09≪ 2007/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-31 (Wed) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
しつれいですが、魔女さんですか (魔女のえほんシリーズ)しつれいですが、魔女さんですか (魔女のえほんシリーズ)
(2003/10/22)
エミリー・ホーン

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


黒猫は不吉。町の人からそう思われている黒猫のハーバードは友達もいなくて孤独な日々を過ごしていました。ある日、ハーバードは図書館で「魔女の百科事典」を見つけます。黒猫が魔女にとても愛される動物だと書かれているのを読み、ハーバードは魔女を探しにでかけます。本に書かれていた魔女の特徴をもとに、ハーバードはいろいろな人に声をかけます。
「しつれいですが、魔女さんですか?」と。
ちょっと躊躇しながら、丁寧な言葉で話しかけるハーバードの姿がとてもいじらしく思えます。ところが、話かける人々は魔女とは違い、ハーバードはがっかり。邪険にされて、ハーバードの心が沈みます。小さな黒猫がさらに体を小さくさせて、人々に話しかける様子がとても可愛らしく、読者もハーバードを応援したくなります。
そして、再び図書館に帰ってきたハーバードは素敵な出会いをすることになります。
魔法学校の魔女たちに出会ったハーバードの嬉しそうで照れた表情がなんとも言えません。このシーンを見て、私はハリーポッターが自分が魔法使いだと知って喜ぶ場面とちょっと似ているかもと思いました。
不遇な人生が魔女に出会って、幸せになる…ハーバードとハリーポッターには共通点があるようです。
ハリーポッターファンもそうでない人も十分楽しめる作品です。可愛らしいイラストも魅力的。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!



今日は、先日から企画していた近所の子供たちを集めてハロウィンイベントをやりました。

我が家の仮装はこーんな感じ。

仮装している娘

お菓子の数を数えている娘。。。。。

計8件の家庭が参加してくれて、子供たちは14名も集まってくれました。

最初は恥しがって、なかなか「お菓子ちょうだい」が言えなかった子供たちですが、

2~3件まわると、だんだんのってくれてきて、

大声で「お菓子ちょうだい」と言える様に。

我が家で用意したのはこんなお菓子。
お菓子

お菓子


各家庭、負担にならない程度のお菓子を用意してもらいました。

ちょっと失敗しちゃったのは、我が家では子供たち自ら取ってもらうスタイルにしていたのですが、14人が一気に集まっちゃうと大混雑。

他のお宅のように、個別包装にすれば良かったと反省してます。

来年からはそうしようっと。。。(*´∀`)ノ

総勢14名の仮装した子供たちが歩く姿はほんとにかわいかったです。(*´∀`)ノ

全員集合


来年もまたしようね!!と子供たち&お母さんたちにも大好評でした(*´∀`)ノ


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


来年はもっと件数が増えそうな予感…。普段あまり話さないお母さん方とも親しくなれて良かったデス☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






スポンサーサイト
2007-10-30 (Tue) | 絵本 | COM(0) | TB(0)

ハコちゃんのはこ

ハコちゃんのはこ (レインボーえほん 14)
(2007/09)
竹下 文子

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい&可愛い
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


猫鍋という動画が流行っていますが、この絵本も箱とか狭いところが大好きな猫の習性を可愛く表現した絵本です。
ハコちゃんは猫です。箱が好きな猫だからその名前。ビールの箱に頭から突っ込んだり、生クリームを顔につけてケーキの箱から可愛らしくのぞいていたり、ティッシュの箱に入ろうといたずらしていたり…。丸い箱に入ると丸くなって、四角い箱に入ると四角く(!)なっちゃうハコちゃん。押入れも箪笥もハコちゃんにとっては箱になります。入れるものはすべて「箱」。つまり、部屋も「箱」なら、家も「箱」。家の中の部屋の中の小さな箱の中に入っているハコちゃんにとっては、自分はいくつもの箱の中に入っている気分なのです。
子供も猫と同じように、ちょっと狭いところや箱が大好き。ダンボール1つあれば、子供は中に入って、お家ごっこをしたり、車のように動かしたりして、想像力を働かせて自由に遊びます。家の中にある自分だけの小さなスペースは、守られている共有空間の中にある、自分だけが占有できる心地良い空間。お母さんの声が聞こえる安心感に包まれながら、自分だけの空間で遊ぶのはとてもワクワクする楽しさがあります。ページをめくるたびに可愛い姿を見せてくれるハコちゃんに、子供も大人も魅せられてしまいます。絵本を読んだ後に一緒にダンボール遊びをしたくなっちゃいます。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


娘が学校の芋ほりで持って帰ってきたお芋!

めっちゃデカイ!!

一回、包丁を入れただけでは切れません。。。。

芋


手のひら大ぐらいあります。。。

芋


今日はこの芋でジイジが大学芋を作ってくれました。(画像はなし…)

何だかいつもと違って、とても美味しかったよ~(≧∇≦)

素材が美味しいと料理の美味しさが変わる~と実感しました。

私が「美味しい、美味しい」と食べていると、

「な、私が掘ったお芋は美味しいやろ~♪」ととってもご自慢。。。

横で聞いていた息子が

「ぼくのお芋は美味しくなかったん?」とちょっぴり淋しげにポツリ。

(´Д`;)そんなことないよ~、美味しいよ~とフォローすると

娘「じゃぁ、どっちが美味しい?」

息子「どっちの方が美味しい?」

………「どっちも!!」


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


昨日製作したあるものは、メインブログで紹介しています~。あ~しんどかった。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2007-10-29 (Mon) | 絵本 | COM(1) | TB(0)
まじょのくつ (おはなしのほん)まじょのくつ (おはなしのほん)
(2005/04)
さとう めぐみ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


