた―あそぶことば (絵本かがやけ詩)
(2007/09)
不明

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


楽しい楽しい言葉遊びがいっぱい詰まった絵本です。スズキコージさんの描く、おもちゃ箱をひっくり返したような奇想天外なイラストが、それぞれのユニークな詩を盛り上げてくれます。
最初に登場するのは、ねじめ正一さんの「あいうえおにぎり」。五十音を使って、子供も大好きな料理名が登場します。
次は谷川俊太郎さんの「おならうた」。いもくってぶ、くりくってぼ…。おならのさまざまな音がリズミカルに展開し、自然と笑いがこみ上げます。次は、有馬敲さんの「せみ」。せみの鳴き声をこんな風にとらえるなんて…すごい!!
ページをめくるたびに、楽しさが倍増する作品集です。笑いたい時、楽しい気分になりたい時にオススメ!

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

昨日の夜は、ほぼ徹夜で年賀状の印刷をしていました。

年賀状は友達用や仕事用、親戚用など数パターンのデザインを用意しなくちゃいけないので、

とっても手間がかかる~。

その上、今年は子供用も用意しなくちゃいけなかったので、めんどくさ~( ̄Д ̄;;

自分用のものには、印刷と同時に一言を書き添えて、

子供たちには今朝、書いてもらいました。

で、息子が書いた年賀状の一つがコレ。

息子の年賀状


左上に書いてあるのは、ねずみなんだそう。

左下のは鏡餅。

でも、手書きの年賀状ってなんだか温かいね。

子供のは特に、そう感じちゃいます。

最近は年賀の挨拶もメールが多いそうですね。

でも、やっぱりハガキの方が味があって私は好きですね。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘の年賀状は可愛いイラストがてんこ盛り!! 誰宛なのかな~と思ってみたら、先生宛だった( ̄Д ̄;;☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2007-12-28 (Fri) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
トゥートとパドルだからきみがだいすきトゥートとパドルだからきみがだいすき
(2007/09)
ホリー・ホビー

商品詳細を見る
(2007/09)
みやにし たつや
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


トゥートとパドルのお話シリーズ。オパールちゃんのクラスに転校してきた女の子バブルズちゃんのお話。女の子の友情や微妙な憧れなどを「まねる」行為を通じて、描いています。転校生のバブルズは、かしこくてかわいいクラスの人気者のオパールちゃんにいつもくっついていました。そして、そのうち、オパールちゃんの服や工作のアイデアを真似するように。バブルズにとって憧れの存在だったオパールなのに、いつの間にかオパール以上に注目を集め、人気者になってしまうバブルズ。オパールの親友のダフネはカンカンに怒ってしまいます。「人まねばかりのおさるさんで、先生のお気に入りで、その上クラスの人気者なんて、聞いたことがないわ」と。すべて真似されてしまいそうに思えたオパールでしたが、意外なところで意外な事実に気づきます。そう、服装やアイデアやセンスなどは真似できるのですが、どうしても真似できないこともあるんですよね。自信をなくしそうだったオパールが生き生きと輝く姿が印象的です。
オパールを取り巻く友人たちの言葉がとてもリアル。そうそう、こういう子っているよね、こんな風に励ましてくれる友達もいるいる…。母親なら、きっと小学校時代を思い出すようなエピソードになっているんじゃないかな? 物語は9月から始まり、ハロウィーン、感謝祭、クリスマス、バレンタイン…とキリスト教のイベントが次々と描かれているのも魅力です。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


今日は久しぶりに温泉(スーパー銭湯みたいなとこ)に行ってきた(≧∇≦)

いつもなら、ジイジ&息子、私&娘と男女に別れるのだけど、

今日は息子も一緒に女湯へ。。。

息子は「おんなちゃうのに…」と嫌がっていたけど、肌の薬も塗らないといけなかったので、半ば強引に…。

体を洗って、さぁ、お風呂へ。

ジェットバスやスチーム風呂などいろいろあるので、一つひとつ楽しみたいと思っていたのに…。

ジェットバスへ行こうとしたら、

息子「ブクブク、いやや」

スチームバスへ行こうとしたら

息子「なんか、怖いし、いや」

( ̄Д ̄;; 臆病ものめっ!!

しまいには、娘におんぶされて、グジグジ言っていた…。

ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ もっといろいろトライしてみなよ~!!


風呂から上がって、帰る途中、脱衣所に忘れ物をした息子。

ちょっと冒険させようと、「ちゃんと自分で係りの人に『忘れ物をしたので、取りに行かせてください』って言ってごらん」と促した。

すると…かぶっていた帽子をニギニギしながら

息子は「忘れ物…」と蚊の泣くような声で。。。

係りの人は勘違いしちゃって
「あぁ、この帽子、忘れ物であったのね。ありがとう」だって!!

違う、違う!!

