05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-26 (Thu) | 絵本 | COM(5) | TB(2)
おたんじょうびのひおたんじょうびのひ
(2006/08)
中川 ひろたか

商品詳細を見る
おすすめ度
ジャンル:楽しい
読んであげるなら4歳から
自分で読むなら小学校低学年~


明日はよしふみくんのお誕生会。先生に「生まれた時どんな赤ちゃんだったかお母さんに聞いてきてください」と言われ、よしふみくんはお母さんに自分が生まれた時のことを尋ねてみます。未熟児で生まれたよしふみくん、人よりも早く生まれてきたのに、保育器の中で過ごし、人よりも遅く退院したこと。夜泣きがひどかったこと、赤ちゃんの時の写真…。自分がこの世に生まれた時のこと、赤ちゃんだった時のこと、自分が愛されて育てられたことがお母さんとよしふみくんの会話を通して語られます。よしふみくんだけでなく、言葉がなかなか出なかったり、初めてあるいた時など、ほかの子供たちの赤ちゃんの時の様子も出てきます。この本を親子で読み聞かせをしているなら、親はわが子が誕生した時の様子が蘇り、子供たちは自分が出生した時の様子を聞きたくなるでしょう。
本に登場するのと同じエピソードもあれば、自分だけのエピソードも。赤ちゃんの頃の話は、親の愛情を確認でき、親自身もわが子の存在の大切さを実感できます。誕生日は、自分がこの世に生を受け、母が命をかけて産んでくれた日。元気に年を重ねることができたことを喜び、親に感謝する日です。本の最後に記載されている誕生日の歌とケーキを食べながら、誕生日のとっておきのお話をしてあげたくなる絵本です。

ちょっとわき道   ←こちらも宜しく!!

最近、反抗期に突入した娘。

何かと私と衝突しています。

息子も4年生になり、ちょっとずつ思春期にさしかかろうとしています。

あぁ、だんだん私の手から遠ざかっていく…と思うこのごろなのですが、

ふと部屋に飾ってある赤ちゃんの時の写真に目を向けると、

心がじんわりあったかくなります。

あぁ、そうだった。

娘は小さい頃、食が細くて苦労したっけ。今では食べ過ぎを心配するほど。。

息子は逆にコロコロとしていて、将来お相撲さんになっちゃうかも…と心配していた。

今では常に体を動かしてスリムな体を自慢している。

初心わするるべからずじゃないけれど、子供たちが誕生した時のあの嬉しさは

今でもはっきり覚えている。

何時間もの痛みに苦しんだ後なのに、我が子の寝顔を見た瞬間、その痛みが消え去ったこと。

母乳をあげるために必死だったこと。

可愛いぷくぷくした肌。私の顔をみて笑ってくれた時のうれしさ。

抱っこした時の重み。

誕生日にはプレゼントを用意して、ケーキを買って…とそんなことが一番になっていたけど、

誕生した時の話をゆっくりしてあげるのもいいな~と思う。

娘は7月
息子は8月。

彼らの誕生日にはたっぷり、恥ずかしい話をしてあげようっと。

さて、私の誕生日は6月。今では覚えてくれている人が誰もいない。

父は「わすれた」と言っているし。

自分の誕生した時の話を知りたくなったら、母の育児日記を開いてみる。

たっぷり綴られた文字の一つひとつに愛を感じ、いつも「ありがとう」を言いたくなる。

ありがとう

他の絵本も探してみたい!という方は絵本リスト

書評も書いてます↓ 


私のメインブログです↓ 
バナー


大人の階段を一歩一歩上る娘。体も心もどんどん成長していく。楽しみだな~☆応援お願いしまーす☆


こちらも宜しく☆
ブログランキング


















管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます…
2011/05/28 07:25  
-
管理人の承認後に表示されます…
2011/06/02 13:20  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。