まさかこんなことになるなんて…。魔女が脱いだ靴をきっかけにアレよアレよととんでもない方向へ話が展開してしまう楽しいお話。
小川に落ちた帽子を取ろうと靴を脱いだ魔女。ちょっと先の尖った魔女らしい靴を子牛が見つけて、何気なく頭へ…。あら不思議、靴は子牛の角になってしまいます。子牛が自分の体を触ると、これまた不思議! おなかの白い模様が外れて、強そうな黒牛へ変身してしまいました。次にやってきたのはたぬき。子牛の脱いだ白い模様を体にあてると、あら不思議。たぬきがパンダに変身してしまいます。代わりに取れたのは、たぬきのしっぽ。そして、そのしっぽを手にしたのはいぬ。動物たちは次々に変身するのですが、話は困った展開に。黒牛になった子牛を闘牛士が、パンダになったたぬきをどろぼうが捕まえようと追いかけてきます。何より困ったのは靴をなくした魔女。どうなるかは絵本を読んでのお楽しみです。
魔女が出てくるのに、物語では呪文らしい呪文は登場しません。その代わりに、魔女の持ち物が不思議な力を持っているように描かれているのがユニーク。
最後はすっきり&ニッコリできる結末になっています。
子供たちも「楽しかった」と言ってくれる作品です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


先日、北山ハロウィンに行った時、雑貨屋さんで見つけた乳歯ケース。

つい2日前も、娘が「抜けた、抜けた」と喜んで見せてくれた乳歯を

うっかり無くしてしまった私。。。。。

そろそろ息子の歯も生えかわり始めているので、ふたりの歯がごちゃまぜにならないためにも、

私が無くさないためにも、

ちゃんとした乳歯ケースを買わなきゃと思っていたんです。

雑貨屋さんで見つけた時には「コレ! コレ!」と大声をあげてしまったほど嬉しかったな。

その乳歯ケースがコチラ↓

乳歯ケース


青が息子でピンクが娘。

こんな風に乳歯を大切にしまっておけます。

一応、ネットで調べたら、売ってました。


 【乳歯のおうち】  かわいい小さな乳歯入れ -MILK TOOTH HOLDER-【乳歯のおうち】かわいい...




TOOTH HOLDERって言うのね。知らなかったわ。

それにしても可愛い入れ物です。(≧∇≦)

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


31日は近所でハロウィンイベントを計画中。只今、ある物を製作中…☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング






2007-10-28 (Sun) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)まじょのかんづめ (こどものとも傑作集)
(1999/04)
佐々木 マキ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


女の子と犬が森へ遊びに行くと、以前にはなかった小さな家が建っていました。そっと中へ入ってみると変な彫刻があって、台所からは「たすけてくれえ」という声が! 声のする方を探してみると、それは缶詰から聞こえてくるのでした。
女の子が缶詰をあけてみると、中から飛び出してきたのは、ゾウやクマや3匹のこぶた!
魔女の仕業と分かった女の子が逃げようとした途端、魔女につかまってしまいます。そして、呪文をかけられ、女の子と犬は缶詰にされてしまうのですが…。
さぁ、女の子はどうなったのでしょう。続きは絵本を読んでのお楽しみです。
登場するのは悪い魔女。一見、童話のような雰囲気にも思えますが、作者は佐々木さん。彼女らしいユニークなキャラクターと楽しいオチをつけながら不思議な世界を魅力たっぷりに描いてくれています。
何気ないアイテムも実は…という展開が最後にあって、それもまた楽しめます。
ビビッドなイラストと親しみやすいキャラクターが印象的な絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

もうすぐハロウィンなので、我が家でもジャックランタンを作りましたぁ☆
ジャックランタン


作り方の詳細はメインブログ『京女のハマリゴト』で載せます~♪

今日は、子供たちと北山ハロウィンに行って来ました☆

北山ハロウィンってという人はコチラ

京都の北山通りで毎年行われているイベントなのですが、今年でもう10年を迎えるそうです。

京都に住んでいるにも関わらず、私が行くのは初めて。。。。

本当は仮装して行きたかったのですが、子供たちに大反対され、しぶしぶ普通の姿で行きました。(´Д`;)

案の定、現地では仮装した魔女っ子たちやおばけたちがいっぱい。

娘が「私も変装して来たらよかったな…」とポツリ…。

通りのいたるところにジャックランタンが飾ってあります。

たくさんのジャックランタン。夜にはキャンドルでライトアップもされます。
北山ハロウィン


息子が一番喜んだジャックランタン。
北山ハロウィン


ほんとうは夜になるとライトアップもされるので、その時間までいたかったのですが、

子供たちは見るだけのイベントに飽きてしまって…

「ママ、ジュース…」

「ママ、疲れた…」

「ママ、お菓子買って…」とダルダルモード…。(´Д`;)

ついには、閉園時間ギリギリになって、植物園で遊びたいといいだしてやむなく園内へ。。。

まるでスイッチが入ったかのように、園内を走り回る子供たち。

遊び場へ一目散にかけていって…

遊び場

遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ…。

やっぱり、子供は体を思いっきり動かす方が楽しいようで…。

あと何年したら、ゆったり一緒に、こんなイベントを見て楽しむことができるかな~。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


31日は近所でハロウィンイベントを計画中。今日はその時に配るお菓子も買いに行きました(*´∀`)ノ☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2007-10-26 (Fri) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる (日本傑作絵本シリーズ)まほうつかいのでし―ゲーテのバラードによる (日本傑作絵本シリーズ)
(1995/08)
斎藤 隆夫、上田 真而子 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


魔法使いの先生の留守中に、魔法を試してみたくなった弟子。ほうきに呪文をかけて、水汲みの仕事をさせるのですが…。ほうきはどんどん水を汲んで、しまいには屋敷中水浸しに。ところが、弟子は水汲みを止めさせる呪文を知らなかったのです。さぁ、大変。ほうきを斧で割ってみたものの、今度はほうきが二本になって…。
古くから伝わるお話。先が読める展開ですが、アップテンポで進んでいくストーリーやリズミカルな言葉運びなど、安心して楽しめる内容です。何より、詳細に描かれたグラフィックのような色鮮やかなイラストが魅力。絵本を眺めているだけでも十分に楽しめる作品です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日は小学校の読み聞かせがありました。

私がナレーションを担当するのは『舌きりすずめ』の紙芝居。紙を送る役とナレーションの2役なので、けっこう大変です。(°▽°;)

『舌きりすずめ』のほかに、『きつねとごんろく』もやりました。

読み聞かせ


メンバーのママ友が用意してくれたハロウィーンのかぼちゃも飾って。

子供たちも1年生を中心にたくさん集まってくれて、図書室の中は熱気でムンムン。

たくさんの子供たちに楽しんでもらえてよかったです。

娘も恥しそうに聞きに来てくれました(≧∇≦)