結局、私が言い直して、忘れ物を取りに行くことだけチャレンジした息子。

うぅ~、もっと勇気を出して行動できるようになってほしいな~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


人見知りがとっても強い息子。家では暴れん坊なのに、そのギャップに目が点になっちゃいます☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


2007-12-25 (Tue) | クリスマスの絵本 | COM(3) | TB(0)
こびとのくつや (絵本・グリム童話)こびとのくつや (絵本・グリム童話)
(2001/10)
矢川 澄子、荒井 良二 他

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


まずしい靴屋の夫婦がいました。手元には、あと一足分の皮しか残っていません。
翌日、縫い上げるつもりで、その晩眠りについたのですが、あら不思議。朝、起きてみると、靴がちゃんと出来上がっています。しかも、とても見事なできばえで!
その靴はお客さんがとても気に入ってくれて、お金をたくさんくれたので、2足分の皮を仕入れることができました。ところが、翌日も、その翌日も、朝起きると靴が仕上がっています。
靴屋はだんだんいい暮らしができるようになりました。「いったいだれが手伝ってくれているんだろう」。クリスマスが近づいたある晩、靴屋の夫婦はそれを確かめます。すると…。
グリム童話の有名な小人の靴屋の再話です。
1足分が2足分に…と少しずつ豊かになって来る様子や、実は小人が助けてくれていたこと、その小人へお礼に洋服をプレゼントしたことなど、心あたたまる内容のお話はクリスマスにぴったりの物語。最後は、小人の助けに頼り切らず、ちゃんと自分たちでやっていこうとする夫婦の姿も素敵です。
心が淋しくなりがちな今の世の中、子供たちにぜひ読んであげて欲しい一冊です。荒井良二さんのイラストもファンタジックなお話によく似合ってます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

昨晩、子供に絵本を読み聞かせてそのまま寝入ってしまった私。。。。

本来なら、こっそりおきて、例のお仕事をせねばならなかったのに…


起きたのは6時40分…。


娘が起きる20分前だ~。。。。。ヤバッヤバッ!!

急いで、旦那が送ってくれたプレゼントをわさわさと用意して、ソーッと枕元へ…。

その後、じっと台所で気配をうかがっていると…


コソッ(たぶん、起きた…)

パラパラ(たぶん、包装をやぶく音)

ん!! (たぶん、嬉しい声!!)

ドンドン(たぶん、娘が息子を起こす音)

「や~、や~」(たぶん、息子がまだ寝たがっているぐずり声)

ドンドン、ドンドン(たぶん、娘が無理やり起こそうとしている音)

「ギャー!!(泣)」(たぶん、息子が切れた…)

その後、しばらく、バタバタがあって、1時間後ぐらいにおきてきた。。。


サンタにもらったのは…息子はルービックキューブ。娘は占いカード。

すっごく喜んでいた(≧∇≦) ホッ

で、パパ&ママからのプレゼントとして

ボードゲーム

ボードゲームをプレゼント。

いや~、単に、私が遊びたかったんだ。ダイヤモンドゲームやオセロがしたくて。。。アハハ(≧∇≦)

そして、そして、ママのお友達からだよ~と、今朝、子供たちにプレゼントしたものがコチラ↓

プレゼント


メインブログでもあたたかなコメントを下さるなる様が贈ってくれた児童書とポケモングッズ!!

この児童書はなる様のお友達のジィ様のお友達が書かれた物。

ジイ様のご紹介文はコチラ

おでんがやってくるおでんがやってくる
(2007/11/25)
井中 薫

商品詳細を見る


こちらも、子供たちはキャーキャー言って喜んでました。

娘は児童書の方に夢中になって、息子はポケモングッズに夢中。。。

なる様、ジイ様、ありがとう★

おでんの本は後ほどご紹介させていただきます★

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


あぁ~、もうクリスマスツリー片付けなきゃ~( ̄Д ̄;; あっと言う間にクリスマスが過ぎて、お正月だね~。バタバタは続く~。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






2007-12-23 (Sun) | クリスマスの絵本 | COM(2) | TB(0)
わんぱくだんのクリスマスわんぱくだんのクリスマス
(2005/11)
末崎 茂樹、ゆきの ゆみこ 他

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


明日はクリスマス。わんぱくだんのけん、ひろし、くみはクリスマスツリーを飾り付けるのに大忙しです。
ところが、そのうち三人が「サンタがいる」「いない」で大喧嘩に。すると「サンタクロースはちゃんといますよ」と声がして、赤い服を着た猫が登場。三人をサンタクロースのいるところへ案内してくれることに。三人が目にしたサンタクロースはとても小さな小さなおじいさんでした。「最近の子供たちはサンタクロースを信じてくれない」とため息をつくたび、小さくなっていくサンタさん。どうやら、サンタクロースは子供の笑い声を聞いたり、サンタクロースを信じて待っていることを知ると大きくなって元気がでてくるようです。。。
物語はわんぱくだんの三人がサンタクロースや不思議な猫とともに、イブの活躍を体験するという展開になってます。
注意しなくてはいけないのは、サンタを信じていないわんぱくだんの一人のセリフが「あれはパパがくれるんだぜ。サンタなんかいるわけないもん」とある点。
もし、サンタ=パパとも疑問に思ってなくて、サンタの存在そのものを信じている子供が読むとショックを受けるかもしれません。
子供が「サンタはパパなの?」とちょっぴり疑問を持ち始めた時に読むのがぴったりな絵本です。
最後はサンタはちゃんといると納得できるようなお話になってます。
一度、親が目を通してから子供に読み聞かせるのがベターです。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

