-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-11-13 (Sun) | 絵本(日本昔話) | COM(4) | TB(0)
ちからたろう

おすすめ度
ジャンル:昔話
読んであげるなら4歳~
自分で読むなら6歳~



昔話の中の太郎話は多いですが、ユニークさと迫力の点で類を見ない面白い絵本が、田島征三さんが描く『ちからたろう』でしょう。
とんと、むかしで始まる物語は、方言を絡め、リズムのある話口調なので、とても読みやすく、理解しやすい内容です。
おじいさんとおばあさんが久しぶりに入ったお風呂。出てきた垢で人形を作ると、なんとご飯を食べ始めた。最初はあかたろう(垢太郎)と名付けられていた男の子は、成長しちからたろうと改名。ちから試しの旅に出ると、みどうっこたろうやいしこたろうと出会い、力自慢の三人組に。そして、化け物の出る村へやってきて…。

力修行に出る時に描かれている「のっしじゃんが のっしじゃんが」というフレーズは、ドシドシ歩いていくちからたろうの様子がとても見事に表現された言葉。思わず、自分が歩く時にも口ずさんでしまいそうになります。桃太郎や金太郎のように動物の力を借りず、つぶ太郎や一寸法師のように知恵も使わず、あふれんばかりの力を使って化け物退治をするというのも、スカッとした爽快感があり、バイタリティみなぎる作品です。夢のような生活ではなく、平凡ながらも日々の生活を平和に暮らしたいという庶民の気持ちが表現されたラストもいいですね。

ちょっとわき道
絵本クイズというのをよく子供とします。

絵本で出てきたフレーズを言って、その絵本のタイトルを当てるのです。

で、即答してくれるのが、この『ちからたろう』

私が「のっしじゃんが、のっしじゃんが」と言うと

「ちからたろう~!!」と大喜びで答えます。

ついでに歩き方も真似して。。。。

その他では『はじめてのおるすばん』の「いりましぇーん」です。

子供って、本当に面白い作品や気に入ったフレーズは一度聞くと忘れないものなんですね。

書評も書いてます↓


詳しくは↓


ポチッとお願い☆
ブログランキング


私のメインブログです↓
バナー


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。