ちなみに、私が読んだ『舌きりすずめ』のお話は、

おじいさんがすずめのお宿を探しに行く途中で、馬洗いどんや牛洗いどんに会って、お宿の場所を尋ねるシーンがあります。

しかも、教える条件はそれぞれ、「馬の洗い桶の水を七杯飲むこと」、「牛の洗い桶の水を七杯飲むこと」と過酷なもの。

それでもおじいさんはがっぽがっぽと水を飲み干して、お宿の場所を探し当てるのです。

私が昔読んだ「舌きりすずめ」のお話ではそんなシーンがなかったので(覚えてないだけかも)、とても意外でユニークだな~と思いました。

ちなみに、紙芝居はずいぶん昔に出版されたもの。レアな作品です。

昔話は作者によって、お話がさまざまに脚色されているので、良く知っている話でも違った物語を楽しめる魅力がありますね。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


ナレーションは残り時間を計りながら、読む速度を調節しなければならないので結構大変です~( ̄Д ̄;; もっともっと上手くできるように練習しなくちゃ!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2007-10-24 (Wed) | しかけ絵本 | COM(0) | TB(0)
人体絵本―めくってわかる からだのしくみ人体絵本―めくってわかる からだのしくみ
(1997/04)
ジュリアーノ フォルナーリ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:学ぶ
読んであげるなら:小学校低学年
自分で読むなら小学校低学年~


ページをめくって、これはすごい!!と思った絵本。本は縦にして、見るスタイル。最初のページをめくると、まず登場するのが「からだのなかをみてみよう」というタイトルと女性の全身。各部にめくる仕掛け窓がついているのが特徴です。胸の場所をめくると、まずは肋骨や筋肉が、さらにめくると肺と心臓が登場。体の構造に合わせた仕掛けがなんともリアルです。
次のページでは骨と神経、ここでは歯の構造についてもちゃんと仕掛け付の説明があります。その次が筋肉、そして次が血液と呼吸と生殖。おなかの部分は妊娠の月齢に応じて、子宮が大きくなる様子も仕掛けで見せてくれます。最後は消化器と泌尿器。胃や腸などの内蔵の位置がわかりやすく配置されています。体の仕組みと働きが子供にも分かりやすく説明されていて、見るだけでも飽きない充実した内容です。子供騙しのイラストではなく、リアルで精密に描かれているので、体の構造を学ぶ教材としてはピッタリです。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

何だか、ちょっぴり肌寒くなってきて、いよいよ秋がやってきたかな~と感じる今日この頃。

コスモス


これは娘が撮影したコスモス。「キレイだから」撮ってきたんだと。。。


今、息子の幼稚園では「さんびきのくま」をテーマにした絵を描いているらしい。

「3びきのくま」とはコチラ↓

3びきのくま3びきのくま
(1962/05)
トルストイ、バスネツォフ 他

商品詳細を見る


息子のクラスだけでなく、年長組全体でしているんだって。

大型絵本でも作るのかな? ワクワク(≧∇≦)

出来上がりを見せてもらいたいな~。


さて、明日はいよいよ小学校の読み聞かせの本番だ。

「したきりすずめ」の紙芝居。ちゃんと読めますように。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 「孫の日」にオススメの絵本の特集も見てね。


私のメインブログです↓ 
バナー


あ、そうだ!! 明日は息子の遠足があるんだった(°▽°;)  今から準備しなくちゃ!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2007-10-23 (Tue) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
山のごちそう どんぐりの木 (絵本 気になる日本の木シリーズ)山のごちそう どんぐりの木 (絵本 気になる日本の木シリーズ)
(2005/06)
川上 和生、ゆのき ようこ 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら6歳~
自分で読むなら小学校低学年~


子供たちにとって一番親しみのある木の実・どんぐり。そのどんぐりの木について、季節を通じてどのように成長し、どんな風にどんぐりが成るのか分かりやすく、そして詳しく綴られた絵本です。
どんぐりが成るのはコナラの木。冬は葉がありませんが、枝の先にはちゃんと芽がついています。雪や冷たい風から芽を守るウロコのようなりんぺんで覆われた木の芽。春になるとりんぺんがはずれ、やがて小さな葉が顔を出します。垂れ下がって咲き、風の力で受粉をするコナラの花、春の一時期には葉を白い毛が多い、コナラの木が光って見えるなど、普段では目にすることが難しい「どんぐりの木」の不思議な一面も紹介してくれています。木とともに生きる虫や鳥たちの生態もユニーク。緑から茶色へ色づくどんぐりの実。そのどんぐりの実を食べて、生きる森の動物たち。さらに、どんぐりを使った料理のつくり方や、どんぐりの木自体がしいたけ栽培に使われたり、落ち葉が腐葉土として肥料になるなど、人との関わりについても紹介されているのが素晴らしいです。物語の途中で綴られている「ごちそうさま」は、森の動物や虫たちだけでなく、私たち人間からも贈るどんぐりの木への感謝の言葉。
奥が深いどんぐりの木についてちょっと知りたい時にオススメの一冊。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


加古川の小学2年生が刺殺された事件は、我が家の娘も同じ学年ということで、何だか他人事に思えない。

それまでは、家の前なら声もするから安心と思っていたのに、

もう、家の前でも危険と思うようになった。

最近は日が暮れるのも早くなり、4時半ごろになると薄暗く感じてしまう。

園バスで帰宅する息子と違って、学校から一人で帰宅する娘は心配でたまらない。

なのに、なのに…

娘は放課後、学校で遊ぶのが大好きだ。

いつも運動場でどろんこになって遊んで、ハァハァ息を切らしながら帰ってくる。

いいんだけど、不安なんだな~( ̄Д ̄;;

ところが、今日は、いつも帰宅する予定の4時を過ぎても帰らない。

時計の針が4時半をまわっても、帰宅しない。

家の前まで出て、娘の人影を探すが見当たらない。

どうしたんだろ? 何かあったかな?