最近、高騰している灯油を少しでも節約しようと、7年ぶりにこたつを出した我が家。

子供がハイハイをするようになってから、コタツからホットカーペットへとシフトしていたものの、

今年から復活!!

子供たちにとっては、ほぼ初めてのコタツ。

案の状というか、恐れていた通りというか、コタツはすでに子供たちにとってヤドカリ状態になっている。。。

宿題するのも、TVを観るのも、おやつを食べるのも、すべてコタツで~( ̄Д ̄;;

「ちょっとは外で遊んで来たら?」

「いい。ここがいい」とふたりともコタツから離れず…。





そういう私もすでにヤドカリ状態なんだけどね。。。。



あぁ~、コタツってなぜか抜け出せない魔力があるのよね~。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


連休なのに、どこへも行かず。コタツでゴロゴロの1日でした。 ポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2007-12-22 (Sat) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
しろくまオント サンタクロースにあいにいくしろくまオント サンタクロースにあいにいく
(1998/10)
アルカディオ ロバト

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ある日、しろくまのオントはサンタクロースの赤い帽子を拾いました。
北極のサンタクロースに届けようとすると、きつねやふくろうが「子供はサンタクロースを見ちゃいけないんだよ」と反対します。しかし、オントは「もう 子供じゃないもん」と言って、サンタに会いに行くことにしました。
北極にはおばあさんがいてオントを優しく迎えてくれました。どうやら、おばあさんはサンタさんの秘密を知っているようです。子供が見てはいけないというサンタの秘密って?
最後にオントはサンタの正体を知ります。サンタ探しの冒険を通じて、オントがちょっぴり成長したことが読者にも伝わるラストシーンです。
サンタの正体というと、親にとってはドキッとする内容ですが、この作品は大丈夫。夢を壊さない物語に仕上がっています。安心して子供と一緒に読める絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は娘の友達を招いて、ケーキ作りをして楽しみました。

クリスマスパーティー


子供たち用のテーブルの上は、こんな飾りつけで。

ケーキ作りと言っても、市販のロールケーキに生クリームやお菓子などで飾りつけをするんです。

こんな風に~(≧∇≦)
クリスマスパーティー  ケーキ作ってるところ


女の子チーム2名と男の子チーム2名でトライしてみました。

大人は一切手を出さず、やり方だけ教えてあげて。

生クリームの泡立てから仕上げまで、すべて子供たちがしてくれました。

その作品がコレ。

女の子は↓
クリスマスパーティー 女の子たち作


ラブリー♪な雰囲気のケーキに仕上げてくれました。

男の子たちは↓
クリスマスパーティー  おとこのこ作 


ビビッドな色をたくさん使って、ダイナミックな感じのケーキになりました。

みんなすごく楽しんでやってくれたので◎!!

ケーキも美味しかったですよ~。

1個のロールケーキを6等分して、男の子と女の子の2種類をいただくことにしました。

1個目は奪い合いだったのですが、2個目になるとなぜかクールダウンした子供たち。

私&友人「え~、もういらないの???」と聞くと、

子供たち「だって、甘ったるいやん…」

………( ̄Д ̄;; 甘ったるい……

そんな言葉を使う子供がいようとは!!

いやいや、確かに甘すぎではあるのだが…。

私と友人曰く「きっと、普段から子供たちに甘いものをあまり食べさせていないせいだね~」

「甘いものに対する免疫ができてないんだよ…」

「っていうか、もっと普段からお菓子与えろって感じ?」

「いやいや、ヘルシー路線で、まぁ、いいかってことにしよう」

その後は紅茶でお口をさっぱりと潤しましたとさ。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


超お手軽&リーズナブルなこのケーキデコレーション。子供たちと一緒に楽しむのにもってこいです。ポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2007-12-20 (Thu) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
サンタクロースのふくろのなかサンタクロースのふくろのなか
(2006/10)
安野 光雅
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