もう、こうなると、忙しくてたまらない時間帯なのに、何も手につかない状態。

家の前に出る。娘がいないのを確認して、一旦家の中へ。

やっぱり気になるので、家の外へ。やはり、いないので、自転車で探しに行こうかどうしようか迷う。もう一度、家の外を見る。。。。。。。。。

※最初に戻って繰り返し。

4時55分。夕闇が迫ってきた頃、玄関の扉を開けると、娘が立っていた。

「(°▽°;)  ビ、ビックリしたな~」と娘。手にはお箸が握り締められている。

私「ヽ(`д´;)/ な、なんでこんなに遅くなったんや!! 心配したやんか!!」

娘「エヘヘ。お箸を学校に忘れたし、取りに行ってた」


忘れ物をした時は、私と一緒に学校へ取りに行こうと注意して、娘が無事に帰宅したことに安堵する。。。。。

心配しなくてもいい世の中になってほしいよ。。。マジで。。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 「孫の日」にオススメの絵本の特集も見てね。


私のメインブログです↓ 
バナー


そんなこんなで何だか、何もしていないのに、どっぷり疲れた一日でした。。。フゥゥ( ̄Д ̄;;☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング









2007-10-21 (Sun) | 絵本 | COM(2) | TB(0)
トリゴラス トリゴラス
長谷川 集平 (2003/11)
文研出版
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:少年心理
読んであげるなら小学校低学年~
自分で読むなら小学校中学年~


主人公の少年が、夜、父親に向かって怒りながら言う。
空をびゅわんびゅわんと飛ぶ不気味な音。あれは何だ?怪獣やろ?
トリゴラスっちゅう怪獣やろ? 街を破壊し、めちゃくちゃにしたあと、トリゴラスはかおるちゃんをさらってしまうねん。。。
少年の心に宿る凶暴性や暴力的な妄想、そして恋愛感情を巧みに表現した作品。
結局、父親に「あの音はただの風の音。しょうもないこというてんとはよねえ」とさとされて、妄想は現実へと戻るが、鬱屈した気持ちは失せていない。
少年心理を飾ることなく、率直に描いている。きっと、どの男の子にもこんな感情は内に秘めているのでしょう。文字は少ないが幼児にはちょっと不向き。できれば、思春期をむかえる男の子を育てている親に読んで欲しい作品。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

映画化もされた人気の絵本『あらしのよるに』


 

先日、息子が幼稚園から『あらしのよるに』を題材にした手作りの絵本を持って帰ってきました。

それがこちら。

あらしのよるに
表紙です。

あらしのよるに
次のページはオオカミとヤギが小屋にいるところ。ページを開くと、ちゃんとヤギとオオカミが起き上がります。

あらしのよるに
ヤギの顔。口が開く仕掛けになってます。

あらしのよるに
オオカミの顔。ちゃんと口がパクパクします。

あらしのよるに


切り取り線や折線に従ってちゃんと作れば、こんな絵本ができるんだね~。

キャラクターは先生が書いてくれて、息子は折ったり切ったり、色を塗ったりしたんだそう。

簡単に仕掛け絵本ができるんだな~と感激しちゃいました。

それにしても塗り方に性格が現れているよな~。(´Д`;)


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 「孫の日」にオススメの絵本の特集も見てね。


私のメインブログです↓ 
バナー


最近、グッと冷え込んできましたね~。幼稚園の制服も明日からようやく冬服にチェンジ。我が家でも衣替えしなくちゃッ!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2007-10-20 (Sat) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
干し柿 (あかね・新えほんシリーズ)干し柿 (あかね・新えほんシリーズ)
(2006/10)
西村 豊

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:科学の絵本
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


干し柿ってどうやってできるの? そんな疑問に答えてくれるのがこの絵本。写真と文章で、干し柿がどんな柿から出来き、どのようにして作られていくのか詳しく紹介されています。
昔の人の知恵と工夫で生み出された干し柿。渋い柿を「干す」ことであまくて美味しい柿にしたものが干し柿です。ひとつ、ひとつ手作業で皮をむき、わらを柿のへたに結んで、たくさんつなげます。軒下に干された渋柿が並ぶ光景は、どこか懐かしく、素朴であたたかみを感じます。渋柿が次第に乾燥し、太陽や風にさらされ、だんだんと小さくなり、渋みが抜ける様子が鮮明に写真で紹介されています。大人たちの手によって作られていく様子だけでなく、子供たちが渋柿を食べた時の「しぶーい」表情や、干し柿つくりに取り組んでいる様子なども写真で紹介されていて、より子供の読者に共感を与える内容になっているのが魅力です。柿のある風景が懐かしく、美しく、日本人と柿の長い付き合いを実感できる絵本です。秋にオススメの一冊。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

去年はわんさか柿の実をつけてくれた実家の柿の木。

柿

これは去年の写真。

ところが今年、実をつけたのは1つだけ。

1つ!!

毎年、母が春ごろからちゃんと肥料を与えて、虫を取ったり、手間をかけて育ててくれた柿の木。

手間をかければかけるだけ、ちゃんと実をつけてくれていた。

昨年は、豊作だった。

見事に柿が実ったのに、母は一度も口にすることなく、永眠してしまった。

今年は誰も世話をしてあげなかったためだろう、「ほれみたことか」と実をつけたのはお情けの1つだけ。

そんな柿を見て娘が一言。

「これは食べたらあかんで。おばあちゃんのやし」

そうだね。天国にいるおばあちゃんのために、取らずにそのままにしておこうね。

来年はちゃんと世話をするよ。ごめんね、柿の木。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 「孫の日」にオススメの絵本の特集も見てね。


私のメインブログです↓ 
バナー


ポチポチポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2007-10-19 (Fri) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
ぼくは孫 (レインボーえほん (13))ぼくは孫 (レインボーえほん (13))
(2007/09)
板橋 雅弘、西村 敏雄 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


「ねぇ、孫って何?」そんな子供の素朴な疑問を分かりやすくほんわかと温かい視点で描いた絵本。
パパとママがふたりでお出かけすることになり、おじいちゃんとおばあちゃんのうちにお泊りすることになったぼく。ガミガミとうるさいママと違って、おじいちゃんやおばあちゃんちは天国そのもの。食べたいものを食べさせてくれるし、ジュースをこぼしても怒らない。
祖父母にとっては、目に入れても痛くないほど可愛い存在の孫。自分の子供には厳しかったのに、孫になると優しく大らかにできるのはどうしてか? 絵本の中でも、ぼくのおじいちゃんが「孫は子供の子供。なぜだか可愛くてしかたない」と言っています。そう、子育ては親育て。わが子を育てている時は、親自身も子育て初心者。だから、いつも必死で余裕がなくて、ついついガミガミ叱ったり、大目に見ることができなくなってしまう。子供の可愛いところだけでなく、大変なこと、辛いこと、嫌な部分まですべてを背負うのが子育て。ところが、孫となると、そんな必死さは無用。必死さよりも、一度歩んできた子育てを客観的に見たり、自分と血のつながりのある子供の可愛さをたっぷり楽しむことができます。子育ての大先輩ゆえの余裕が、大らかさや包み込むような優しさを醸し出してくれます。子供にとっても、祖父母は日々の生活からの逃避場所。ガミガミ言われることもなく、たっぷり甘えられるオアシス的な癒しの存在なのでしょう。お互いが癒される存在。孫と祖父母の関係ってほのぼのとしていますよね。
我が家の子供たちは、読後に「おじいちゃんちに行きたい」を連呼し、実際その翌日、田舎の祖父母宅へお泊りに行きました。おじいちゃん、おばあちゃんに読んでもらうのもオススメの絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