「ふしぎなえ」で有名な安野さんのイラスト絵本。お話よりも安野さんの絵を楽しむ絵本です。最初の扉は眠っているサンタさんの袋をのぞこうとしている子供たちのイラスト。
ところが、ページをめくると不思議な世界へ誘われます。「何でもいいから、まず好きなものを描きました」と書かれているように、ここは安野さんのイマジネーションの世界。安野さん独特の一見統一性がないように見えて、実はつながりがあるふんわりと包み込むような「空想の地図」が生まれてくる過程を描いています。はじめは、思いつくままの下書き、そしてページをめくるごとに色が鮮明になり、追加されたイラストで空間が埋め尽くされていきます。最後はもうお祭り騒ぎのような賑やかさ。最後のトナカイへの言葉が意味不明に思われる方は、表紙と背表紙を広げてみてみましょう。サンタの袋をのぞいている子供たちの脇で、バレないようにトナカイに目隠しする構図が浮かび上がります。そして、もう一度、最初のページをめくる…。安野さんはこの絵本で、全ページを使っての「ふしぎな世界」を創ったのです。サンタは安野さん。安野さんはサンタとして…。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は娘の小学校で読み聞かせの本番がありました。

先日からお話しているように、お題は「雪の女王」の紙芝居です。

こんな感じです(≧∇≦)
雪の女王


休み時間のベルが鳴って、次々と1年生や2年生が集まってきてくれました(≧∇≦)

娘もニコニコしながらやってきました。

「ママが何の役をやるのか当ててみてね」と伝えました。

お話が結構長い上、場面がコロコロ変わるので、子供たちが集中してみてくれるか心配でしたが、

ちゃんと静かに聴いてくれて良かった(*´∀`)ノ

読み聞かせが終わった後、娘に聞いたら、

「ママは“さんぞくの娘役”やろ。すぐ分かったで~」と、大当たり。

どんなに声色を変えても、子供ってすぐに分かるんですね(≧∇≦)


読み聞かせの後、メンバーの一人が手作りのケーキを持ってきてくれました。

こんな気遣いができる人ってとても素敵!!

今日は結構、朝早くからのスタートだったのに、チャッチャッとりんごのケーキまで焼く余裕があるというのがすごいです。

レシピもしっかり教えてもらいました。

レシピ/りんごのケーキ
①ホットケーキミックス200gに牛乳150㏄と卵1個を加えて、混ぜ合わせる。
②リンゴを一口大にカットして電子レンジでチンして柔らかくする。
③フライパンにバター40gとグラニュー糖(大さじ7~8)を入れ、バターが溶けたら柔らかくしたリンゴを入れて炒める。
④上から①を流しいれ、蓋をして火が通るまで焼く。
ホットケーキ100gなら量は半分だそうです。


で、美味しいケーキを堪能していたら、まさか(゚Д゚)!! の電話が入ったのです…。

続きは「京女のハマリゴト」で~★


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


忍び寄る恐怖にガクガクと怯えていますヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ  ポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2007-12-19 (Wed) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
ロビンの赤いベスト ロビンの赤いベスト
ジャン フィアンリー (1999/11)
評論社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心温まる
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


あと七日経ったらクリスマス。コマドリのロビンは七枚のベストを洗濯したり、アイロンをかけたり大忙し。ところが、お気に入りのベストを着て出かけると、寒くて凍える動物たちに出会い、ベストを譲ってしまうロビン。一日に一枚ずつあげてしまったロビンは、雪降るイブの夜にとうとう寒くて倒れてしまいました。そこへ通りがかったサンタさんがロビンを見つけて助けてくれます。勇気のあるロビンのために、サンタさんがプレゼントしてくれたのは、真っ赤な魔法のベストでした。
小さなコマドリの友達を想う気持ち、勇気、そしてサンタさんの温かな愛情がたっぷり感じられる絵本。
クリスマス絵本にぴったりのお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は小学校にて個人面談がありました。

教室の前まで来ると、誰も待っていない…。

ん? もしかして、トップバッターかしら???

教室へ入ると、まさに、一番目でした。。。一番最初って何故か緊張しちゃうもんだね~。

先生が差し出す成績表を見ると…

国語はまぁ、合格♪

が、

算数には…「もう少し」が!!

娘は今、ちょうど九九を習っているのですが、どうやら「もう少し」は九九の文章問題でひっかかっているらしい。

掛け算&足し算、引き算のような複雑な計算を必要とする問題でつまづいているようです。

先生に具体例を出していただくと

「30円の飴を5個買いました。20円のガムを4個買いました。ぜんぶ買うとしたらいくらかかるでしょう」

のような問題。

単純な「5×6+4=」という計算は問題ないのですが、

上のように数字だけでなく、単位がからんでくるとダメらしい。

これはもう、実践あるのみ!! 買い物させながら計算させよう!! と心の中で誓いました。

忘れ物や片付けはだいぶ改善されてきたみたい。

学校生活では、思いっきり楽しく遊んでいるみたい。

「お子さんは、毎日ほんとうに遅くまで遊んでいらっしゃいますよ」とニコニコして言われちゃった。

最近の子は、塾をはじめとして習い事が多く、また学童に通っている子も多いため、放課後残って遊んでいる子は、昔と比べてあまりいないらしい。

うちの子はその数少ないうちの常連さんだ。

仲良く楽しく学校生活を送ってくれることが何よりです。

そうそう、国語が良かった理由の一つとして、やっぱり読書量が多いことが影響しているみたいです。

読書って大事なんですね。

娘が1年生から綴っている絵本日記。これは宝物になりそうです。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


明日は絵本の読み聞かせの本番です。ポチポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング









2007-12-17 (Mon) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
おててがつめたくなりますよ おててがつめたくなりますよ
シンディ ゼッカーズ、トニー ジョンストン 他 (1986/12)
評論社
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


クリスマスの前の週、雪がちらほら降り始めると子ギツネたちは雪遊びをしたくてたまりません。でも、おばあちゃんがいいます。「おててがつめたくなりますよ」と。
日が進むごとにだんだん雪もたくさん降るようになって、子ギツネたちも外で遊びたくてしょうがない様子。おばあちゃんは編み物をしながら「おててがつめたくなりますよ」と注意します。
そして、クリスマスにおばあちゃんがプレゼントしてくれたものは…。
そう、一生懸命編んだ子ギツネたちの手袋!! 喜んで手袋をはめて、待ちにまった雪遊びを楽しむ子ギツネたち。
おばあちゃんの言葉が子ギツネたちを想う優しい気持ちにあふれています。普通なら「ダメ!!」と言ってしまうところを、「おててがつめたくなりますよ」とやんわりと制しているのも素敵です。
何と言っても子ギツネたちのイラストが可愛い。心が温まる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日、やっと息子の目の上の絆創膏がとれました。

それまで洗顔も洗髪もNGだった息子。

きっと我慢の限界だったのでしょう。

「これで、顔洗えるねんな~。やっと顔洗えるねんな~。(≧∇≦)」と嬉しそうでした。

顔と言っているのは、実は一昨日、洗髪してしまったんです。お医者さんにNGを出されていたのにも関わらず。

顔はいつもガーゼで拭いてあげているものの、髪の毛だけは洗えなかった息子。

さすがに一昨日は限界が訪れたようで、かゆいかゆいを連発していました。

ちょっとかわいそうだったので、美容室のようなスタイルなら洗えるかも…と思って実験してみたのです。

美容室のような洗髪台はないので、膝の上に息子が横たわる仰向けスタイルで。

顔に水がかからないように、タオルをかぶせて。

何とか無事洗髪を行うことができました。

よっぽど気持ちよかったらしく、

昨日、娘が「あんな、ママ。昨日の晩、●●(息子の名前)ちゃん、頭洗ったやろ。寝る前に小さい声で『気持ちいいな~。頭洗ったら気持ちいいな~』ってつぶやきながら寝ていたで」と教えてくれました。

よっぽど、気持ちよかったんや!! (≧∇≦)

で、今日、絆創膏が取れて、お風呂でジャブジャブ顔を洗って、上からガンガンシャワーで流しながら頭を洗ったら、

息子「こんな気持ちええの初めてや!!」と・・・。

良かったね~。気持ちよくなって。

私も、チャッチャッと子供たちの体を洗うことができて楽チンだよ~。

もう、怪我だけはしないでくれ~。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


何だかググーンと下がってしまいました。。。ポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2007-12-15 (Sat) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
くろうまブランキー くろうまブランキー
伊東 三郎、堀内 誠一 他 (1967/11)
福音館書店
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


真っ黒な馬のブランキーは、いじわるな雇い主にこき使われながらも、一生懸命働きます。家を建てるため重い石を運んでも、完成した家にはブランキーの居場所はありませんでした。年をとって以前のように荷物を運べなくなったブランキー。怒った主人が力いっぱいたたいたため、動けなくなってしまいます。その日はちょうどクリスマス。夜になっても起き上がることができないブランキーのそばにサンタクロースが空から舞い降りて、優しく撫でてくれました。そして、サンタクロースに仕事を手伝ってほしいと頼まれます。銀のそりは天の道を軽やかに滑り、空は広くてとても開放的。サンタクロースの温かな愛に包まれブランキーは幸せに過ごせるように…。
聖なる夜にふさわしいお話です。
サンタクロースが神様のようで、温かな慈悲の心が読者に伝わってくるようです。
フランスのフレネ学校の共同創作を原作としたクリスマスにふさわしい作品。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

冬休みも近いからか、娘が学校からいろいろな作品を持って帰ってきています。

昨日はこんな作品を持って帰ってきました。

娘作絵本


学校で作った絵本です。

娘の作品はうさぎときつねの物語でした。

帰ってくるなり、「ママ~、見てみて~、ほらほら、すごいやろ~」と嬉しそうな顔で見せる娘。

こんな時、

「もっと丁寧に字を書いたら」とか「字が間違っているよ」なんて言ったら、娘は臍を曲げてしまうので、

「すごいね~、頑張ったね~」と思いっきり褒めてあげました(≧∇≦)