明後日、10月の第三日曜日は「孫の日」って知ってました?

私は先日初めて知ったのですが…。

さて、いまオンライン書店のbk-1では「孫の日」にオススメの絵本の特集をしています。

私の書評も載っていますのでチェックしてみてくださいね。

ちなみに我が家のジイジは、只今海外旅行中…。行き先はカザフスタン。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ



夕食前の出来事。

「ごはんだよ~。片付けしてね」と言っても、なかなか片付けない娘&息子。

ちょっぴりイライラしつつ、夕食を作りながら、横目でチラチラ様子を見ていると、

息子はダラダラと片付けているが、娘は漫画を読んでいた。。。。

ヽ(`д´;)/コラッ!! 片付けしなよッ!! 弟ばかりにさせたらあかんやろっ!」と叱ると、

「チッ!! わかっているわッ」と生意気な返事とともに、九九カードを放り投げる娘。

チッ!!って!! 舌打ちって!! 放り投げるって!!  クワー!!!! ヽ(`д´;)/

お尻出しなさいっ

なぜか、娘はお尻を叩かれるのをひどく嫌う。お尻を叩かれるくらいなら、頭をぶたれるほうがマシらしい。

叩くつもりはまったくなかったのだが、「お尻出しなさい」は「ママが本気で怒っている」ということなのだ。

すると、ギャンギャン泣きながら抵抗している娘の横で、プリンと可愛いお尻を出す息子。

「何!? あんたのお尻じゃないよッ!!」と言うと、

「あかんのッ!! ぼくのをペシペシして!!」と。

どうやら、娘の代わりに自分のお尻を叩いてくれという意味らしい。

もうね、怒る気が一気になくなっちゃった。

可愛いな~と思う。兄弟愛だな~とジワーッときちゃった。

夕食後、今度は息子がいたずらして、私が怒っていると、

今度は娘がかばってきた。

どんなに怒っていても、こんな子供の愛らしい姿を見ると、微笑ましくてたまらない。

ヽ(`д´;)/ 私の怒りの顔がニヤニヤしだすと、子供たちの泣き顔もいつの間にかニッコリ。


あぁ、兄弟っていいな~と思う。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


幼稚園に運動会の写真を選びに行って来ました。自分でもいっぱい撮影していたのに、なぜか嬉しくなって購入しちゃう。私と息子のフォークダンスの写真は4点も買っちゃったよ…。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2007-10-18 (Thu) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
タルトくんとケーキのたねタルトくんとケーキのたね
(2006/06)
おだ しんいちろう、こば ようこ 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~



タルトくんと妹のクリッタちゃんが宝探しをしていると、本棚の中から不思議な本を見つけました。その本にはいろいろな種の絵が書いてあります。そして、その中にはケーキの種も!
さっそくケーキの種を見つけにいくふたり。
探しに行く途中、ふたりはいろいろな人に出会います。挨拶するのと同時に「ケーキの種」の特徴をいろいろ教えていくのです。「ケーキの種はたねのまんま焼く」「焼いたら種が割れる」「割れたら、ぷくーって膨れる」「いい匂いがしたらクリームかけていちごをのせてできあがり」
そして、やっと見つけたケーキの種をどっさり家に持って帰り、お母さんに焼いてもらって食べます。そのシュークリームのようなケーキは本当に美味しそうで、思わず食べたくなるほど。
うーん、それでもちょっぴり矛盾を感じてしまうこの絵本。
彼らがケーキの種についてやたら詳しいこと、ケーキの種はなかなか見つからないように思えて家の裏山にあったこと、探しに行く途中でいろいろな人と出会うものの、その人たちにはケーキをあげないこと…木になっているのはケーキの種ではなくて実なのではという疑問…。
ほんとうにケーキの種があったらいいな~と思う夢のようなお話なのに、最後はあまりにも現実的に終わってしまうのがなんとも残念。。。大人の目線で見ると、そんな疑問がフツフツと湧いてきちゃうんだな~。子供たちは美味しそうなお話に喜んでくれましたが…。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

今日は娘の参観日がありました。

壁いっぱいに貼られた児童の作品を見ていたら、娘の作品を発見。

初めてカッターを使って、工作した作品みたいです。

仕掛け絵本のような、開く窓を使った工作。

他の児童たちは、魚のうろこをカッター工作で見事に表現していたり、おうちの窓を作ったりしていました。。。

娘は…

娘の作品


ファンタジックな内容です。( ̄Д ̄;;

花びらをカッター工作で作ってました。

下の方にあるのは信号機でしょうか????

色を塗りきれていないところに性格が見え隠れします。。。

どんなテーマなのか、また聞いてみよっと。

ちなみに、授業の内容は「お隣の国・韓国&朝鮮を知ろう」という道徳でした。

服や食べ物、音楽などをビデオで鑑賞し、その後は韓国風双六で遊ぶという内容でした。

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


読んでくれてありがとう(≧∇≦) ポチッと☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2007-10-17 (Wed) | 絵本 | COM(4) | TB(0)
ワニぼうのやまのぼり ワニぼうのやまのぼり
内田 麟太郎 (2007/03)
文渓堂
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~


澄んだ秋の空を見上げて、ワニぼう一家は山登りに行くことにしました。
秋の山はあきないな、色とりどりであきないな、鳥もとりどりあきないな♪
と歌を歌いながら秋色に彩られた山を登っていくワニぼう一家。お山のてっぺんでお弁当を食べていると、いきなり山が立ち上がりました!
突然、山に現れた大きな目と口、そして手! ワニぼうだけでなく、読者もビックリの展開です。
ところがお父さんとお母さんはあわてません。「秋だもの」「山だって」。
そう、秋の山の美しさは山そのものまでもとりこにしてしまうほど、美しい。読後は秋の山登りをしてみたくなる楽しい絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

本日の娘の机の上。

机


こ、これは…ひどすぎる…。

しわくちゃのプリント、おもちゃ、鼻をかんだあとのティッシュ、教科書…すべて山積みです。。。

床には机の上からこぼれおちたものが散乱しています。

帰宅したら、注意して一緒に片付けようと思いますが、

この状態でも平気のへっちゃんな娘はどうなんだろう????