絵本の内容


お話は、うさぎときつねが仲良く遊ぶという、起承転結には程遠い内容でしたが、

それでも読める内容には仕上がっているのでちょっぴり感心。

一生懸命作ったものはどんなものであっても素晴らしいものです。

褒められることで、作ることの達成感や喜びを感じてくれたらいいな~と思っています。

さぁ、次はどんな作品を持ち帰ってくれるのか…楽しみだな~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


来週は友達呼んで、クリスマスを祝おうと思っています。ちょっぴりワクワク。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2007-12-13 (Thu) | クリスマスの絵本 | COM(2) | TB(0)
めいろのえほん サンタさんがんばって (講談社の創作絵本)めいろのえほん サンタさんがんばって (講談社の創作絵本)
(2005/10)
奥野 涼子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


クリスマスイブの夜。サンタさんはプレゼントを配り終わって、帰宅してみると…。プレゼントを配っていなかった子供たちからの手紙が届けられました。さぁ、急いで今日中にプレゼントを届けなくっちゃ! ところがサンタが出かけた先は迷路ばかり。子供と一緒にお話を読み進めながら、迷路を楽しむ絵本です。ページの端に書かれたヒントをもとに、さまざまな迷路に挑戦してみてください。中には、かなり難しいものもあるので、親子で楽しむのにピッタリです。
クリスマスプレゼントにも◎。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は娘の小学校の絵本の読み聞かせの会の打ち合わせがありました。

今年最後の読み聞かせは、来週することに。

読む物語は『雪の女王』です。

私は、ゲルダがカイを探しに行く途中で出会う、山賊の娘役になりました。

ちょっぴり男の子っぽい女の子の役なので、読む声や読み方に工夫が要りそうです。(´Д`;)

  


さて、息子が帰ってきた時、驚かされたこと!!

なんと、ズボンがビリビリに破けていました。

ちょうど、お尻のところの縫い目が裂けている感じ。

(゚Д゚)な、何したら、こんな風にビリビリになっちゃうの~!!

息子曰く

「なんかしらんけどな~(※「何か知らんけど」とは息子が悪いことをしてしまった時に良く使う常套句)、気がついたらやぶけてたぁ。エヘ(≧∇≦)」

「エヘ」じゃな~~~い! ヽ(`д´;)/

どうすんだよ~、明日も幼稚園あるんだよ~。

ズボン履いていかないわけにはいかないじゃん!!

というわけで、今夜も夜なべになりそうです。(´Д`;)


仕事の徹夜が終わったら、子供の用事でまた徹夜…。

母は辛いよ。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


本日、ようやくクリスマスの飾りつけを完了しました。ハッと気づくと、クリスマス。そんでいつの間にか正月を迎える準備が迫っているんですね~。あぁ師走~って忙しい☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング








2007-12-11 (Tue) | クリスマスの絵本 | COM(4) | TB(0)
クリスマスはきみといっしょに―トゥートとパドルクリスマスはきみといっしょに―トゥートとパドル
(2001/11)
ホリー ホビー
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


最初のページにはトゥートからパドルへ宛てた手紙が。スコットランドに旅行中のトゥートはクリスマスには帰るという内容です。ページをめくると、場面はパドルのおうちに。クリスマスまではあと3日。忙しそうなパドル様子と次第にクリスマスの支度が進んでいく様子が描かれていきます。ところが、一方、トゥールは、なんと大吹雪に見舞われて、なんとかボストンには到着したものの、バスも電車もストップ。無事にパドルの家に着けるかどうか怪しくなってきました。
温かなクリスマスのムードが漂うパドルの家と、寒そうなトゥートの様子が対照的に描かれていてユニーク。24日の晩、トゥートが雪の中を進んでいくと親切で優しいおじいさんに出会います。そして、無事、パドルの家へ。読者はもちろん、この親切な人は誰だか気づくでしょう。クリスマスイブに贈る可愛い2匹の豚のお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

月曜、火曜と行われた息子の幼稚園での音楽発表会。

音楽発表会


息子のクラスの曲名はZARDの「負けないで」。

最初は全員ピアニカで演奏し、

次に数名が大太鼓や小太鼓、木琴などの楽器に変わって、大々的な演奏に。

そして、

ふとした瞬間に、視線がぶつかる」の部分から全員が肩を組んで合唱に。

特に

負けないでもう少し 最後まで走り抜けて どんなに離れてても …」の部分は

幼稚園最後の音楽発表会、前日に起こった息子の怪我、家で何度も練習していた息子の様子などが重なって、ウルウルきちゃったよ。。。

次のクラスは

杉本竜一さんの「BELIEVE」。

この歌詞もまたすごく良くて、園児たちの一生懸命な姿と重なって、感動してしまいました。

園児たちが必死で先生の指揮を見つめる姿を見ていると、

彼らが100%先生を信じてついてきたひたむきさが伝わってきます。

母親たちが大勢集まる舞台の上で、緊張感でいっぱいになりつつも、

先生を信じ、クラスの仲間を信じて、今まで積み重ねてきた練習を一生懸命披露してくれる姿は、

見ているだけで胸が熱くなりました。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子は怪我をして以来、毎日、病院へ消毒に通っています。息子はだんだん慣れてきて、怖がらなくなったけど、私は毎日の病院通いでヘトヘト…☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング










2007-12-09 (Sun) | クリスマスの絵本 | COM(0) | TB(0)
いちばんすてきなクリスマスいちばんすてきなクリスマス
(2006/10)
チェン チーユエン
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心温まるお話
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ちいさいくまくんのお父さんは失業中。子供たちのプレゼントを買うお金もありません。
おかあさんは古くなった服を再利用して手作りの飾りを作り、お兄さんとお姉さんは窓の飾りつけをしました。そして、お父さんは、拾った木の枝を組み立て、小麦粉をふりかけてクリスマスツリーを作りました。そして、クリスマスの朝。ツリーの下には5つのプレゼントが。箱の中には、真新しいものではなく、その人がとても必要としていたものばかり。無くしてしまったお気に入りの傘や帽子、壊れてしまった凧、汚れていたグローブがちゃんと手入れされて再び持ち主のもとへ戻ってきたのです。どんなプレゼントよりも心が温かくなる贈物ばかり。誰がプレゼントを運んできてくれたのかは、一番最後のページを見ればピーンときます。
サンタさんの正体が分かったら、もう一度最初のページへ。「大好きなお父さんへ」と書かれたフレーズの意味、各ページのイラストにはちゃんとサンタの正体が分かるようなヒントが隠されています。大好きなお父さんを想うちいさなくまくんの気持ちが伝わってくるはずです。「賢者の贈物」のような心あたたまるお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

最近、仕事で忙しく、延び延びにしていたクリスマスの飾りつけを、今日やっと済ませることができました。

いつもは、家のあっちも、こっちも、トイレもイルミネーションをつけたりして、ちょっと大々的にするのですが、今年は小規模に。。。。

後片付けが面倒なので…というのが理由なんですが。。。

それでも、クリスマスが近づくと何だかワクワク。。

子供たちにはどんなプレゼントを用意しようか、ケーキはどうしようか、考えるだけでもウキウキしちゃいます。

ケーキは手作りで…といつも思うのですが、師走の忙しさに負けて、最近は怠け気味~。

今年も何だか危うい予感がするな~。

でも、デコレーションだけでもちょっと凝りたいな~と思っていたら、

とっても素敵なアイデアを見つけちゃいました。

実はこれ。先日、ちょっと取材した先で見かけたクリスマスのケーキのトッピング。

サンタさん


かわいいでしょ~♪

苺と生クリームとチョコでこんなに可愛いサンタのトッピングができちゃうんですよ~。

もう、このアイデア、いただきぃ~♪

お弁当でも試してみたいなぁ。ミニトマトとうずらの玉子でサンタさんができちゃうかも☆

作ったら、メインブログでUPします~♪


子供と一緒に作っても楽しそうですね~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


息子の音楽発表会は明日なのに…目に怪我しちゃって痛々しい姿に…。詳細はメインブログにて~。( ̄Д ̄;; それこそ、「負けないで」だね。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






2007-12-06 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
ふしぎなキャンディーやさん (新しいえほん)ふしぎなキャンディーやさん (新しいえほん)
(2007/09)
みやにし たつや
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



ある日、ブタくんが森の中を歩いていると、たぬきのおじさんが店員の不思議なキャンディー屋さんをみつけました。
黄色のキャンディーをなめると力持ちに、青いキャンディーをなめるとライオンの声に、緑のキャンディーは透明に、赤いキャンディーはなんとオオカミに変身することができるのです。キャンディーがなくなると効き目もなくなってしまうのですが、すっかりキャンディーが気に入ったブタくんは赤と緑のキャンディーを買います。たぬきのおじさんは困った時になめるようにと白いキャンディーもおまけにくれました。さぁ、赤いキャンディーでオオカミに変身したブタくん。森の中の動物たちを脅かしながら歩いていると、本物のオオカミに出会ってしまいました。しかも、連れて行かれたのはオオカミのまち!周り中はオオカミだらけです。そして、オオカミたちが「何だかブタのにおいがする」と騒ぎ出し…。ブタくん危機一髪!! さぁ、絶対絶命のブタくんがどうなったのかは絵本を読んでのお楽しみです。
みやにしたつやさんのとってもユニークなお話。読者も不思議な力をもてるキャンディーが欲しくなってしまうはず。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日の午前中は娘の小学校へ、絵本の読み聞かせの会へ行ってきました。

前回の「ぬーくぬく」のペープサートが好評で、2年生や3年生にもう一度、「食育」というテーマで実施して欲しいと図書の先生から依頼もあり、

その実施日の検討と反省会、そして今月の本選びをしました。

「ぬーくぬく」の再演は、2月の読書週間にすることにし、

今月の読み聞かせの本は「雪の女王」に決定しました。

私にとっては「雪の女王」のカイとゲルダの話はとても馴染みのあるお話だったのですが、

意外にも知らない人が多くて驚きました。

みんなで試し読みをして、内容を確認したのですが、

「雪の女王」を聞いていて、ふと思ったことが。。。

「雪の女王」のストーリーって何となく、「ナルニア国物語」に似てますね。(って私だけ?)

いやぁ、ストーリーを聞いていて、ふと「ナルニア国物語」を思い出しただけなのですが…。


来週は役決めをします。




さて、もうすぐクリスマスですね。街はクリスマスカラーで一色。近所にもチラホライルミネーションを飾るお宅が増えてきました。

いつもは早々とクリスマスの飾りつけをする我が家なのですが、今年はまだ…( ̄Д ̄;;

忙しくて、飾りつけをする間がありません。

子供たちからは、早くして~!!と言われているんですがね~( ̄Д ̄;;

この日曜日に掃除と飾りつけを一気に済まそうと計画中…。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


娘がとっても嬉しそうに「ママ~今日の給食、何やったと思う??」「何?何?」「ビビンバ!! すごいやろ~♪」 すごいな~。ビビンバ、私の大好物じゃん。いいな~、私も給食食べたいよ。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2007-12-04 (Tue) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
ぼくとちびちゃんぼくとちびちゃん
(2003/03)
江口 夏実

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


ちびちゃんの1歳のお誕生日にプレゼントされたぱんだくん。物語はこのぱんだくんの視点で展開します。寝るときも、遊ぶ時も小さい頃はいつもちびちゃんと一緒だったぱんだくん。ちびちゃんが成長するにつれ、ぱんだくんとちびちゃんには距離ができるように。やがて、ちびちゃんが大人になって、そして嫁いでいき、ぱんだくんは押入れへ。ぱんだくんが寂しくてたまらなくなったある日、押入れが開いて、ちびちゃんの顔が。ぱんだくんはちびちゃんが大人になり、自分が必要でないことを悟ります。でも、その瞬間、ちびちゃんの後ろから、可愛らしい女の子が顔を見せてくれました。母から子へ、受け継がれる愛情。物語はぱんだくんを通して「愛情」の連鎖を想像させてくれます。
この絵本は高校3年生の夏美さんが、「愛」というテーマ作ったそうです。自分が子供の頃に大切にしていたものを、自分の子供に使ってもらえたら…それはとても幸せなことですね。絵本の最後には、作者の母・江口雪枝さんのメッセージが添えられています。子育てとは「自分が大切だと思うことを伝える」、その言葉にジーンと胸が熱くなりました。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日、「世界まる見え!テレビ特捜部」を子供たちと見ていたら、「スーパーナニー」のお話が放送されていた。

双子姉妹をはじめ、双子が3組。6人の子どもを育てる家庭のトラブルを解決するために、ナニーが訪問するという話。

何かとトラブルを引き起こす、この双子姉妹は実は養子。

姉妹は心の中にためていた不安や不満を上手く伝えられなくて、問題行動に出てしまっていたようです。

ナニーは子供たちや両親の間に入って、見事に家族を一つにまとめてくれます。

中でも印象に残ったのがナニーの言った言葉。

「親子の関係や、他人と関わっていく上で、幼い頃から
『話し合いや気持ちを伝えることの大切さ』を学ばせるのが重要。
そして、それを教えることこそ、親のつとめなのよ」


そうだ、まさに、その通り。

最近、仕事が忙しくて、ゆっくり子供たちと会話もしないで、ガミガミ怒ってばかりいた私。

「早くしなさい」

「何しているの!!」

「片付けなさい!!」

「いいかげんにしなさい!!」

考えてみれば、一方通行の言葉ばかりだった。。。

お風呂に入って、子供たちとちょっと話合ってみた。

今、ママが忙しい理由。

お手伝いをして欲しいという気持ち

そして、イライラしてごめんねと。

ちゃんと話せば、子供たちは理解してくれた。。

分かってないのは私の方だったのね。。。。。

明日もちゃんと笑顔でおはようって言えるように、頑張ろうっと。



それにしてもナニーっていいね。日本にはないのかな?


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 書評フェアにも掲載されました(*´∀`)ノ


私のメインブログです↓ 
バナー


息子の音楽発表会の演目は「負けないで」。どんな時も口ずさんでいる息子が可愛い。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。