将来、片付けられない症候群になりそうな予感がします。。。

そんな娘が昨日の夕方、「ママ、キレイなお空だから写真に撮って」と言った夕暮れ。

夕暮れ


感性はいいんだよ。感性は…。

机の上も一緒にきれいにしようね~。( ´∀`)σ)Д`)


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


カウンターが99999になったらカウプレしようかな~と検討中。。。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング



2007-10-13 (Sat) | 絵本(外国の作家) | COM(0) | TB(0)
よかったねネッドくんよかったねネッドくん
(1997/11)
レミー チャーリップ

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


人生にはいいことも悪いこともある。人生におけるラッキーとアンラッキーは必ず交互に訪れるものであって、両者がうまくつりあいを保っているから面白いのだと、以前誰かから聞いたことがある。
この絵本はまさにそんな感じ。しかも、1日でラッキー&アンラッキーが交互に、怒涛のように押し寄せるハプニング満載の展開です。
ある日、ネッド君に「びっくりパーティー」への招待状が届く。嬉しい招待とは裏腹に、なんとパーティーが行われるのは遠い遠いフロリダ…。ラッキーなことに友達が飛行機を貸してくれるんだけど、最悪なことに飛行機が爆発! でも平気、パラシュートで脱出成功! が、パラシュートに穴が!
こんな調子でハラハラドキドキなネッド君の冒険が始まります。
歯切れのいい短めの文章なので、テンポ良く読み進められるのも◎。
さらに、ラッキーな時はカラフルなイラスト、アンラッキーな時はモノクロ、と小さな子供でも瞬時にラッキー&アンラッキーが把握できる仕掛けにもなっています。
日本語と英語が書かれているので、二ヶ国語のリズムも楽しめるのも魅力です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日、小学校の読み聞かせの打ち合わせに行って来ました。

来週の本番に読むものを決めるためです。

やはり、秋っぽい絵本を選ぶことになり、こちらの紙芝居に決定しました。

きつねとごんろく


「きつねとごんろく」馬場のぼるさんの作品です。

鬼のごんろくが柿を食べていると、お姫様にばけたきつねに騙されて悔しい思いをします。

しばらくすると、村の方でなにやら騒がしい。行ってみると、あのきつねが捕まっています。

きつねの見張りを頼まれたごんろくですが…。

馬場のぼるさんならではのユニークで楽しいお話です。

そして、もう一つは「したきりすずめ」。

メンバーが多いので、登場人物が多いものを選びました。

私は「したきりすずめ」のナレーター役。

最後はちょっぴりおどろおどろしく読まなきゃいけないので難しいです。

もうすぐ読書祭りもあるので、今、読み聞かせの会ではペープサートを作成中。

どんなお話かは完成してからお話しますね~。




それにしても…。ほんと、「よかったねネッドくん」ではないですが、

いいことと悪いことって交互に訪れるものですね。

そう言えば、この間、「オーラの泉」でもそんなことを言ってたっけ…。

先週はめちゃめちゃ忙しくて、いいことはあまりなかったので、月曜日からはいいことが続いて欲しいな~(≧∇≦)


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


メインブログ「京女のハマリゴト」ではハロウィン弁当をつくりました。これからハロウィンまで続けようかな~と思ってます。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング




2007-10-11 (Thu) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)



マリオネット
ガブリエル バンサン (1993/06)
ブックローン出版
この商品の詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:芸術的
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


始まりから終わりまで一言の言葉も添えられてはいない。カラフルな色もない。一枚一枚に描かれているのは、マリオネットと子供と老人のデッサン画。
それでもページをめくるたびに、マリオネットに魅せられる子供の心の微妙な動きがぐいぐいと伝わってきます。
力強いデッサン、計算しつくされたような見事な余白。余分なものを一切省き、伝えたいことだけを凝縮したような絵は、まるで能のようにシンプルながらも洗練された印象。
子供に読み聞かせる時は、一緒に想像しながら絵を見てお話してあげて。もちろん、大人が一人で読んでも楽しめる。一人ひとりの物語を描き出してくれるはず。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

1学期の成績で「整理整頓&忘れ物」が「もう少し」だったから、注意しようねと言っていたのに、

娘のこの一週間はひどかった( ̄Д ̄;;

まず、9日に家を出る前にすべての傘が学校に置き忘れていることに、登校前に気がつく…。

さらに、大事な給食当番袋まで持っていくのを忘れていた。。。

基本的に忘れ物は届けない主義なのだけど、これは今週当番になるお友達に迷惑がかかるので、仕事に行く前に急いで届ける。。。。

担任の先生から「今朝、注意したばかりだったのですが、持参していただいて助かりました」と言われてしまう。

次に10日は、帰宅後、「友達と遊ぶ~♪」と家を出て、夕方帰宅し、その後ダラダラと過ごした後、ようやく宿題に取り掛かろうとして…

「ママ、宿題、学校に忘れた」とつぶやく娘。

その時間、夕方6時過ぎ。

もちろん、仕事で遅れてしまった夕食の支度でバタバタしている最中だ。

コンロはつけているし、洗濯機もあと数分で完了するのに…。

((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ

すべてのことをリセットし、娘と息子、私で猛烈なスピードで学校に向かう。

事情を話すと、担任の先生が笑いながら教室まで案内してくれた。。。

娘の机の中を見ると…

宿題どころではありましぇーん (゚□゚) アングリ

グイグイ押し込められた本やら、半端でボキボキ折られたクーピー数本、鉛筆3本、空になった糊、給食袋が3セット、ハンカチ、ティッシュ、ノート、教科書…。

奥の方からは、圧縮されたプリントが山のように飛び出した。。。( ̄_ ̄|||)

もちろん、担任の先生も苦笑い。私も当然、苦笑い。

そして、今日は…宿題をすることを忘れていたようだ。。。

「整理整頓&忘れ物」の克服の道はまだまだ遠い・・・・・・。



他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 今週のオススメ書評に掲載されました。ハンドルネーム「チャミ」で「でもすきだよ、おばあちゃん」です


私のメインブログです↓ 
バナー


月見が終わったら、もうハロウィーンだ。何だかワクワクしちゃうな。☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング








2007-10-09 (Tue) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
こいぬのうんちこいぬのうんち
(2000/09)
チョン スンガク、クォン ジョンセン 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:心に響く
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


こいぬのうんちが擬人化されているのが新鮮。時に怒り、悲しみ、そして、自らの存在について考えます。うんちがもたらした素敵な結末に、読者の心が揺さぶられる作品です。
うまれおちたその瞬間から、自分が汚い存在だと知って悲しむこいぬのうんち。
すずめにもつちのかたまりにも、鶏の親子にも馬鹿にされて落ち込みます。
「ぼくは汚いうんち。何の役にもたたない。これからどうすればいいんだろう」
そんな時、たんぽぽが語りかけます。キラキラと輝くような花を咲かせるために必要なものは、雨と太陽の光と、そしてうんちくんが溶けてこやしになってくれること、と。
自分が何かの役にたつと知った時のうんちの喜び、そして、自らを捧げてたんぽぽの栄養になり、いのちを繋いでいく様子…。汚いうんちがキラキラとした存在に変わる瞬間がとても美しく描かれていて印象的です。
自分の存在価値を見出せない時、まだ存在価値すら把握できていない子供たちへオススメの一冊。「うんち」を主人公にしているのに、とてもやさしく清らかで心に響くお話です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!


運動会が終わった後から先日まで旦那の実家のある香川県へ帰省していました。

※その香川ネタはメインブログで主にアップしていきますヽ(´▽`)/

で、8日の帰省中、京都へ帰る途中で立ち寄った鳴門海岸。

子供たちがどうしても、どうしてもちょっとだけ遊びたいというので、ちょっとだけのつもりで立ち寄ってみた。

「ヽ(`д´;)/ 服濡らしちゃダメだよ~!! 海には入っちゃダメだからね!! なるべく早く切り上げようね」という私の叫び声もむなしく…

海で遊ぶ

海で遊ぶ


めっちゃ楽しそうに波と戯れる子供たち。

ただ、寄せてはひいていく波と戯れているだけなのだが、飽きずにずーッと遊んでいる。。。

10分のつもりが、40分近くも!! ( ̄Д ̄;;

しかも、服はドロドロ、足は砂で真っ黒!! (- -#)

ふと、海岸を目にしたら

海

すっごく汚れている海岸。。。

ゴミは持ち帰ろうぜ。。。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 今週のオススメ書評に掲載されました。ハンドルネーム「チャミ」で「でもすきだよ、おばあちゃん」です


私のメインブログです↓ 
バナー


真夏には行けなかったけど、今年も海で遊べてよかったね~。来年はたっぷり泳ごうねヽ(´▽`)/☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





2007-10-08 (Mon) | 絵本 | COM(0) | TB(2)
だいじなものは? (すえっこななちゃんシリーズ)だいじなものは? (すえっこななちゃんシリーズ)
(2006/09)
うめだ ゆみ、うめだ よしこ 他

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら小学校低学年~


台風が近づいてきています。ななちゃんとお姉ちゃんは心配です。
屋根が飛んじゃって、洪水が起きたら…。さぁ、大変。どこへ避難する!?
とりあえず、二階にある二段ベッドなら大丈夫。
そして、大事なものを持ってこなくっちゃ!
お姉ちゃんは、宝物入れやオルゴール、ちょきんばこなど大事なものをリュックに入れます。
ななちゃんは大事なものがありすぎて、紙袋が5つにも!
二段ベッドはまるで海の中を彷徨う船のようです。その時、ななちゃんの大切にしているぬいぐるみが流されてしまって…。
幼い頃、台風が来たらどうしよう!? とりあえずどこへ避難しようか、持っていくものは何にしようか…と想像するだけでドキドキしちゃったことを思い出しました。
ななちゃんとお姉ちゃんも、想像力をどんどん膨らませて、楽しい?子供ならではの冒険遊びをしています。
空想の世界から現実へ戻るのは、お母さんの「ごはんよー」という声で。
そして、ふたりがふと気になるのが、「お母さんの大切なもの」。
ふたりはお母さんの大切なものを探そうとしますが…。
親子で読み聞かせの場合なら、きっと大人はすぐ分かります。
だって、一番大切なものはどのお母さんでも一緒ですよね。
子供が大事と想っているものと、お母さんの大事と想っているもののギャップが面白い。
読後は、子供たちに大事なものは何と聞いてみるのもいいかもしれないですね。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

先日の10月6日は息子の運動会がありました。

うんどうかい

よく晴れた、とてもいいお天気でした。(紫外線対策するのをすっかり忘れていたのだが…)

うんどうかい

小学校と違って、こーんなに可愛い入場門も作られていました(≧∇≦) 幼稚園ならでは~♪

メインブログでUPするのを忘れていたので、お弁当はこちらで紹介。(≧∇≦)

運動会弁当 (1)  旦那のリクエストにより焼肉追加!!



運動会弁当 (1)  フライにはマヨネーズかソースか!! と旦那とバトルになって、多数決(子供+旦那=マヨネーズ)で負けた私がマヨネーズをぶちまけたフライ系おかず&ミートボール



運動会弁当 (1) ソーセージ&かに玉入り玉子焼



肉類ばっかりのお弁当だ。しかも、これにおにぎり用お弁当箱を二つ追加~。

朝からどんだけ~(´Д`;) というぐらい、弁当ばかり作っていた。

※ちなみに、弁当を作るのに時間がかかり過ぎて、みんなの出発時間になって、

自分自身の用意が何一つできていないことに気づいた私。

「先いっといて~(´Д`;)」と、30分ほど遅刻してしまった…。

それでも、幼稚園最後の運動会はとても、とても良かった。

親子のフォークダンスのときには、「もう、こうやって、運動会に参加することもないんだぁ」としみじみ…。

いつも、お姉ちゃんの陰で、いつまでたっても赤ちゃんっぽく見えていた息子が、

組体操でピラミッドの支え役をやっている姿を見て、

「大きくなったな~」とウルウルしちゃったよ。。。

ほんとに、ほんとに、よく頑張ったね。


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


ちなみに、猛烈に張り切っていたのは、娘。卒園児のリレーでは、日頃見せないような闘争心を燃やし、なんと1着をゲット!! ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ その闘争心を自分の運動会でも見せてほしかったゾイ!!☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


2007-10-05 (Fri) | 絵本 | COM(0) | TB(0)
森の絵本森の絵本
(1999/08)
荒井 良二、長田 弘 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら5歳~
自分で読むなら小学校低学年~


「大切なものは何ですか?」「大事なものは何ですか?」
語りかけるような口調で進む穏やかなお話。ページをめくるたび、深く静かな森の中へ誘われるような感覚にさせてくれます。
緑に囲まれた森の中。読者はある声に導かれ、「たいせつなもの」を探す旅に出かけます。
「水の輝き」「花々の色」「子供たちの笑い声」「美味しそうな匂い」「想い出」「夢」…。
森という世俗から離れた世界だからこそ、五感で感じることのできる幸せの瞬間の数々。
森を育んだ何百年という年月と、人々にとって普遍に変わらない大切なもの。
忘れてはいけないのに、普段の生活から忘れてしまっている大切なこと。
そんなことを優しい言葉と癒されるようなイラストで教えてくれる作品です。
根底に流れているのは、「平和」を願う心。
自然を思う気持ち。
そして、人を思いやる心。
心に響く言葉が心地良いリズムとなって流れ、読後は優しい気持ちに浸れる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

娘が通っている小学校は2学期制なので、今日は1学期最後の日・終業式がありました。

当然、持って帰ってくるものがあります。

それは、大人にとっては楽しみで、子供にとっては嫌なもの。

通信簿です。

数日前から旦那が帰宅していたこともあり、

旦那と一緒に娘の成績を確認すると…。

1年生の時に「もう少し」だった、「整理整頓&忘れ物」がやっぱり

「もう少し」でした。。。(´Д`;)

娘もしょんぼりした顔で

「やっぱりあかんかった」と。

旦那とふたりで苦手な整理整頓&忘れ物を克服するコツを伝授。

「お片づけのコツは、出して使ったらすぐに片付けようね。

出してきた場所へちゃんと片付けようね。

忘れ物は、一度振り返る、確認するクセをつけようね」と伝えました。

果たして、これからちょっとは改善できるかな?

どなたかいい方法があったら教えてチョー(≧∇≦)


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 今週のオススメ書評に掲載されました。ハンドルネーム「チャミ」で「でもすきだよ、おばあちゃん」です


私のメインブログです↓ 
バナー


数日前から旦那が帰宅。同時に原稿の締め切りに連日襲われて、ブログを開く時間もないほどバタバタしていました。明日は息子の運動会…。バタバタな日々がまだまだ続く~(´Д`;)☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング










2007-10-02 (Tue) | 絵本(外国の作家) | COM(2) | TB(0)
かたづけポイ・ポイ!かたづけポイ・ポイ!
(2001/02)
サリー ホブソン、トニー ボニング 他
商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら3歳~
自分で読むなら小学校低学年~



片付けの苦手なきつねくんのおうちに、突然おじさんが訪ねてくることに!ゴミだらけの家の中を見て慌てて、大掃除。山のようになったゴミの処分に困ったきつねくんは地面の穴へ捨ててしまいます。ところが、その穴はあなぐまおばさんのおうちだったのです。突然、家の中がゴミだらけになって怒るおなぐまおばさん。そして、あなぐまおばさんも山のようなゴミを別の穴へポイポイと捨ててしまい…。いろんな動物たちの家を巡りながら、たらい回しにされるゴミの山。最後の最後はおじさんに見つかってしまうのですが、とても素敵な結末になってます。
自分のエリアさえ美しければよいというものではありません。ゴミの捨て方、さらに処分の仕方も考えなくてはなりません。そして、できればゴミはできるだけ出さないのが理想です。リサイクル、リユースを利用してゴミをできるだけ、出さない暮らしを考えてみよう…この絵本からはそんな環境問題も考えさせてくれる内容になってます。


ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

我が家で一番片付けるのが苦手なのは、娘。

B型の私もたいがい片付け下手なのですが、娘はその上を堂々と行く。

娘の部屋は、まるで嵐が通り過ぎたように、中途半端に引き出しが開き、

そこからクシャクシャのプリントが飛び出していたり、

床にはビー玉や紙粘土がゴロゴロ転がっていたり、

机の上にはおもちゃや教科書が散乱…。

今日も、ちょっと覗いたけど、

「どろぼうでも入った?」と思うほど、汚い。。。。

最近、友達を我が家に呼ばないので、「何で?」と聞いたら、

「部屋が汚いから」だって!!

だったら、片付けなさい!! ヽ(`д´;)/ と一緒に片付ける。。。。


フゥ~(´Д`;)


さて、京都ではこの10月からプラスチックゴミの分別が始まりました。

プラスチック製容器包装を回収し、リサイクルするためだそうです。

最初は、えぇ~!? プラスチックって山ほどあって大変だぁ~とめまいがしそうだったのですが、

今の製品のほとんどがプラマークがついていて、とても分かりやすいことに気がつきました。

それにしても、プラマークがついているものの、多いこと、多いこと。

お医者さんでもらうカプセルの薬が入っているのにも、ちゃんとプラマークがありました。

詰め替え用の容器もプラ容器だし、トレーなどもすべてプラです。

手早く分別するために、ゴミ箱をひとつ増やしたのですが、通常のゴミ用のゴミ箱&資源ごみ用ゴミ箱&牛乳パックなど回収用のゴミ箱、そして今回加わったプラ用ゴミ箱。

全部で4つ!!

狭い狭い台所にゴミ箱がひしめいています。。。(´Д`;)


他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓


私のメインブログです↓ 
バナー


娘&息子の間でブームの言葉「あんぱんと牛乳、アウアウ」。「何?それ?」と聞いたら、「くれよんしんちゃんが言ってた」んだって…(´Д`;)イミフメ~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。